子供の頭が臭い時の原因と対処法|重曹で洗うと匂いが落ちる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
泣きそうな子供

小さい子どもの頭の臭いが気になるという親御さんは多いようです。可愛いわが子の頭が臭いと、「まだ子供なのにどうしてこんなに臭うの?」と悩んでしまいますよね。今回は、子供の頭の臭いの原因と対処法についてまとめてみました。

Sponsored Links

子供の頭が臭い原因は?

小さい子どもは新陳代謝が活発なので汗をかきやすく特に頭にはよく汗をかきます。頭の中の汗腺は活性化しやすいので特に子どもは頭に汗をかきやすくなるのです。

汗自体は本来臭いがないのものなのですが、頭の中は蒸れやすいのでどうしても臭いやすくなるのですね。

頭に汗をかいていたらそのままにしておかないでこまめに拭きとるようにしましょう。また、臭いの原因が分かれば、きちんとした対策を取ることで臭いも軽減できますね。

頭皮がしっかり洗えていない

ある程度大きくなった子どもであれば自分でシャンプーする場合もあるでしょう。ところがそのときにきちんと頭皮が洗えていないことが考えられます。

汗をたくさんかいているのにしっかり洗えていない、その上いい加減にすすいでいてしっかりシャンプーを洗い流せていないのですね。

そうすると「頭皮の洗浄が不十分で毛穴に皮脂が詰まっている」状態になってしまうのです。

親がシャンプーしてやる場合でも急いでササッとやってしまうと十分洗えていない、流せていないといったこともあるかもしれません。

汗をたくさんかくのにしっかり洗えていない可能性が高いのに加えて、シャンプーをしっかりとすすぎ落せていないと、頭皮には汚れが残り、その上シャンプーも残ってしまって毛穴詰まりの原因となります。

毛穴のつまりが臭いの原因

毛穴に詰まったままの皮脂や汚れはやがて酸化して独特の臭いを発生します。

子どもだけで洗っている場合には親もいっしょにお風呂に入って仕上げ洗いをしてあげましょう。

いっしょに入っていても、いつもざっとしか洗っていないのであれば意識して洗い、きちんとすすいであげるようにしましょう。

また、シャンプーの種類を他のものに替えてみたら臭いが治まったというケースもあるなので、仕上げ洗いをきちんとすることとともにシャンプーの種類も見直してみるのもよいでしょう。

Sponsored Links

 

食習慣が臭いの原因になっている場合も

子どもに好き嫌いはありませんか。お肉ばかり食べて野菜をあまり食べないなんてことはないでしょうか。

大人でも肉類を中心にした食生活の人は体臭がきついと言われています。「野菜や海草類をあまり食べない」ことが臭いの原因となります。

野菜や海藻などに含まれている食物繊維は余分な脂肪や糖質を吸収して排出してくれる働きがあります。

野菜や海藻類をバランスよく食べるように工夫しましょう。

子供の頭の臭い対策

子どもの頭の臭い対策としては、

  • 汗をかいていたらこまめに拭く
  • シャンプーは子ども任せにしないで親がていねいに仕上げ洗いをする
  • シャンプーの種類を見直す
  • 野菜や海藻類を多く摂れるように工夫する

子どもの頭が臭うピークは小学校3年生ころだと言われています。このころならまだいっしょにお風呂に入ってくれるのではないでしょうか。

小さいころは水を怖がっていた子どもでも、小学校1年生頃になるとシャンプーが一人でできるようになります。

一人でできるようになると子どもだけに任せてしまいがちですが、臭いが気になる場合にはやはり親がしっかりシャンプーをしてあげましょう。

Sponsored Links

重曹で臭いを軽減

親が仕上げ洗いをしてあげながら、シャンプーは髪を洗うのではなくて頭皮を洗うためにするのだということや、しっかりと洗い流すことの大切さを教えてあげましょう。

洗い過ぎないようにするためにシャンプーは洗浄力がやさしいものを選びましょう。洗浄力は弱くてもていねいに洗えばきれいになります。

洗浄力が強いもので洗うと皮脂を落とし過ぎてしまいますが、実は皮脂を落とし過ぎるのも臭いの原因になるのです。

最近ではお掃除や洗濯などにも大活躍の重曹ですが、重曹は頭皮や髪の健康にいいということでも注目されています。

いつものシャンプーに重曹を少し混ぜて洗髪することで、気になる臭いを軽減することができます。

重曹は汚れを落とす効果も高い成分ですので、頭がかゆかったり、頭皮がスッキリしない夏場などは家族で試してみるのもよいかもしれません。

重曹シャンプーのしかた

シャンプーをするときはいきなりシャンプーをつけないでまずしっかりと洗い流します。これで大方の汚れは落ちます。

重曹シャンプーに限らず、シャンプーの前と後の洗い流しはとても重要ですよ。十分に洗い流したら次にシャンプーです。

シャンプーするときに、重曹をほんの少しお湯で溶かし、シャンプーに混ぜて泡立てて頭皮をマッサージするようにして洗います。

その後しっかりとすすぎます。すすぎ終わったらやさしくタオルドライをしてあげましょう。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。