湯たんぽの使い方によるメリットとデメリット|安く安全にあったまる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
赤ちゃんの冬の布団

寒い冬になると冷たい布団で寝るのはつらいですよね。こんな時じんわりと温めてくれる湯たんぽが今見直されています。最近ではいろいろな素材でいろいろなデザインの湯たんぽが売られています。今回は湯たんぽのメリット、デメリットや安全な使い方などについてまとめてみました。

Sponsored Links

湯たんぽのメリット

環境にやさしく、経済的

当然のことですが湯たんぽはお湯を沸かして入れるだけなので、電気代がいりません。

お風呂の残り湯を使うこともできます。

家電の暖房器具に比べ一般的な湯たんぽの価格は安価です。

修理やメンテナンスの必要がないうえ、長持ちします。

電磁波を気にしなくていいので安心

電磁波が私たちの体に対して与える影響が問題になっていますが、湯たんぽは他の電化製品に比べて電磁波の心配がなく安心です。

持ち運びすることができる

湯たんぽは軽量のうえ電源がいらないので、手軽に持ち運ぶことができます。

ですから秋冬の野外キャンプのときなどでも使うことができるのでとても便利です。

一酸化炭素中毒の心配もいりませんしね。

適度なやさしい温もりは安眠効果を生む

睡眠中は体温が低くなることで眠りが深くなっていくといわれています。

湯たんぽは時間とともに徐々に温度が下がっていくので、よい眠りに効果的な作用があるといえます。

体に直接触れていなくても、近くに置くだけでやさしい熱が伝わってきます。

空気を乾燥させることがないので、喉や皮膚にやさしい

エアコンやファンヒーターなどの暖房器具は空気を乾燥させますが、湯たんぽはその心配がありません。

空気を乾燥させないので喉や皮膚にやさしいですね。

Sponsored Links

湯たんぽのデメリット

低温やけどをする心配がある

通常のやけどは皮膚が直接熱源に触れることでおきるので、本人はすぐに気づくことができます。

湯たんぽが直接肌にあたっていると体温より少し高めの温度(44℃~50℃)に長時間触れ続けることになります。

そうした場合には低温やけどになりやすいのですが、本人は気づきにくいのですね。

また通常のやけどはしばらく治療すれば治るのですが、低温やけどは皮膚の奥深くで進行するため治りにくくなってしまいます。

湯たんぽを使うときには直接肌にあたらないようにカバーをしたりタオルでくるんで使うようにしましょう。

湯たんぽの内部にカビが生える可能性がある

湯たんぽを冬の間使い終わってしまうときは、カビの発生を防ぐため中をすすいでよく乾かしましょう。

Sponsored Links

湯たんぽの種類

最近はいろいろな材質の湯たんぽがあります。

金属製湯たんぽ

トタン製

昔ながらの表面が波打っているトタン製の湯たんぽはご存知ですね。

トタン製のものはガスコンロやIHコンロの直火で加熱できるものもあります。

ステンレス製

最近はステンレス製の湯たんぽもあります。

トタン製の湯たんぽは穴があくことがありますが、ステンレス製のものはトタン製のものより高価ですがさびにくく長持ちします。

トタン製のもの同様直火やIHコンロにかけて加熱できます。

アルミ製

アルミ製湯たんぽのほとんどがボトル型でデザインのバリエーションが豊富です。

ボトル型なので持ち運びに便利ですね。

銅製

熱伝導率がとてもよくすぐにあったまります。

さびにくく耐久性もあるのですが、かなり高価になるので一般的とは言えないかもしれませんね。

プラスチック製湯たんぽ

値段が安くて丈夫です。

朝まで保温が効かないとも言われますが、カバーに入れて布団の中に入れておけば朝まで十分な温かさを保つことができます。

ゴム製湯たんぽ

ゴム製湯たんぽはごつごつと固い他の湯たんぽと違って柔らかいので感触がいいと言われます。

熱が直に伝わりにくいので他の湯たんぽよりも低温やけどの危険は少ないですね。

ただゴム独特の臭いが気になるという場合もあります。

その場合は干すといいのですが、直射日光にあてるとゴムが劣化するので風通しのよいところで陰干しにしましょう。

Sponsored Links

湯たんぽの安全な使い方

お湯の温度

ヤカンで沸騰したお湯は、少し冷ますか水を入れて70℃~80℃ぐらいにしてから使いましょう。

電子レンジで温めるタイプの場合は、決められた時間や出力を守りましょう。

過剰に加熱すると、破裂したり漏れたりすることがあります。

IHヒーターで直接温めるタイプの場合は、必ず口金を外して加熱しましょう。

低温やけどに気をつける

低温やけどを防ぐため、湯たんぽが体に直接触れるような状態での使用は避けましょう。

湯たんぽ購入時についていたカバーを使うか、カバーがついていない場合には自分で作ったりタオルを巻いて体から10cmぐらい離して置くといいでしょう。

寝る30分ぐらい前に先に湯たんぽを入れて布団を温めておき、寝るときは取り出すようにすると安全です。

また、寝たときにお尻に当たる部分に置いておき、布団に入るときには足元の直接皮膚が当たらないところにずらして使うと温かさが持続します。

お酒を飲んでいる人、疲労がたまっている人、寝る前に眠気を誘う薬を飲んでいる人などは、体に触れている熱さに気づかないことがあるので注意しましょう。

お湯を注ぐときの注意

お湯は必ずキャップの口元まで入れるようにします。

お湯の量が少ないと、気圧の関係でキャップが開かなくなったり、湯たんぽが変形することがあります。

当然ですが湯たんぽの蓋はしっかりしめないと、お湯がこぼれることがあります。

逆さにしてもれないか必ず確かめるようにしてくださいね。

便利な湯たんぽですが、使い方を間違えると危険なこともあります。

湯たんぽを上手に効果的に使って、寒い冬も暖かく快適な眠りができるといいですね。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。