年賀状に子供の写真を載せるのはダメ?相手との関係性を考えよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
年賀状

忙しい年末にやってくる年賀状の準備は毎年大変ですね。どんな年賀状にするかを考え出すとキリがないから家族写真にするのが楽でいいかも・・・とか、子供の写真にしてちょっとひと言添えれば楽かなぁ・・・と思って毎年子供の写真を年賀状に使っている人はちょっと注意が必要かも!

Sponsored Links

年賀状に子供の写真ってどうなの

親しくないわけではないけれどふだんはあんまりお付き合いがなくてだからこそ年に一度の年賀状だけは出すという関係の人っていますよね。

そういう人の中には1年に一度子供の成長報告を兼ねて送られてくる子供の写真の年賀状を楽しみにしてくれている人もいるかもしれません。

でもここで気をつけたいのは、中には自分と関係があるのは年賀状をくれる人であって子供のことは別に興味はないという人もいるかもしれないということなんです。

ですから、誰にでも子供の写真付きの年賀状というのはちょっと考えた方がいいかもしれません。

ちょっとした知り合いで年賀状を儀礼的に送っている人には、毎年我が子のことを知らせなくてもいいですよね。

年賀状というものは儀礼的に送る場合もあるのでそういう相手には子供の写真は必要ないのではないでしょうか。

子供の写真は人によって捉え方が違うので注意が必要

考える夫婦

我が家が出す年賀状は遠方の人が多いのである時期からは近況報告とともに家族写真を載せていました。

貰うほうはどうなのかなと思いつつ・・・でも、毎年楽しみにしているよって言ってくださる方が多くてそれを励みに毎年写真を撮って送っていました。

ところが人によっては、「子供の写真入り年賀状なんてもらっても嬉しくない」、「子供の写真の年賀状はうざい」と思う人もいるようです。

Sponsored Links

毎年繰り返されているらしいこの手の議論

子供の写真付きの年賀状はうれしくない、うざいという理由にもいろいろあるみたいです。

  • お付き合いがあるのは本人であってその子供には興味がない
  • 不妊治療をしている人や子供がいない人に不愉快な悲しい思いをさせる
  • 写真がついていたら捨てるに捨てられなくて処分に困る
  • 結婚もまだなのに新年早々そんな写真は見たくない

年賀状に関するこの手の議論はここ数年毎年繰り返されているみたいですね。

こうした議論を見るとたかが写真付き年賀状、されど写真付き年賀状、いろんな視点があるんだなあ、いろんな思いがあるんだなあって感じます。

一般論じゃなくて自分の関係性を考えてみる

子供の写真付きの年賀状を出したらどう思われるのかなと思ったときは、一般的な意見を参考にするよりも実際に自分が年賀状を出す相手との関係性を考えてみたらどうでしょうか。

確かにネットなどでいろんな人の生の声を読んでいると自分では思いもしないような意見や考えもあるので世の中にはほんとうにいろんな人がいるんだなあとある意味自分の視野を広げるいいきっかけにはなるかもしれません。

そう考えると儀礼的に出す年賀状には子供の写真はいらないかもしれませんね。

子供が欲しくてなかなかできない人にとっては毎年の成長を見せつけられる子供の写真付き年賀状は不快そのものかもしれません。

一方、私の友だちの中には独身だったり、結婚していても子供がなかなかできないという友だちでも子供の成長を楽しみにしていてくれて我がことのように喜んでくれている友だちもいるので、本当に相手によって変わります。

Sponsored Links

年賀状は出す相手によって意味合いが変わることも

パソコンで年賀状

年賀状全部を同じ文面、同じ内容で出すということ自体に無理があるのかもしれません。

年賀状を出す相手を公私でわけるとすれば全くの「公」で出す相手、「私」で出す相手、そしてその中間の関係性の相手と3つぐらいに分けられるでしょうか。

「私」で出す相手でも内容に気づかいが必要な人もいるかもしれませんし、中間の関係性でも子供の写真付き年賀状でもOKという人もいるかもしれません。

に一度出すご挨拶なのだから自分と相手との関係性を見直すいい機会かもしれませんね。

ちょっとひと言添えて

最近は家庭でもパソコンなどを使うと立派に印刷できるので裏も表も全部印刷という年賀状が多いですね。

あまり字が上手じゃないと思っている人には表書きも筆書きみたいに印刷してもらえるのは気楽でいいかもしれません。

でも裏も写真がついていたりきれいなイラストが印刷されていても型どおりの言葉だけが印刷されているのは、年に一度の年賀状としてはちょっと寂しくありませんか?

年賀状は同じ時期にたくさんの人に出さなくてはいけないので写真を載せて少し華やかにして他の部分も印刷できるのであればこんな楽なことはないかもしれません。

でも、もらう側にしてみたらどうでしょう?手書きで何かひとこと添えられていたらなんとなくうれしくないですか?

子供の写真は毎年楽しみにはしているけれど写真だけではちょっと寂しいと思っている人もきっといますよ。

やはり何かひと言書いてあったらうれしいですよね。

Sponsored Links

1年に一度のことだから

年賀状は1年に一度の大仕事と言えば大仕事。特に遠方に知人や友人が大勢いて出す人が多ければなおさらでしょう。

もちろん昔から業者に任せて印刷という年賀状も確かにありましたが、それでもそのころは表書きは自分で書いていたのであえてひと言添えなくても何かしらの思いを込めて書いていたかもしれませんね。

1年に一度だけ出す年賀状。たかが年賀状、されど年賀状です。

子供の写真を年賀状に載せるか載せないか、子供の写真を載せた年賀状を誰に出すのか、子供の写真を載せない年賀状も用意する必要があるのか。

1年に一度だからこそ年賀状を出す相手との関係性を見直してみるいい機会かもしれません。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。