妊娠後期に腹痛でチクチクする原因は?胎児への影響は大丈夫?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
お腹の大きな妊婦

妊娠後期になるとからだのいろいろなところが痛くなってきます、出産が近くなっている時期にチクチクした腹痛を感じると不安になってしまいますよね。今回は、妊娠後期のチクチクしたお腹の痛みの原因や胎児への影響についてまとめてみました。

Sponsored Links

妊娠後期のチクチクした腹痛の原因は?

妊娠後期になるとお腹の赤ちゃんもどんどん大きくなるので、お腹の皮膚がパンパンになり時々腹痛が起こることがあります。

ひどくはないけれどチクチクした痛みを感じて、何だかお腹が苦しいような気がするという妊婦さんが多くなります。

お腹が痛いとお腹の赤ちゃんが大丈夫なのか心配になりますね。

腹痛といっても、問題のない場合と母体と胎児が危険で一刻を争う場合もあるので、注意が必要です。

前駆陣痛とは

妊娠後期にお腹がチクチクする痛みがる時にまず考えられるのが、陣痛の前段階である前駆陣痛です。

前駆陣痛というのは、出産前に起こりやすい子宮収縮による痛みで、本陣痛と違って間隔も不規則です。

また、痛みの程度もその時によって強かったり弱かったりと一定ではありません。

前駆陣痛というのは本当の陣痛が来る前のいわば、予行練習の陣痛といった感じです。

出産のために痛みではなく、出産に備えて赤ちゃんが通りやすくするために子宮頸管を柔らかくするためのものとも言われています。

こうした痛みはだいたい妊娠後期、36週目以降から起こる場合が多いのですが、あまり感じないという人もいます。

痛みがどんどん強くなってきて痛みがおさまらなかったり、お腹がカチカチに張って石のように硬くなってしまったり、突然胎動が感じられなくなった、出血があるなど腹痛以外にも異変を感じることがあります。

Sponsored Links

非常事態が起こっている場合も

チクチクした腹痛だけでなく他の症状もあるときは、本来分娩後に剥がれ落ちるはずの胎盤が、既に剥がれかかっている常位胎盤早期剥離など、子宮の中で非常事態が起こっている可能性もあります。

早期胎盤剥離のときには陣痛のような痛みが強くなったり弱くなったりという痛みではなく、痛みが持続して起こります。

最悪の場合には胎児の命にも関わることもあるので、持続した痛みの場合にはすぐに病院を受診したほうがよいでしょう。

腹痛は疲労やストレスからも起こる

前期陣痛でなくても、疲労やストレスによってもお腹が強く張ってきたりします。

お腹が大きくなってくると疲れやすくなりますし、リッラクスできないままストレスもどんどんたまってきます。

疲れたりストレスがたまると子宮の筋肉が固くなってお腹が張ってきたり痛みを感じたりするようになるのです。

Sponsored Links

本陣痛の可能性は?

下記のような症状があれば本陣痛かもしれません。

  • 痛みが規則正しくやってくる
  • 痛みの間隔が段々短くなってきている
  • 痛みがお腹全体に広がってきている
  • チクチクが強くなってきている

以上のような症状があれば出産の兆候である本陣痛の可能性が高いでしょう。

37週目以降は本陣痛の場合も

妊娠後期の37週目を超えているのであれば本陣痛がいつ始まってもおかしくありません。

更に、水のようなさらっとした、ちょっと生臭い液体が出てきたなら破水です。

また、少量の出血も見られるならおしるしの可能性があります。

お腹の中の赤ちゃんは子宮の中の羊水で満たされた卵膜という袋の中にいます。

赤ちゃんが生まれるときにはこの卵膜が破れて羊水が出て来るのですが、これを「破水」と言います。

本来であれば、子宮口が全開するころ破水するのですが、それより前に破水することもあります。

お腹の痛み以外に破水や少量の出血などの出産兆候が見られたら、出産が迫っているのですぐに病院や産院に連絡してください。

Sponsored Links

チクチクから本陣痛へ

本陣痛であればお腹のチクチクした痛みの間隔がだんだん短く、強くなって分娩が始まります。

前駆陣痛であれば病院に着く頃には腹痛が治まってしまう場合もあります。

本陣痛であればお腹の痛みの間隔も強さも長さも規則的になりだんだん大きくなっていきます。

前駆陣痛の場合には痛みの間隔も強さも長さも不規則なので見極められるでしょう。

陣痛の間隔が10~15分間隔になったら本陣痛なので病院に連絡します。

初めてのお産の場合には10分間隔ぐらいになってからでもいいのですが、2人目3人目の場合には15分間隔のときに連絡をしたほうがいいでしょう。

お産までの経過時間にはかなりの個人差がありますが、経産婦さんの中には初めてのお産のときの半分の時間という人もいます。

陣痛の間隔をはかって病院に行くタイミングを逃さないようにすることです。

Sponsored Links

痛みの間隔や強さをチェック

痛みの強さや長さが規則的になってきたら時間をはかってメモしておきます。

受診したときに、痛みの間隔や強さ、いつから始まったか、他の症状がないかなどを聞かれるのできちんと答えられるようにしておきましょう。

陣痛の間隔が短くなるにつれて、時間をはかってメモを取るのが大変になってきます。

最近では、陣痛の間隔を入力して記録できるスマホのアプリなどもあるのでスマホを使っている人は活用するのもよいでしょう。

備えあれば憂いなし

妊娠後期のチクチクした腹痛は前駆陣痛の場合が多いのですが、何度も繰り返しているうちに本陣痛となって出産となります。

いつお産が始まってもいいように出産準備セットは早めに用意しておきましょう。

また、いざとなったときに慌てないように緊急の連絡先は何かにまとめてメモしてよくわかるようにしておくことです。

そして、お腹の痛みのことだけでなく心配なことがあればかかりつけの産婦人科医に相談してくださいね。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。