7ヶ月、8ヶ月、9ヶ月の赤ちゃんにオススメの3つの遊び

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
洗濯バサミで遊ぶ赤ちゃん

7、8、9ヶ月頃になってくると赤ちゃんは、腕や足が発達して、力も強くなってきます。運動能力・精神的な発達に伴い、今まで座ってじっとしたままだったころとは違うことをしたくなり始めます。不安定ながらもハイハイを始める子もいれば、もうハイハイから立ち上がろうとする子も出てくるでしょう。さらに、周囲の人とのふれあい遊びを通じて様々な表情も覚えて豊かになっていきます。今回は、そんな時期の赤ちゃんが大好きな遊びを3つご紹介します。

Sponsored Links

7ヶ月頃の赤ちゃんが喜ぶ遊び

7ヶ月頃になるとハイハイをし始める赤ちゃんも出てきます。運動能力が発達し始めて、ハイハイをするようになった頃にオススメなのがボール遊びです。

お母さんがボールを転がし、それを赤ちゃんが取ってくるような遊びをして、ハイハイをしっかりさせてあげましょう。ハイハイをするのでも、目的があればさらにたくさんハイハイしてくれます。

ハイハイの時に鍛えるバランス感覚や筋肉は、今後のあんよにもつながっていく大切な筋肉です。

遊びの中でしっかりハイハイをさせてあげるためにも、ボールを追いかけるような遊びはこの時期の赤ちゃんにはとてもよい遊びと言えるでしょう。

ボールに慣れてくると自分でポイッとボールを投げて、そのボールを自分でハイハイして取りに行くという遊びをし始める赤ちゃんもいます。

8ヶ月頃の赤ちゃんが喜ぶ遊び

動きが活発になり、ハイハイをよくするようになってきたら、赤ちゃんが大好きな「飛行機ごっこ」もこの頃の赤ちゃんが楽しめる遊びとしてオススメです。

お母さんが仰向けの状態で寝て、すねに赤ちゃんをうつぶせの状態で乗せます。

そして、赤ちゃんの脇を持ち、「飛行機ぶーん」などと言いながら空を飛んでいるように赤ちゃんを動かします。

飛行機のように、上下左右に揺らして、赤ちゃんが体全体で楽しめます。

この時、赤ちゃんはただ持ち上げられているのではなく、頭を前に向けるように背中を反るような動きをします。

これによりハイハイに必要なバランス感覚や体幹を鍛えられるので、遊びで楽しみながら様々な部位の体の筋肉を動かし、鍛えることができます。

赤ちゃんがハイハイできるようになったらお母さんもいっしょになってハイハイをして追いかけっこをするのもおもしろいですよ。

ボールを転がしてどちらが早くとりに行けるか親子で競争すると赤ちゃんもおもしろがって動き回ります。

また、赤ちゃんを膝にのせてすねを滑り台のようにして滑らせるように動かすのも喜びます。

Sponsored Links

9ヶ月頃の赤ちゃんが喜ぶ遊び

9ヶ月頃になると精神的な能力も発達してきます。そして、周りの人との関わりに目を配れるようになってきた赤ちゃんとは、お気に入りのおもちゃを使って「ちょうだい」「ありがとう」などのやり取りの遊びをすると良いでしょう。

まだはっきりと言葉をしゃべれなくても、「ちょうだい」と言って物を受け取り、受け取ったら「ありがとう」と言うという簡単なコミュニケーションを学びます。

このくらいの時期になると、赤ちゃんの目も耳もしっかりと働き、周囲とのコミュニケーションを「泣くこと」以外で取れることをすでにわかっています。

その方法をお母さんとの遊びの中で学ぶことができる遊びです。

泣くこと以外でコミュニケーションが取れるようになってきたら、しっかりほめてあげて、「ちょうだい」「ありがとう」の練習をするのもいいですね。

このころになるといろいろな手遊び歌であそぶこともできます。

「ちょちちょちあわわ、かいぐりかいぐりとっとのめ、おつむてんてん、ひじとんとん」

「げんこつやまのたぬきさん」

「いっぽんばしこちょこちょ、すべってたたいてつねって、かいだんのぼってこちょこちょ」

今回は、7ヶ月、8ヶ月、9ヶ月頃の赤ちゃんが喜ぶ遊びを紹介しました。

これらの遊びを通してこの時期の赤ちゃんとどんどん体を動かすこと、そしてコミュニケーションを取る訓練を心がけると良いでしょう。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。