NHKおかあさんといっしょに応募、当選、収録までの流れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
2歳の男の子

幼い子に大人気のNHK教育テレビ「おかあさんといっしょ」のスタジオ収録に、我が子を出演させたいというママも増えています。子供にも親にとってもいい思い出になるし、出演できる年齢も決まっていてチャンスが限られているからこそ、出演させてみたいという気持ちも強くなりますよね。そこで今回は、「おかあさんといっしょ」の応募から収録までの流れをまとめてみました。

Sponsored Links

NHKおかあさんといっしょに応募しよう!

「おかあさんといっしょ」のスタジオ収録に参加するには、まずは収録応募に申し込まなければなりません。

申し込みをすると抽選が行われ、抽選の結果、当選すると収録に参加できるという流れになっています。

申し込み条件

スタジオ収録の申し込みにも条件が合って

  1. 申し込む月の子どもの年齢が3歳の誕生日を迎えた月から4歳の誕生日を迎える月の間であること
  2. NHKネットクラブのプレミアム会員になっていること

この2つをクリアしていなければなりません。

NHKネットクラブのプレミアム会員は、NHK受信料を支払っている家庭なら簡単に申し込みができます。

無料で申し込みができ、ネットの専用サイトにアクセスして必要事項を入力して登録すれば手続きは完了です。

応募方法と当選結果

スタジオ収録への申し込みはまず、NHKネットクラブのサイトから「おかあさんといっしょ」スタジオ収録応募ページにアクセスします。

そこで、住所や氏名などの必要事項を打ち込んで送信すれば、申し込みは完了です。

抽選結果は申し込み期間終了からだいたい2週間後位にメールで通知されます。

当選の場合はハガキで収録時間や集合場所、服装などのお知らせがきます。当選から収録までの間は、少し余裕があって収録日はだいたい2ヶ月後になっています。

Sponsored Links

収録当日

収録日はほぼ平日の昼間の時間帯になっていますが、時間は3パターンに分かれています。

実際の収録には、色々と決まりがあって、例えばキャラクターやブランドのロゴなどが目立つような服、下着が見える服はNGとされています。

スタジオ収録への付き添いは1人までですが、他の大人がいっしょに行った場合にはスタジオパークから収録の様子をみることができます。

当選倍率はどれくらい?

全国放送されていて、子どもに大人気の番組だけあってスタジオ収録への応募は1回の募集期間1ヶ月間で、約2万通もあるようです。

当選する人はほんの少しなので、倍率はかなり高いと言えます。

年齢も限られているので応募できる回数もわずか13回ですが、毎月あきらめず応募し続けて、やっと当選したという人もいるので、やはりできるだけ毎月続けて応募することが高い倍率の中で当選するためには重要です。

一生の思い出に「おかあさんといっしょ」の収録に応募してみてはいかがでしょうか?

Sponsored Links

また、「おかあさんといっしょ」を生で見るにはテレビの収録に参加する以外にスペシャルステージとファミリーコンサートに観に行くことができます。

それぞれの応募方法は以下のページを参考にしてください。

 おかあさんといっしょのスタジオ収録に参加しました!

実際にスタジオ収録に応募して当選した方にどのくらい応募したか、収録当日の様子、またこれから応募する人へのアドバイスを聞いてみました。

りんママさん

NHKネットクラブの会員登録後にインターネットで申し込んで、2015年6月の収録に参加することができました。

おかあさんといっしょのスタジオ収録は大人気ですごく競争率が高いと聞いていましたが、なんと1回の申し込みで当選!

知人は何回応募しても当たらないようなので、私の場合はまぐれだったのかもしれません。

最初から最後までずっと楽しそうにしてました。

私は当日道に迷ってしまい、集合時間ギリギリとなってしまいました。

道に不慣れな方は、前もって下調べをしておいた方が絶対にいいです。

Sponsored Links

ラテママさん

2005年5月に長男が参加し、2009年5月に長女が参加させていただきました。

応募は誕生日を迎えた月から毎月葉書を送り続けました。長男の時は6回目、長女の時は7回目くらいの応募で当選できました。葉書の書き方は特に工夫したりせず、普通の字で必要事項だけを書きました。

スタジオでは、長男は恥ずかしがり屋なのであまり私から離れず、少ししかテレビに映れませんでしたが、長女はとても楽しむことができ、たくさんテレビに映ることが出来ました。

