育児中に夫にイライラした瞬間ベスト10!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
イライラしているおかあさん

朝から晩まで育児と家事に追われていると、夫の言い方や行動にイライラしてしまうことは、誰にでもあることです。今回は、育児の大変さを分かってよ!というおかあさんの声をランキング形式でまとめてみました。

Sponsored Links

育児中に夫にイライラした瞬間ベスト10!

あなたもこんな夫にイライラしていませんか?

【第10位】泣いている子供の横で爆睡している夫にイラッ!

子どもが1歳のころ私がお風呂に入っている間に、子どもを見ておいてほしいと頼んでいて、いざお風呂からあがると子どもは大泣き。

その隣で、泣いていることに気づかずに爆睡している夫・・・。

泣いていた子供がかわいそうだし、泣いてる子供の横で寝てるなんて、どんな神経してるの?と、その時は本当にイラッとしました。

男の人は、女の人と違って子どもの声などに対する反応が鈍いから仕方がないと、自分に言い聞かせて諦めるようにした。

【第9位】出産後の体型を夫に言われてイラッ!

長男が生まれてすぐの時、出産前は、いくらが大好きだった私は、出産後アレルギー体質に変わってしまい、大好きだったいくらがたべれなくなりました。

『体質が変わっちゃっていくらがもう食べられない』と主人の前で話した時に主人から『体質じゃなく、体型だろ!』のきつ~い一言!!

その時は『誰の子供を産んでこうなったのよ~』とかなりイラつきましたが、確かに体型も変わってしまったので、ダイエットを何度も挫折しつつも、いまだにダイエットに励んでいます・・・。

Sponsored Links

【第8位】赤ちゃんをお風呂に入れられない夫にイラッ!

子供が生後3か月の頃、ぎっくり腰になってしまいました。子供のお風呂は私がいれていたのですが、どうしても痛くて主人にお願いすると、大丈夫かなと思うほど緊張しているようでした。

コツをある程度教えて休んでたのですが、浴室からギャーという息子の声が聞こえてきて、しばらく様子を見ていましたが、5分ぐらいすごい泣き声が続き結局私自身が我慢できなくなり、「こんなに泣かしたら、頭が狂っちゃうよ」と言って自分がやることにしました。

こんなことも出来ないのかと本当にイラッとしましたし、5分以上経っているのに結局どこも洗ってないと聞いた時は眩暈がしました。こんな時ぐらい、うまくできないものかと情けないやら悲しいやら本当に別れることも考えました。

腰痛の3日間ぐらいは、かがむ体勢が無理だったので、昼間、義姉に頼んでいれてもらいました。その後、お風呂はずっと私が入れることにしました。

友達で子供のお風呂は旦那さんが入れるという話を聞くと、主人ももう少し頑張ってくれないものかとイライラを通り越して残念な気持ちになりましたが、もともと夫は不器用なので、無理にやってもらうよりも慣れた人がやれば早く済むので、そっちの方がイラつかないでいいかなと思うようになりました。

Sponsored Links

【第7位】ゲームに没頭して子供を無視する夫にイラッ!

子供が小学二年生と2歳の頃の話ですが、当時はスマホが流行りはじめた時代で、夫も家にいる間はずっとスマホゲームから手を離さず、ゲームに没頭・・・。

しかも集中をしすぎて、子供が何回話しかけても完全に無視するので子供がかわいそうでイライラしました。

とりあえず言っても聞かないだろうし、どんどんお互いにヒートアップしていくと絶対言い争いになると思ったので(仕事で疲れてるんだからそれぐらい…など)、なるべく休日は家族で出かけるようにして、子供とのスキンシップができるようにしました。

あとは、主人と息子で出きるようなカードゲームを買ったりして、スマホ以外で楽しめることを提案しました。子供も喜んでくれたので私もストレスが減りました。

そして、子供と遊んでくれた後は、少しくらいはゲームに夢中になっていても「さっきたくさん遊んでくれたから今は自由時間」と自分を納得させています。

> 子育てでイライラするのは夫が原因?育児中の夫婦円満のコツ

【第6位】寝ている子供を起こしてコンビニに逃げた夫にイラッ!

2人目の赤ちゃんを出産した直後で、1人目の子どもはまだ2歳頃で、幼い子ども二人の育児に追われ、私は睡眠も食事も満足に取れないほどの忙しさでヒーヒー言っている時期でした。

ある日の夜、2時間かけてやっとの思いで子どもたちの寝かしつけに成功した直後に夫が帰宅し、寝ている子どもに触って起こしてしまい大泣きされたことがありました。

結局また一からあやして寝かしつけるのは私なので、ものすごく腹が立って夫に抗議しました。すると逆ギレされて口論となり、夫は「少し頭を冷やしてくる」と言って近所のコンビニに出かけてしまいました。

私は家から一歩も出られないのに、身軽にコンビニに行ける夫はずるいと思い、イライラして仕方なかったです。

私はいつもはそれほど感情の起伏が激しい方ではないのですが、この時ばかりは泣いて抗議しました。

夫も泣くほど育児が大変で追い詰められていたのか、と気づいてくれたようなので、時には真剣に感情をぶつけてみることも必要だなと感じました。

Sponsored Links

【第5位】子供たちと一緒に遊んでくれない夫にイラッ!

