2歳の子に必要な食事の量|ご飯を食べてくれない時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
2歳の女の子

2歳児になると、自分の食の好みがはっきりと出てきます。「おやつばかりよく食べる」「ご飯を食べてくれない」など、食事に関することで悩んでいるおかあさんはたくさんいます。今回は、2歳の子の適切な食事量、食べないときの工夫などについてまとめてみました。

Sponsored Links

2歳児の食事の量はどれくらい

2歳といえばは何でも「いやいや」する時期だったり、まさに反抗期の真っ只中といったころでしょう。

食事を食べるのにも「いやいや」が出てしまい、親が思うようにたくさんの量を食べてくれないことはよくあります。

また、完食してくれないので毎回ちゃんと必要な栄養が取れているか心配というおかあさんも多いようです。

栄養学上でいえば2歳の子が摂取した方がよいと言われている食事の量は決まっています

カロリーで言うと男の子は1000キロカロリー、女の子は900キロカロリーです。

1000キロカロリーや900キロカロリーと言われても、それが実際にはどれ位なのか把握できないおかあさんは多いでしょう。

具体的にいうと、20代~40代の女性が摂取すべきカロリーが2000キロカロリーなので、2歳の子は大人の女性、つまりおかあさんの食べる量の半分くらいは食べた方がいいということですね。

Sponsored Links

実際の食事量は?

2歳児の一日の食事量を具体的にあげてみると、

  • 主食としては子ども茶碗1膳程度のご飯と8枚切の食パンを1枚ぐらい
  • 主菜としては肉や魚を30g、卵1個分
  • 副菜として緑黄色野菜や淡色野菜を合わせて80g
  • 牛乳をコップ1杯
  • 油脂も適当に摂取できるように
    極端に油が少なくならないように、また摂り過ぎないようにしましょう。

2歳児があまり食べない理由

大人の女性の食べる量の半分と聞いて、「やっぱり足りてない!」「食べムラがあるので基準量まで食べているかわからない」と悩むおかあさんもいるかもしれません。

2歳ころの子どもは、食事以外にも興味があることが多く、大人の思う通りに食べてくれることはほとんどありません。

また、2歳くらいの子は、「いやいや」という意志は伝えられても、おかあさんの言葉を正確に理解できないので、「きちんと食べなければならない」ということがはっきりとは分かりません。

結果的に子どもの「いやいや」という時間にはごはんを食べてもらえず、必要量の食事を与えているのに、食べてくれないこともあるでしょう。

Sponsored Links

食事量より栄養量を意識しよう

思うように食べてくれない場合は、ただ食べさせるのではなく、栄養面に重点を置いて考えると良いでしょう。

バランスの取れた食事をするのが一番ですが、なかなか思うように食べてくれませんね。

そんなときは、2歳ころの子どもが取るべき栄養素として、特にこの頃に必要なタンパク質やカルシウムなどが不足しないようにするなど、栄養について考えながら食べさせたり、飲ませたりするようにしましょう。

同じようにカロリーを摂るにしても、例えば1000キロカロリー食べていても、ビタミンが不足したり、カルシウム量が足りないなど栄養バランスが偏っていてはあまり意味がありません。

食べる量が少ない子には、「これなら食べられる」というものを見つけて、栄養が偏らないようにバランスのとれた食事内容になるように気を配ってあげてください。

食べてくれないことを悩んでいても、子どもは期待通りに改善してくれるわけではありません。

食が細い子は3食に限らず子どもが食べる気になったときを逃さないようにするなど、工夫してみましょう。

午前、午後2回の間食も入れて一日5回食として考えるのもよいかもしれません。間食=おやつ(お菓子類)ではなく3食で足りない分を間食で補うようにするのです。

「3食きちんと食べる」ことや「何カロリー食べる」といったことにこだわりすぎると、おかあさんが精神的に疲れてしまいます。

一食ごとの食事量や栄養バランスを気にし過ぎないように、例えば1週間トータルでみたときはどうかなど週単位で調整するようにしましょう。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。