おにいさんとおねえさんはとても優しく、収録後の記念写真撮影で、長男が収録中あまり私から離れなかったので、おねえさんが抱っこして写ってくれました。

子どもが不機嫌にならないように、収録前に軽く何かを食べさせておいたり、トイレを済ませておいたり、色々と気をつかいました。体調を整えておくことも笑顔で参加できるために必要だと思います。

terukaさん

長女が3歳の時に、NHKの「おかあさんといっしょ」とBS「おかあさんといっしょ」に出演しました。

往復はがきで3歳になる月から毎月応募して、3度目くらいで当たりました。ゆうぞうお兄さんとしょうこお姉さんの時だったので写真撮影が出来ました。

収録中は、とても楽しそうでカメラにきちんと写れるように前の法に!と言うのをレクチャーしていたので放送時にもたくさん映ることができました。

次女も3歳になったと同時に毎月往復はがきで応募しました。こちらはギリギリの11回目くらいでの当選でした。

たくみお姉さん、だいすけお兄さんは写真撮影NGでした。

とても楽しそうでしたが落ち着きがなくハラハラして見ていたら、なんとまゆお姉さんの目に止まり、「ゴッチャ!」に選ばれまゆお姉さんと2人で踊ることができました。

当時はお土産があったのでエコバックがあったらいいと思います。(お土産はTシャツとビデオでした)。収録スタジオへは渋谷から歩いたので、帰りは子どもが疲れていて少し大変でした。

Sponsored Links

ハロさん

三年前の参加しました。NHKの番組のホームページから応募しました。割と簡単に応募して当たりました。

スタジオ収録中は子どもは大好きなキャラクターが出てきたり、好きな歌をお兄さん、お姉さんが歌っていたので終始楽しそうでした。

また、ゲームみたいなことや手遊びなどあったので喜んでいました。

応募する際は子どもが歌が好きだったり、好きなキャラクターがいるとアピールすることをハガキに書けば良いと思います。キャラクターグッズがあれば持参した方が良いです。

マミママさん

去年の6月8日の収録に参加することができました。

応募は、NHKのホームページからしたのですが、事前に当たりにくいと聞いていたので、子どもが3歳になったと同時に応募を始めました。なかなか当たらないなと思っていたら6回目で当たりました。

収録当日、始めはスタジオの独特な雰囲気に圧倒されたのか、全く楽しめていなかったのですが、お兄さん、お姉さんが優しく声を掛けてくださったので、本人も徐々に慣れていったようでした。

知っている歌、体操が出てきてからは、完全に楽しんでいました。

チャンスは1年間(3歳になる月から4歳になる月まで)なので、諦めずに応募し続けてください。

スタジオの雰囲気に慣れないまま、収録に参加も出来ないお子さんも何人かいました。

カメラ、携帯、音の出る物は禁止なので、それ以外で、気を紛らせてあげられる物があると良いかもしれません。

集合場所が分かりにくいので、スタジオパークの真裏になるのだと思うのですが、特に車だとなおのこと、早めに着いていると安心です。

Sponsored Links

greenさん

3歳の息子と2016年の4月10日のスタジオ収録に参加しました。

私はインターネットから応募したのですが、4度目の応募で当選できました。

収録前はスタジオの雰囲気に子どもが慣れるか心配でしたが、収録中子供はずっとキグルミに夢中で、楽しんでいました。

また、他の子どもたちと何気なくおもちゃのやりとりをしたりしてました。

一緒に収録に参加した方のお話をお聞きすると一回で当選できた方もいます。

年齢に制限があるので、ほとんど運が必要かと思います。NHKで働いている方のコネがあれば多少融通が効くと聞いたこともありますが・・・。

ツクツクさん

おかあさんといっしょの収録が当選したのは、今小学五年生の娘が幼少のときのことでした。

今から6、7年前でしょうか。今のお兄さんお姉さんではなく、まだしょうこおねえさんとゆうぞうおにいさんがいたころですね。

ハガキで何度も応募してて、やっと当選しました。でも、周りの友達の中では、すぐに当選している子もいたりしました。

うちの子は内弁慶だったので、収録楽しんでくれるかな?と心配でしたが、ゆうぞうおにいさんが以外と気さくで、収録が終わってからも一緒に遊んでくれました。とても楽しかったようです。

ただ、収録現場までがうちから遠かったので、子供を愚図らないように連れて行くのが大変でしたので、おやつなどを多めに持っていくと良いと思います。

Sponsored Links

とっぽさん

娘が3歳10カ月の頃に収録に参加することができました。私の場合は携帯サイトから応募しました。

3歳の誕生日月から毎月こつこつと、サイトにて応募し続け、やっと当選しました。

他の方の口コミ等見たらなぜか3歳10カ月頃が当たりやすいとありましたが、本当でした!

収録するのにちょうどそのくらいの子供が適しているからなのでしょうか?

撮影当日、長野から行くため午後収録でしたが、朝一出発しました。早めに着いたけど、NHKの中を遊びながら見て回れたので、楽しかったです。

そして、収録中キャラクターが娘の隣にきてくれたのがうれしかったようで、歌をうたう間も触っていました。笑

一つ失敗したのは、服装。春の収録だったので、長袖をきていましたが放送した日は少し暑くて、どうせなら半袖を着せてあげたかった……

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。