長男8才、次男4才、私は三人目を妊娠中のなのですが、休日に部屋でダラダラしているだけで子供と遊んでくれない夫にいつもイラっとしてしまいます。

子供の相手をしてくれるのは一緒にYouTubeを見ているときだけ。私が家事をしながら子供たちと遊んでいます。妊娠中で体がしんどいときもあるので、たまには子供と一緒に遊んでほしいなと思いますが、そんな私の気持ちには夫は全然気付いていません。

たまに主人から子供たちのことを誘って外に遊びに行ってもすぐに家に帰るというので子供たちは十分楽しむことができずにいつも残念がっています。

主人はこれで子供たちと遊んだと満足しているようですが、外に行ったはいいけれどすぐに帰ってくるのなら、何のために外に行くのか分かりません・・・。

私のイライラも限界で、何度も子供たちと一緒に遊んでと言っても遊んでくれないので諦めました。その分、私が子供たちとたくさん遊べるように家事の効率化を図ったりして時間を作るようにしました。

私たちが休日によく外に行って遊ぶようになったら主人も少しずつかわってきてくれて、家では一緒に遊んでくれるようになりました。子供たちはお父さんと一緒に遊べてうれしいようです。この感じで、外でもたくさん遊んでくれるようになるようになればいいなと思います。

Sponsored Links

【第4位】一人で子供の面倒を見れない夫にイラッ!

長男が2,3か月の頃のことですが、子供の世話は、朝から晩まで私なのに、買い物に行くから30分くらい面倒を見てもらう時さえ「具体的に何時に帰ってくるの?泣いたらどうする?」と不安そうに聞いてくる夫にイラッとしました。

子供が生まれてから、育児に協力的でない夫にイライラが溜まっていて、私は一日中子供の世話をしてるのになぜ30分くらい一人で面倒を見れないのとその時はかなり頭にきたので、私もたまに休憩がないと気がおかしくなってしまうことを告げました。

それまで、育児をあまりしない夫に不満があるという自分の気持を正直に話したことはなかったので、夫はかなり驚いていました。その一件があってからは、前に比べると手伝ってくれるようになりました(まだまだ頑張って欲しいですが・・・。)

【第3位】育児と家事で大変なのにマイペースな夫にイラッ!

子供が1歳と3歳で、毎日、私がバタバタ家事や子どもの世話をしているのに、マイペースに自分のことだけしている夫にいつもイライラしてました。

本当は、自分の気持を話したりした方がいいんだろうけど、考えると、またイライラするので、しばらく無視しておしまい。というか、毎日忙しすぎて、精神的に余裕がなくて自分の気持を話すことが出来ませんでした。

> 育児ストレスで夫と喧嘩に!3つの対処法で乗り切ろう

Sponsored Links

【第2位】困っている私を理解してくれない夫にイラッ!

子供が産まれてから今まで、イラッとしない日がないかも・・・。

子供が初めて発熱したときや、下痢嘔吐などで何日も付きっ切りになっても、焦ってバタバタしている私に声もかけず一人寝室に向かったりします。

何度か「一声でも良いから気遣って。」と掛け合いましたが結局変わっていません。

私が子育てに関することで焦ったりパニック状態になっているときに助け船を出さずにやり過ごそうとすることです。

どうやら子供相手にそんなに必死になるなと思っているようで、そういう私の姿を見ていると助けたいとは思えないようです。

焦ったりパニックになってしまうくらい困っているんだと言う風に考えてくれない夫のこの部分だけは、疑問ですし、本当にイラつきます。

できれば、イライラしたくないですが、性格の不一致なので、仕方のない事だと考えるようにしました。

私が夫の悪いところを許せないように、夫もまた私に対して同じような気持ちを持っていることを認めることで、カッとなって喧嘩になったとしても落ち着くのが早くなったように思います。

Sponsored Links

【第1位】夜泣きする子供を抱っこする私の横で爆睡している夫にイラッ!

5か月を過ぎたころから、子どもが夜中に頻繁に目が覚めてしまうようになりました。

時には、大泣きで、抱っこをしても何をしても泣き止まないこともありました。そんな中、夫はというと、隣でいびきをかいて寝ています。

翌朝、「昨日の夜中は大変だったんだよ」という話を夫にすると、「そうだったの?」との返事。

あんなに大泣きしていたのに、泣き声にすら気づかないなんて…と、信じられませんでした。

それが一度や二度のことではないので、だんだんと夫に対して我慢ができなくなってきて、夜中に泣いている子供を抱っこしている私の横で爆睡している夫にイライラしていました。

子どもが夜中に起きる頻度も2時間おきのときもありましたので、私の体力も気持ちも限界で、些細なことでもイライラしやすくなっていました。

夜中に大泣きをしたときは、夫を起こして助けてもらうようにしました。

夫が自ら泣き声に気付いて起きることはほとんどないので、私が揺すって起こします。

仕事で疲れているのは分かっているので、申し訳ない気持ちもあるのですが、私の気持ちも限界だったので、夫には少し我慢して起きてもらうことにしました。

2時間おきにに子どもが起きてしまうときなどは、「1回でいいから抱っこを交代してほしい」と、少し休ませてもらうようにお願いしました。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。