幼稚園に入園する年齢は?2年保育と3年保育の違いとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
2歳の男の子

保育園は園によっては乳児期から入園することもできますが、幼稚園は入園年齢が決まっています。年少、年中、年長、3年保育、2年保育、1年保育などという言葉を聞いたことがあるかもしれません。幼稚園について入園年齢を中心にまとめました。

Sponsored Links

幼稚園に入園できる年齢とは

小学校に入る前の子どもたちが通うのが保育園や幼稚園です。子供が生まれて成長するにつれ、うちの子は幼稚園?保育園?入園するのは何歳からになるのかなと思うことがあるかもしれませんね。

保育園は厚生労働省管轄の福祉施設ですが、幼稚園は文部科学省管轄の教育施設です。

最近では、幼稚園と保育園両方の機能を備えた認定子ども園もあります。保育園は園によっては乳児から入園できるところもありますが、幼稚園の場合は学校教育法で満3歳からとなっています。

幼稚園は年度によって年が区切ってあるので、入園式を迎える4月の時点で、3歳の誕生日を既に迎えている子どもは入園することができるというわけです。

> 幼稚園と保育園はどっちがいい?費用や親の負担の違いは?

3年保育はママの負担が大きくなる?

幼稚園は満3歳児が入る年少、満4歳児が入る年中、満5歳児が入る年長というように年齢ごとでクラス分けがしてあります。

3年保育にすると、まず年少クラスからスタートするので満3歳からの入園となります。

満3歳での入園なので親離れしにくい子もいて登園をしぶる場合もあります。

やっとの思いで送り出したと思ったら園によってはすぐに帰ってくることもあり、3年保育の場合には母親の負担が大きくなることがあるかもしれません。

4月生まれの子は入園してすぐに4歳になりますが、1~3月生まれの子は翌年になってやっと4歳になります。

このころの1年の差はいろいろな部分で結構大きいかもしれませんね。それでもきめ細かくお世話してくれる園であれば心配はいらないでしょう。

Sponsored Links

2年保育のメリットとデメリット

2年保育にするなら年中クラスに入るので、入園年齢は満4歳からとなります。

2年保育だと1年長く家で子供と接することができますね。また、1年間分の保育料がかからないのでその分経済的な負担が少しは減ります。

ただ、2年保育だと近所で同じ年の子が先に幼稚園に入園してしまい、遊び相手がいなくなってしまうというようなことも出て来る場合もあります。

3年保育で入った子供やお母さん同士ですでにグループができてしまうと、途中からでは入りにくいということもまれにあるかもしれません。

2年保育と3年保育とでは集団生活の期間が1年違ってくるわけですが、だからといって卒園時に成長面での差はないようです。

Sponsored Links

未満児保育とは?

最近では年少よりも下のクラスがあって満3歳の誕生日を迎える年度の4月からまだ2歳のうちから入園したり、3歳になった翌月から入園できるシステムもあります。未満児保育といいます。

未満児保育のメリット

2歳のうちからの入園や年度の途中から登園するのは、まだ早すぎるかな?と思うお母さんもいるかもしれません。

最近は共働きが多く早くから保育園に入れることもあって、子ども自体が少ない上にまわりにいっしょに遊べる子どもがいないこともあるでしょう。

早くから入園すると経済的負担がありますが、まわりにいっしょに遊べる子どもがいない場合には早めに入園すると同年齢の子たちといっしょに遊ぶ機会も増えます。

また年長のおにいさんやおねえさんたちがいるのでいい刺激になるでしょう。

兄弟が多くて母親ひとりに育児の負担が大きい場合には短い時間でも幼稚園に行ってくれていると助かるでしょう。また保育園入園が難しい場合には、未満児保育があると職場復帰するお母さんは助かりますね。

Sponsored Links

預かり保育

最近では幼稚園によっては正規の保育時間よりも延長して子どもを見てくれる園もあります。

預かり保育を実施している園では夏休みや冬休みなどの長期休暇のときも預かってくれるところが多いでしょう。

日ごろは預かり保育がある園でも、行事の前後、新学期開始後の午前中保育のとき、長期休暇中の一時期などは預かり保育がない場合もあるので入園前に確認しておくといいですね。

家庭の事情も考慮して

最近では3年保育、つまり年少から幼稚園入園というのが主流のようですが、各家庭でそれぞれの考え方もあるでしょうし、子どもの性格などもあるので何年保育が最善かということは一概には言えません。

最近は月に1回ほど未就園児の集まりを企画している幼稚園も多いので、園の雰囲気を知るために近所の幼稚園の未就園児の集まりに参加してみてはいかがでしょう。

また、外来者にもオープンになっているバザーや運動会などの行事に参加してみて園の様子や雰囲気を実際に感じてみるのもよいかもしれません。

いくつかの園の様子を実際に見て、子どもの性格や家庭の事情などもかんがみて何年保育でどこの園に入れるか検討してみるとよいでしょう。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。