4ヶ月、5ヶ月、6ヶ月の赤ちゃんが大好きな4つの遊びとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
笑顔の母子

生まれたばかりはのころは不安定でしっかりしていなかった赤ちゃんの首も、生後4ヶ月頃になるとしっかりと座ってきます。うつぶせの姿勢にしたとき、顔をあげて周りを見ることができるようになったら首すわりの完成です。首が座ってくるとできる遊びも増えてきますね。今回は4、5、6ヶ月の赤ちゃんが喜ぶ遊びをまとめてみました。

Sponsored Links

生後4ヶ月頃の赤ちゃんが大好きな遊び

赤ちゃんの首が座ってくる4ヶ月頃になると、興味をひくものをじっと見つめたり、音のする方をしっかり向いたりして積極的に体を動かそうとすることが多くなります。

それまで横抱きだけだったのが、縦抱っこもできるようになって、赤ちゃんから見える景色も随分と広がっていろいろなものに興味を示すようになります。

ぎったんばっこん(ぎっこんばったん)

昔からお馴染みの「ぎったんばっこん(ぎっこんばったん)」はこの時期の赤ちゃんが大好きな遊びです。

「ぎったんばっこん(ぎっこんばったん)」と言いながら、あおむけの赤ちゃんの両腕の二の腕あたりを優しく引いて起こしたり、倒したりします。倒すときもそっと降ろすようにします。

体の中心に自然に力が入るため、寝返りやお座りにつながる遊びです。

> 赤ちゃんの寝返りはいつごろから?上手にできるコツとは?

Sponsored Links

生後5ヶ月頃の赤ちゃんはひとり遊びを始める時期

生後5ヶ月頃になると欲しいものや興味をひくものには自分から手を伸ばすようになります。

このころになると、自分で欲しいものや興味を引くもの、触ってみたいと思うおもちゃに手を伸ばしているうちにコロンところがって「寝返り」をうつようになったりもします。

音がするほうを見ようとしているうちに寝返りをうつようになる赤ちゃんもいます。

赤ちゃんが手を伸ばして何とか届くぎりぎりのところにおもちゃを置くと頑張って手を伸ばしてとろうとしているうちにコロンと転がってしまうのですね。

音が出るおもちゃの音を出しながら動いたり、手をパチパチ叩きながら動くとそちらのほうにからだをそらしていってコロンと転がることもあります。

この頃には与えたおもちゃを握ったり口に入れたりして遊ぶようになるので、口の中に入れても安全なおもちゃを選んであげましょう

何で色をつけているのか、どんな材質を使っているのか、口に入れたときに飲み込んでしまわない大きさかなどに気をつけてあげてくださいね。

寝返りができるようになるのは個人差があります。5ヶ月になったらみんな必ずできるようになるということではなく、赤ちゃんによって個人差が大きいのでゆっくりと見守ってあげてくださいね。

> 赤ちゃんの寝返りはいつごろから?上手にできるコツとは?

Sponsored Links

自分の体でひとり遊び

また、この時期の赤ちゃんが始めるのが「ひとり遊び」です。

5ヶ月くらいの赤ちゃんが仰向けのねんねの状態で両足を持ち上げて口のほうに持って行ったり、手を全部口の中に入れようとしたりすることがあります。自分の体を使って遊ぼうとしているのですね。

自分の体というものに気付いた赤ちゃんは、自分の体で遊び始めるのがこのころなのです。

生後6ヶ月頃の赤ちゃんが大好きな遊び

乳首や小指が口の中に入ると自然と吸いつく吸てつ反射、唇の周りを触ったり刺激すると乳首を探す口唇追いかけ反射、何かに抱きつくように手の動きをするモロー反射などの原始反射は生後6ヶ月の頃にはだんだん消えてきます。

このころになると少しずつ、おかあさんと周囲の人との違いを認識するようにもなってきて人見知りが出始める子もいます。

赤ちゃんの人見知り時期はいつからいつまで?効果的な対策は?

Sponsored Links

赤ちゃんと一緒に手遊び歌

おかあさんが大好きなので、おかあさんと一緒に遊ぶことは何より嬉しく心地いいと感じています。

まだひとりでは座れませんが、いつもと違う目線でおかあさんを感じられるので、おかあさんのお膝にのせて座るポーズをとるのは大好きです。

お膝に座らせて手遊び歌を楽しみましょう。赤ちゃんの手を取って一緒に手遊びをしてあげるときっと喜びますよ。

「グーチョキパーでなにつくろう」って知っていますか。~右手は「グー」で左手も「グー」でたぬきさん~というあれです。

「むすんでひらいて」も昔からよく歌われている手遊び歌ですね。

いないいないばあ

赤ちゃんが好きな遊びの定番ですが、「いないいないばあ」にもより興味を示すようになります。赤ちゃんは「いないいないばあ」が大好きです。

ハンカチなどでおもちゃを隠すと隠したおもちゃが表れるのをじっと見ています。

また、赤ちゃんの顔にガーゼなどの軽いハンカチをふわっとかぶせて「バァー」っと言いながらパッと取って遊ぶのも喜びます。

いなくなったものが同じ場所に隠れているということを記憶するのはもう少し後ですが、「いなくなったのにどうしてここにいるの?」というふうに不思議に思う感覚が芽生えてくるので、興味を持って楽しんでくれますよ。

最後にちょっと話が変わりますが、ちょうど6ヶ月頃になると食べ物の好き嫌いが始まるため、赤ちゃんが離乳食を食べてくれなくて悩んでいるおかあさんも多いようです。

以下のページに離乳食を食べない原因と対処法についてまとめているので参考にしてみてください。

> 6ヶ月の赤ちゃんが離乳食を食べない!主な原因と4つの対処法

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。