虫垂炎の手術費用はどれくらい?投薬だけで治る場合とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
寝込む女の子

虫垂炎とはいわゆる「盲腸」のことです。急激に症状が悪化するものを「急性虫垂炎」といいます。大人だけでなく子どももかかる病気なので病気について小さいお子さんがいるおかあさんも知っておいた方がいいですね。今回は、虫垂炎の手術費用や原因と症状についてまとめてみました。

Sponsored Links

虫垂炎の手術費用と入院期間

急性の場合、手術が必要になることが多く、開腹手術になるので入院しなければなりません。

手術費用はおよそ2万円から3万円、経過をみるための入院が1週間ほどで入院費用は6万円から10万円となります。虫垂炎にかかりやすいのは、10歳代の子どもです。

2歳以下には稀な症状といわれていますが、大人になってから虫垂炎にかかる人も多いようですので、全年齢でかかる可能性のある病気であるともいえます。

医療費助成制度を利用しましょう

子ども医療費助成制度を利用すれば手術・入院費用が全額控除されることもあります。

自治体によって助成制度を利用できる子どもの年齢や助成制度の内容も異なるので、住んでらっしゃる自治体の健康福祉課、子育て支援課などに相談してください。

また、高額医療費助成制度はご存知でしょうか。同じ月の医療費の自己負担額が高額になった場合、一定額を超えた分が後から返ってくる制度です。自己負担限度額は年齢や所得によって異なります。

詳細については加入している健康保険の窓口で確認されるといいでしょう。虫垂炎の手術であっても払い戻しがあることもあります。

ただし、同じ月の医療費なので、トータルで自己負担限度額を超えていても月末から月初めにかかった場合には払い戻しが行われないこともあります。

手術・入院が同月内に行われるように調整できるといいですね。

Sponsored Links

虫垂炎の原因は?

虫垂炎とは右下腹部にある大腸の先端部分にある虫垂に化膿性の炎症が起こる病気のことです。

虫垂炎の原因については未だにはっきりとは分かっていません。細菌、ウイルス、アレルギーによるとも言われています。

また、便の固まりや異物が虫垂に落ちてしまったりして何らかの原因で虫垂がふさがって炎症を起こしてしまうこともあります。

過労やストレスなどでも起こるとも言われており、虫垂炎の原因ははっきりとは特定されていません。

虫垂炎の症状とは?

原因不明の腹痛が続いている場合には慢性虫垂炎の疑いがあります。虫垂炎の改善と悪化が繰り返されている状態です。一方、いわゆる「盲腸」というのは急性虫垂炎のことを指します。

痛みが移動する

急性虫垂炎の症状は人によって異なりますが、初期症状として現れてくるものとしては腹痛や嘔吐、発熱などがあります。

腹痛といってもお腹が痛くなるというよりも最初は胃やみぞおちのあたりが痛みます。そして、半日~2日ぐらいすると痛みが右の下腹部に移動するのが大きな特徴です。

最初の胃や腹部の痛みを「単なる違和感」として放置しておくと、やがて痛みは下の方へ移動していきます。

痛みの移動の有無で診断できるともいわれるほどこの病気の大きな特徴なので覚えておいてください。

下腹部が痛み始めたときにはすでに虫垂は炎症を起こしてしまっています。このままこの状態を放置しておくと歩くのが難しくなるほどの強い痛みへと進んでいきます。

横になるのも辛く、足を曲げるような態勢を取ってしまうようなときは一刻を争う状態です。すぐに病院を受診してください。

Sponsored Links

初期段階の場合は投薬だけで済むことも

急性虫垂炎の治療として「薬で散らす」ということを耳にされたことがあるでしょう。抗生物質を投与することで虫垂の炎症を緩和させる方法です。

症状が軽いうちに受診すれば抗生物質の投与で治療が終わります。点滴での投与になることと食事をすると腹痛がひどくなることがあるので抗生物質の投与の場合も入院することが多いようです。

以前は、どの段階でも虫垂炎と診断されれば即手術となり切除していましたが、現在では初期段階であれば投薬で様子を見ます。

その後様子を見て症状が治まらない場合には手術になります。

強い痛みで歩行が困難になっている時には虫垂は炎症がすすみ破裂寸前です。

破裂してしまうと腹部内に出血し命にかかわることもあります。破裂を止めるために、強い痛みの出ている場合には開腹手術で虫垂を切除します。

最近では腹腔鏡手術を行う病院も増えてきましたが、この方法の場合は開腹手術に比べて費用が10倍ほどかかるといわれています。

しかし、開腹手術に比べて傷の範囲が狭いため、入院日数は3日から5日と短くなるので入院費は抑えられます。

虫垂の重要な役割

以前は虫垂は「無用の長物」と思われてきました。あっても役に立たない必要がないものと思われてきた虫垂ですが、最近になって虫垂は重要なものであると認識されてきています。

虫垂は腸内細菌のバランスを保つために腸に免疫細胞を供給しているのだそうです。虫垂はお腹の健康を保つ重要な働きをしているのですね。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。