チャイルドシートの選び方、軽自動車の場合|車種別適合表を確認

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
考える夫婦

赤ちゃんが生まれるときにはいつチャイルドシートを買えばいいのでしょう。また既にチャイルドシートがあるご家庭では、チャイルドシートを正しく使っているでしょうか。今回はチャイルドシートの選び方や設置のしかた、軽自動車に合うチャイルドシートなどについてまとめてみました。

Sponsored Links

チャイルドシートは何歳から何歳まで必要なのでしょう

チャイルドシートは万が一乗車中に事故にあったときに赤ちゃんや幼児を守るためのものです。

2000年4月1日から新生児から6歳未満の子どもを自家用車に乗せるときには必ず設置しなくてはいけないと道路交通法で義務付けられました。

チャイルドシートの着用を怠ると、「幼児用補助装置使用義務違反」として、罰金はないものの交通違反の点数が1点付けられます。

違反点数は1点ですが、チャイルドシートなしに乗車させるということは赤ちゃんや幼児を危険にさらすことになります。

小さい子を乗せるときには必ずチャイルドシートを使用しましょう。

赤ちゃんが病院で生まれた場合には車に乗せて家に帰るそのときからすでにチャイルドシートが必要になります。

バスやタクシーで帰る場合はチャイルドシートの装着は免除されていますが、自家用車を使用するのであれば、出産前に準備をしておかなくてはいけません。

また子どもがチャイルドシートを嫌がるからなどの理由でチャイルドシートを使用していない家庭もあるようですが、子どもの安全を考えるといいとはいえませんね。

チャイルドシートを使用しなかった場合の死亡重症率は使用者の2倍以上になっているという統計があります。

Sponsored Links

軽自動車の場合のチャイルドシートの選び方

最近の軽自動車はずいぶん車内が広くなりました。

とはいえ、チャイルドシートはものによっては大きなものもあるので、そのようなチャイルドシートを使うとずいぶん場所を取られてしまいます。

また、回転式になっているチャイルドシートは軽自動車の狭い車内では回転しにくいでしょう。

チャイルドシートの種類によって適合車種があります。

車内のスペースを確保するためにも購入前に必ず車種別適合表を確認し、車のシート幅に合っている軽量でコンパクトなものを選びましょう。

また6歳未満のお子さんが2人いる場合は2台のチャイルドシートが必要になります。

2台共後部座席に設置したほうがよく、助手席には設置しないほうがいいでしょう。

助手席にチャイルドシートを設置すると、隣の子どもの様子が気になり、運転に集中できないおそれがあります。

また、万が一事故にあったときには助手席は後部座席に比べて危険度が高いのです。

エアバックが付いていても事故時エアバックが飛び出した衝撃で子どもを危険にさらすことになりかねません。

子どもの安全を第一に考えてチャイルドシートを選び、正しい位置にきちんと設置しましょう。

Sponsored Links

チャイルドシートの種類

チャイルドシートは年齢や体の大きさなどに合わせて6種類に分けられます。

新生児用(新生児~1歳前後まで)

首がすわっていない赤ちゃんのためのチャイルドシートです。

寝かせたり、深くリクライニングできるようになっています。

後ろ向きと横向きがあります。

またチャイルドシートとしてだけではなく、キャリーやバウンサーとして、さらにベビーカーとドッキングできるものもあります。

幼児用(1歳~4歳前後まで)

首がすわり一人で座れるようになった子ども用です。

前向きに座るようになっています。

学童用(4歳~10歳前後まで)

子どもが車のシートに直接座るとシートベルトの位置が合わないので、座面を高くしたり、背もたれの位置を調節してシートベルトが合うようにするためのチャイルドシートです。

新生児、乳児、幼児兼用(0歳~4歳前後まで)

前向きにも後ろ向きにも取り付けらるようになっています。

幼児、学童兼用(1歳~10歳前後まで)

いろいろな年齢の子どもが使えるので便利です。

新生児、幼児、学童兼用(新生児~7歳前後まで)

これ1台で全ての使用義務期間に対応できます。

Sponsored Links

チャイルドシートを選ぶときに気をつけることは

安全基準を満たしているチャイルドシートには「E」のマークがついています。

チャイルドシートは大切な子どもの命を守るものです。

Eマークがついている安全基準を満たしているチャイルドシートを選びましょう。

また、車によって設置できるチャイルドシートも変わってきます。

いくら安全基準を満たしていても、チャイルドシートはきちんと取り付け、正しく使用しないと十分に効果が発揮されません。

チャイルドシートは車に適合したもの、子どもの年齢や月齢、そして子どもの体格に合ったものを選び、正しく設置して使うようにしましょう。

>新生児を車で移動|チャイルドシート取り付け時の注意点とは

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。