乳幼児が発熱したときのホームケアについて知っておこう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
抱っこされて寝る赤ちゃん

乳幼児が急に発熱するとあわててしまいますね。熱を出しても必ずしもすぐに病院に連れて行かなければならないわけではありません。発熱の原因や熱が出たときのホームケアについて知っておくと安心ですね。乳幼児が発熱したときの受診の目安やホームケアについてまとめました。

Sponsored Links

乳幼児が発熱したときのホームケア

乳幼児が急に発熱してもホームケアについて知っておくと安心して対処できます。

そもそもどうして熱が出るのでしょう。

どうして熱が出るの?

子どもは突然熱を出すことが多いですね。

子どもはもともと平熱が高いので発熱すると大人ではありえないくらいの高熱が出ることがたびたびです。

子どもが熱を出すのはほとんどの場合ウイルスや細菌によるものです。

発熱は決して悪いことではなく、ウイルスや細菌と戦うために体温をあげているのです。

熱が高いと頭がおかしくなる?

熱が高すぎると頭がやられるとか頭がおかしくなってしまうと心配になるかもしれません。

40度ぐらいの熱が数日間続いたとしても高熱で頭がおかしくなったり後遺症が残ることはありません。

実は熱が高いことがイコール重病ではないのです。

小さい子が40度ぐらいの熱を出すことは実はよくあることなのです。

40度ぐらいの熱では脳はダメージを受けないのですね。

熱が原因で脳がやられて髄膜炎になるとよく言われているようですが、細菌が髄膜に入って起こるもので熱が原因ではないことがわかっています。

Sponsored Links

子どもの自然治癒力を信じよう

子どもは急に熱を出したり具合が悪くなったりしますが、元気になるのも早いのです。

2歳ぐらいまでの乳幼児は平熱が37.5度ぐらいあります。

大人だと37度あると微熱があると言ったりしますが、子どもの場合には37度台でもあわてないでください。

子どもは体温の調節機能が未熟なのですぐ高熱を出すのです。

多少熱が高くても普段の生活のように食べて(飲んで)、寝て、遊んでいれば急いで受診しなくても大丈夫です。

あわてないでホームケア

熱の上がり始めは震えたり寒がったりするので少しずつ余計に着せたり布団をかけたりして温めてあげます。

震えているのは筋肉を小刻みに動かして熱が発生している状態です。

昔は熱をあげたほうがいいと厚着をさせたり必要以上に布団をかけて無理に汗をかかせたりしていましたが、汗をかきすぎると脱水症状になるので熱があがりきったら子どもが気持ちの良い状態にしてあげるのが一番です。

本人が気持ちがよさそうだったら冷却シートなどで冷やしてあげてもいいでしょう。

寒いと言えば温めて暑いと言えば涼しくしてあげてくださいね。

ただ、乳児に冷却シートを使う場合にははがれて口や鼻をふさいでしまうことがあるので十分注意してあげください。

水分補給はこまめにしてあげます。

乳児の水分補給は母乳やミルクだけで大丈夫です。

食欲がないときには無理に食べさせる必要はありません。栄養のことは考えないで子どもが食べたがるものを食べさせます。

Sponsored Links

解熱剤の使い方

解熱剤は市販のものを勝手に使うのはやめましょう。

解熱剤は病気を治すものではありません。

熱が出るのはからだの防衛反応なので薬で熱を抑えると治りが遅くなってしまうこともあります。

一時的にからだを楽にしてやりたいときに限り解熱剤を使うこともありますが、受診して医師に相談してからにしましょう。

熱をあげる力の方が強いときには解熱剤の効果が得られない場合もあります。

解熱剤は一時的な効果しかないので効果が切れると熱はあがりますが、病気が悪くなったからではないので心配しなくても大丈夫です。

解熱剤を使って熱を下げるとその間ウイルスが有利になるのでできれば使わないほうがいいのです。

高熱でも走り回って遊ぶ子もいます。

ただ、子どもは夕方になると熱が上がりやすいので注意してあげましょう。

風邪のときのお風呂は?

お風呂に入れても風邪がひどくなることはありません。

子どもがお風呂に入りたがるかどうかで決めてください。

ただ、あまり熱いお風呂や長い間入るのはからだの大切な水分が失われることになるのでやめておいたほうがいいでしょう。

お風呂に入りたがらないときには軽くシャワーで流したり濡れタオルで体をふくだけでもいいですね。

Sponsored Links

生後3ヶ月未満の赤ちゃんの発熱は注意!

生まれて3ヶ月ぐらいまでは抵抗力が弱いので防衛反応も弱いので症状が出にくいのです。

病気のなりかけには熱が出る以外の症状がなくて機嫌がよい場合もあるので3ヶ月未満の赤ちゃんが熱を出したときには早めに受診しましょう。

おかあさんの直感も大事

どんな感染症であっても熱が出たときのホームケアは基本的に同じです。

ただ熱がそれほど高くなくても何かいつもと様子が違うと感じるときにはその直感を大切にしてください。

直感から急いで受診しても何ともなかったという場合もあるかもしれません。

それはそれで不安材料がなくなるので安心してケアしてあげられますね。

>赤ちゃんの病気の症状はからだの防御反応!日ごろの様子を知っておく

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。