新生児なのにしゃっくりが多いけど大丈夫?原因と対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
肌着を着た赤ちゃん

赤ちゃんのしゃっくりはかわいらしいけれど新生児期の赤ちゃんは特に小さくて頼りなげなので繰り返ししゃっくりをしていると心配になりますね。新生児期の赤ちゃんはどうしてあんなにしゃっくりが出るのでしょう。かわいらしいけれど心配になってしまう新生児のしゃっくりについてまとめてみました。

Sponsored Links

新生児期にはしゃっくりが多い

しゃっくりは横隔膜が刺激されて痙攣すると出るのですが、新生児のころは横隔膜が未熟なのでちょっとしたことが刺激になってしゃっくりが出てしまいます。

ミルクやおっぱいを飲むと胃や食道がよく動くのでそれが刺激になることもあります。

おっぱいを飲むときに空気もいっしょに吸い込むことで出ることもあります。おむつが濡れて冷たいと感じるとそれが刺激になることもあるのです。

新生児期は特に敏感なので部屋の温度や自分の体温などのちょっとした変化が刺激になってしまいます。

原因を取り除けばしゃっくりも出なくなるのですが、赤ちゃんのしゃっくりは原因が特定できないことが多いのです。

新生児はしゃっくりが多くても苦しくない

ちっちゃくて頼りなげな赤ちゃんがしょっちゅうしゃっくりをしていると苦しそうに思えるかもしれません。

赤ちゃんは実際には苦しくないのですが、しゃっくりが多いうえに大泣きし出すと親としては苦しくて泣いてるのかなと心配になってしまうでしょう。

新生児のころはしゃっくりするのが当たり前なので全然問題ありません。

しゃっくりして泣くのは「おっぱいがちゃんと飲めない」と泣いているのであって苦しくて泣いているのではないので心配しないでくださいね。

Sponsored Links

しゃっくりは止めなきゃいけないの?

そもそもしゃっくりは止めなくてはいけないものなのでしょうか。

大人は時と場合によっては何とか止めなくてはいけないこともありますが、新生児期や乳幼児期のしゃっくりは止めなくてはいけないものではありません。

1歳ぐらいまで続くこともありますが、いつか自然におさまります。

しゃっくりを止める方法

それでも頻繁にしゃっくりをしていたら止めてあげたくなるのが親心でしょうか。いろんな方法を試してみるのはいいかもしれません。

おっぱいを飲ませる

何かを飲み込んだ拍子に止まることがあります。しゃっくりが出ているときにはおっぱいを飲ませてみましょう。飲ませるのはおっぱいでもミルクでも白湯でもいいのです。

ゲップをさせる

ゲップをさせるという方法もあります。授乳後でなくてもしゃっくりが出始めたら縦抱きにしてやさしく背中をさすってあげてみてください。しゃっくりをしているときはトントンはしないほうがいいようです。

Sponsored Links

おむつを替える

おむつが濡れていてしゃっくりが出ることもあります。お尻が濡れて冷たくてしゃっくりが出ていることもあるので少し温めたガーゼでお尻を拭いてあげるといいでしょう。

あたたかくしてあげる

からだが冷えてしゃっくりが出ているときはあたたかくしてあげてください。お腹に温めたタオルをあててあげると止まることもあります。

足の裏をくすぐる

赤ちゃんの足の裏をくすぐるとそちらが気になって一瞬そちらに意識がいくので気がついたらしゃっくりが止まっているということもあるようです。

意識がよそにいって止まるということで言えば眉間に何か赤いものをつけたらいいという説もあります。赤は目立つ色なので赤ちゃんの意識がそちらにいくのかもしれません。

大泣きする

大泣きすると止まることがあります。だからといってしゃっくりを止めるためにわざわざ泣かせる必要はありません。

Sponsored Links

驚かすのはNG!

大人のしゃっくりを止めるのによく驚かすことがありますが、赤ちゃんにはそれだけはやめてくださいね。

驚かすのは赤ちゃんには刺激が強すぎます。

お腹の中でもしゃっくりしている

実は赤ちゃんはおなかの中にいるときもしゃっくりをしているのです。

友だちが妊娠中にお腹がビクッビクと動くので気になって検診のときに聞いたら「しゃっくりですよ」と言われ、「お腹の中でよくしゃっくりしている子は生まれてからもよくしゃっくりしますよ」とも言われたそうです。

その赤ちゃんは生まれてからもこんなにしゃっくりして大丈夫?と思うぐらいしょっちゅうしゃっくりをしていたようですが、幼稚園の年長さんになった今はそんなにしなくなったと言っていました。

新生児のしゃっくりが多いのは正常な発達

新生児期も含めて1歳未満の赤ちゃんがよくしゃっくりをするのは正常な発達です。

よく食べてよく眠っているのであればしゃっくりが多くても心配することはありません。

どうしても気になるときにはみぞおちや頭のてっぺんに手を当てて(文字通り手当てですね)「大丈夫だよ」ってやさしく声をかけてあげてくださいね。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。