産後の生理再開を早めるには?エストロゲンの分泌を高める!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
母親に抱っこされて寝る赤ちゃん

妊娠・出産という大仕事のあとも女性のからだは著しく変化します。産後の生理再開がいつになるかも気になりますね。特に2人めを考えている方は産後の生理再開を早める方法を知りたいかもしれません。産後の生理再開についてまとめました。

Sponsored Links

産後すぐに生理が来ないのは?

出産後はおかあさんは自然分娩であれ帝王切開であれ、体力を消耗しているので体力が回復するには結構時間がかかります。

それだけでなく産後しばらくの間は「プロラクチン」というホルモンが分泌されます。

このプロラクチンというホルモンは乳腺を刺激しておっぱいの分泌を促すのですが、授乳期間中は分泌量が多くなります。

一方で、プロラクチンは排卵を抑制する働きもあります。エストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンの分泌も抑制するので産後しばらくの間は生理が来ないようになるのです。

つまり、赤ちゃんがおっぱいを飲めば飲むほどプロラクチンが分泌されるので排卵も起きず、生理も止まるといわれているのですね。

ただし、生理再開の決め手はプロラクチンというよりはエストロゲンの値なのです。

産後の生理再開の時期はいつ?

実は産後の生理再開の時期はかなりの個人差があります。

また同じ人でもひとりめと二人めでは生理再開の時期が違う場合もあるので生理再開の時期について特定するのはなかなか難しいでしょう。

早い人では産後1ヶ月ですでに生理が来たという人もいれば1年以上たっても来ないという人もいます。

一般的に授乳中はプロラクチンの影響を受けるので母乳育児の場合には排卵が抑制されて生理もなかなか来ないという場合が多いのです。

一方でミルク育児の場合には母乳育児の場合よりも産後の生理再開は早く、出産後1~2ヶ月後ぐらいに再開することが多いようです。

いずれも一般的な場合なので、中には母乳育児の場合でも早い人は産後1ヶ月で再開したという人もいます。

Sponsored Links

育児ストレスが生理再開を遅らせる?

出産云々にかかわらずストレスの影響で生理が来ないということはあります。

産後の女性の心と体はとてもデリケートになっていて気づかぬうちに心も体もダメージを受けやすくなっているのです

産後は体力がしっかり回復してないままに24時間体制での育児があるので疲れやストレスはたまりやすくなります。

産後しばらくの間は育児も24時間体制なので睡眠不足になりがちですね。

睡眠不足などの生活サイクルの乱れはホルモンバランスも乱れにつながります。

生活サイクルの乱れや疲労、ストレスなどによっても産後の生理再開が遅れることもあります。

特に睡眠不足などの睡眠のサイクルの乱れは生理再開の決め手となるエストロゲンの分泌に大きな影響を与えます。

Sponsored Links

産後の生理再開を早めるには?

産後は少しでも生理再開が遅ければいいと思う人もいれば次の子が早く欲しいので生理再開を早めたいという人もいるでしょう。

授乳中は母乳分泌に働くプロラクチンがエストロゲンやプロゲステロンの分泌を抑制するので生理再開を早めるには早く卒乳すればいいのかといえばそういうわけでもありません。

一般的な傾向としてはプロラクチンは夜になると分泌が活発になるので夜の授乳を控えてミルクにすれば生理再開は早まるともいわれます。

プロラクチンが排卵を抑制しているとはいえ、生理再開の決め手となるのはエストロゲンの分泌値によるのです。

ですから、卒乳を早めたり夜間授乳を止めたからと言って必ずしも生理再開が早まるとは限りません。

完全母乳育児のおかあさんでも産後1ヶ月で生理が再開したという方もいます。

エストロゲンの分泌を高めよう!

産後の生理再開のカギを握るエストロゲンの分泌を高めるには生活習慣の見直しから始めましょう。

産後しばらくの間の赤ちゃんのお世話はどうしても24時間体制になってしまいます。

なかなかゆっくり休む時間もとれないかもしれませんが、家族にも協力してもらってできるだけリッラクスできる環境を確保し短くても質の良い睡眠がとれるようにしましょう。

またエストロゲンに似た働きをする大豆イソフラボンを積極的に摂取するようにします。

味噌、納豆、豆腐、豆乳などの大豆製品をメニューに取り入れましょう。

またホルモン調整の働きをしてくれるビタミンEやビタミンB6も取り入れてくださいね。

かぼちゃ、アボガド、アーモンドなどのナッツ類に含まれています。

ひとつだけを過剰に摂取することなくバランスの良い食事を心がけましょう。

Sponsored Links

適度な運動も必要!

産後はどうしても運動不足になりがちです。産後1ヶ月を過ぎたら育児の合間にストレッチや軽い運動をして体を動かすようにしましょう。

血行不良になるとエストロゲンの分泌もうまくいきません。血流をよくするためにも軽い運動をするといいですね。

無理に卒乳をしないように

次の赤ちゃんを早く望んで生理再開を早めるために無理に卒乳をして後悔しないようにしましょう。

産後の生理再開の時期はかなりの個人差があります。卒乳することだけが生理再開を早めるのではありません。

子育てが大変な時期ですが、栄養バランスのとれた食事や良質な睡眠をとって軽い運動をしつつストレスをためないようにし、生理再開を促してくださいね。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。