恵方巻きの方角の決め方とは?実は毎年すでに決まってる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
恵方巻きを食べる子供

あなたは節分に恵方巻を食べますか?私の小さいころは恵方巻を食べる風習はありませんでした。節分に恵方巻を食べるようになったのはいつごろからなのでしょう。今では節分には豆まきはしなくても恵方巻は食べるという家は多いかもしれませんね。ところで恵方巻きを食べる方角はどうやって決めるかご存知ですか?

Sponsored Links

そもそも恵方巻きの恵方って何?

恵方巻の恵方というのは何なのでしょう。恵方を向いてだまって食べると言われているので方角ってことはわかりますね。

恵方巻の広告のチラシに今年の恵方は西南西とか東北東とか書いてもありますしね。実は恵方を向いて食べることで厄払いをして福を呼ぶのです。

恵方というのはその年の歳徳神がいる方角で、その方角というのはその年のめでたい方角になるのです。

歳徳神は、「としとくじん」とか「とんどさん」というのですが、その年の福徳を司ると言われている神さまのことで、年神さまともいいます。

恵方巻きの方角の決め方は?

恵方巻きを食べる方角

その年の恵方は占いなどで決めるのではありません。だいたい恵方というのは甲(きのえ)、庚(かのえ)、丙(ひのえ)、壬(みずのえ)の4方向だけと決まっています。

甲(きのえ)は東北東、庚(かのえ)は西南西、丙(ひのえ)は南南東、壬(みずのえ)は北北西にあたります。その年の十干によってその年の恵方はこの4つのうちのどれになるかが決まるのです。

甲・己の年は東北東、乙・庚の年は西南西、丙・辛・戊・癸の年は南南東、そして丁・壬の年は北北西になるという風に決まっています。

恵方巻の広告はいつごろから目にしているのか忘れてしまったけれど、かなりの年数たっているのに何度か同じ方角が書いてあるような気がしていました。記憶違いかなとも思っていましたが、そうでもなかったようです。

で、2015年の干支は乙未だったので2015年の恵方は西南西。2016年は丙申だから2016年の恵方は南南東になるのですね。そして2017年は丁酉なので恵方は北北西になります。

十干ってなんだろう?

恵方がその年の歳徳神がいる方角だということは分かりましたが、その方角が決まる十干というのは何なのでしょう?

十干(じっかん)というのは「甲(きのえ)・乙(きのと)・丙(ひのえ)・丁(ひのと)・戊(つちのえ)・己(つちのと)・庚(かのえ)・辛(かのと)・壬(みずのえ)・癸(みずのと)の総称」のことです。

丙午(ひのえうま)というのは聞いたことありませんか?丙午の午はわかりますよね。

十二支の「子(ね)、丑(うし)、寅(とら)、卯(う)、辰(たつ)、巳(み)、午(うま)、未(ひつじ)、申(さる)、酉(とり)、戌(いぬ)、亥(い)」の「午(うま)」ですね。

丙午の「丙」に当たる部分が十干になるのです。毎年、今年の干支は申(さる)だの未(ひつじ)だのといいますが、正確に言うと、例えば2015年の干支は「乙未(きのとひつじ)」で、2016年の干支は「丙申(ひのえさる)」になります。2017年は「丁酉(ひのととり)」になります。

この十干というのは陰陽五行説からきており、木・火・土・金・水の五行を陰陽の兄(え)と弟(と)に振り分けてあるのだそうです。

Sponsored Links

干支は十干と十二支の組み合わせ

干支(えと)というのはこの十干と動物の十二支との組み合わせになるのですね。ですからほんとうは「今年の干支は」というときには「未(ヒツジ)」だとか「申(サル)」だとかというだけでなく十干との組み合わせでいうのが正しいのです。全部で60通りあります。

十干と十二支の最小公倍数は60になりますからね。生まれた年と同じ干支になるのは60歳のときということになります。だから60歳のことを還暦(暦が還る)というのですね。

恵方からちょっと話が脱線してしまいましたが、どうして恵方の話から干支が出てきたかというと干支は時刻や方角、角度をあらわすときにも使われるからなです。

干支と恵方巻きを食べる方角の関係は?

十二支で方角を表すときには北が子(ね)、南が午(うま)、東が卯(う)、西が酉(とり)。でも方角というのはもっとこまかく分かれていますよね、南東とか北西、南南東とか北北西とか。

十二支に丑寅(艮)、辰巳(巽)、未申(坤)、戌亥(乾)を加えて16になって、この16に十干の戊(つちのえ)と己(つちのと)を除いた8つを合わることで24の方角が表せるようになるのです。

どうして方角を表すときに戊と己を除くかというと、このふたつは五行の土に当たるのですが、土は中心になるからなんだそうです。

干支を使うと北北東とか東北東とか南南西とか西南西とかかなり細かく表せるというわけです。

で、ちょっとここで豆知識。地図で北と南を結ぶ線のことを子午線といいますよね。あれは北の子(ね)と南の午(うま)を結んだ線だからなのですよ。

節分に恵方巻を食べる習慣は昔からあった?

恵方巻の起源にはいくつかの説があるようですが、だいたい一致しているのは関西が発祥の地らしいってこと。

北海道で生まれ育った私は小さいころには恵方巻なんて知りませんでした。関東に少しの間いたこともありましたが、そのときも知りませんでした。夫の転勤で関西に住むようになって初めて知りました、節分には恵方巻って。

全国的に広まる前から関西ではもともとあった風習だったのですね。

バレンタインやホワイトデーみたいにどこかの企業が商業的に仕掛けて華々しく全国デビューとなったようです。某コンビニが「恵方巻」という名前をつけて売り出したからという話も聞いたことがありますが、ほんとうでしょうか。

でもいつの間にか節分時期になるとどこのスーパーでもデパ地下でもコンビニでも恵方巻が売られるようになりましたね。もちろん、家でもいろいろアレンジして作れますよ。

さて、恵方巻、あなたは買ってくる派?手作り派?どちらにしてもその年の恵方を向いて丸かじりしちゃいましょう!

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。