離乳食の後期に丸呑みするけど大丈夫?食べさせ方を工夫してみよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
離乳食を手づかみで食べる赤ちゃん

離乳食後期になると赤ちゃんの食べる意欲も増し、だんだんと大人と同じようなものが食べられるようになり、お母さんの楽しみも増えてきます。その反面、遊び食べや食べむらなど心配や悩みも多くなります。今回は離乳食後期の進め方や丸呑みや吐き出しなど注意することについてまとめてみました。

Sponsored Links

離乳食後期はいつから

離乳食後期は生後9ヶ月~11ヶ月頃になります。

しかし赤ちゃんの発達や離乳食の進み方には個人差が大きいので、月齢よりも赤ちゃんの成長の様子を見ながら判断をしましょう。

この時期の赤ちゃんの様子は

  • お座りの体勢が安定してきて、座って食事ができるようになる
  • つかまり立ちや伝え歩きができるようになる
  • 自分で食べたいという意欲や欲求が出てくる
  • 「マンマ」などの言葉が出るようになる
  • 前歯がだんだん増えてくる

などです。

そしてこの時期はカミカミ期とも呼ばれ、赤ちゃんは自分の歯茎でつぶせる固さや大きさのものが食べられるようになります。

さらに大人と同じように1日3回食に進めていく時期になります。

離乳食後期の進め方

赤ちゃんが1日に必要な栄養はほとんどを離乳食からとるようになるので、バランスよく栄養がとれるように心がけましょう。

食べられる食材も増えてきますが、初めて食べるものは病院の開いている平日の午前中にひとさじぐらいの少量から始めましょう。

ゆっくりと注意しながら、少しずつ食べられる量を増やしていきましょう。

1日3回、朝、昼、夜の食事のリズムになるよう、家族で楽しみながら進めていけるといいですね。

だんだんと大人の食べている分からの取り分けもできるようになります。

しかしその際、大人の味付けを少し薄めにするといいですね。

赤ちゃんは自分で手に取ることによって興味を示し、食べ物の形や感触などを覚えていきます。

自分の意思で手に取って食べようとすることを尊重し、手づかみ食べをしやすいように調理の仕方や配膳を工夫しましょう。

そのことが、食べる意欲を育てることになります。

Sponsored Links

離乳食後期、丸呑みや吐き出しにも気をつけましょう

食材の固さは歯茎でつぶせるバナナぐらいの固さをを目安にして、固すぎるものは避けましょう。

まだ自分の力で固いものをつぶして食べることはできません。

固すぎると丸呑みしたり、吐き出したりすることがあります。

適度な固さを心がけることが、気持ちよく噛む練習にもなります。

また、一度に口に入れる量が多すぎると丸呑みしてしまうこともあります。

食べさせるときには少しずつ入れてあげるようにしましょう。スプーン半分ぐらいの量を舌先にのせてあげるぐらいがいいですよ。

お母さんがいっしょに食べて「あむあむごっくん」「もぐもぐごっくん」と噛むことを促すようにしてあげるのもよいですね。

調理で気をつけることは

野菜はスティック状にするなど、手づかみ食べをしやすいように工夫しましょう。

味付けはだし汁のほかに、塩、醤油、味噌、バターなどを使うこともでき、炒める、焼くといった調理もますが、わずかに味が付いている程度の薄味で十分です。

また鉄分が不足しやすいので、赤身魚、レバーなども取り入れといいですね。

離乳食後期から食べることができる主な食材には

  • 炭水化物…ホットケーキ、クラッカー、トースト、麺類
  • たんぱく質…豚肉赤身、牛肉赤身、いわし、さば、卵、大豆、いわし、さば
  • 野菜類…グリーンアスパラガス、さやいんげん、もやし、れんこん、きのこ類、、パプリカ

などがあります。

食物アレルギーに注意しながら、少しずつ増やしていきましょう。

赤ちゃんが自分で食べやすいように工夫しましょう

赤ちゃんは自分の意思で手を出して食べようとするので、トレーなどにまとめてのせて自分で選べるようにしてあげるのもいいですね。

また赤ちゃんが手を出して食べやすいように、椅子の位置や高さをセットしてあげてください。

手づかみ食べ、遊び食べなどで散らかしながら食べることも多いですが、遊んでいるようでこれが赤ちゃんの成長にとっては必要なことなのです。

こういう時期だと理解し、イライラしないように優しく見守ってあげましょう。

テーブルの下が汚れてもいいように敷物を敷くなど片付けやすい工夫もするといいですね。

Sponsored Links

離乳食後期に注意することは

1日3回食になることで、1回に食べる量が減る赤ちゃんもいます。

しかし1日トータルの量が極端に減っていなければ大丈夫です。

そのうち慣れてくれば量も増えてきます。

焦らず赤ちゃんの食べたい量だけ食べさせてあげてください。

母乳を欲しがる場合は、離乳食を食べた後、欲しがるだけあげてください。

夜大人と同じ時間に食べる場合にはあまり遅くならないように注意しましょう。

またある食材を食べなかったからといってそれが嫌いだと決めつけずに、味付けや調理法を変えてみることも必要です。

1日3回と食事の回数が増えるので、離乳食を毎回作るのもたいへんです。

まとめて作って冷凍しておいたり、大人の分からの取り分けができるようにするなどの工夫をしてお母さんの負担にならないようにしましょう。

まとめ

赤ちゃんによって離乳食の進み方や食べる量は違います。

個人差も大きいので、焦らず、ゆっくりと、根気よく進めていきましょう。

食べることは楽しいことだという体験をつむことによって、食べる意欲も育っていきます。

丸呑みしてしまうときには少しずつ食べるように工夫したり、お母さんもいっしょに少し大げさに噛んで食べるところを見せてあげるといいでしょう。

家族でいっしょに楽しい食事ができるといいですね。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。