子供のバレエの発表会の費用はどれ位?先生へのお礼は必要?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
バレリーナ

子どもの習い事には色々ありますが、人気のある習い事の1つにバレエがあります。子どもにバレエを習わせている親御さんにとって、一番の楽しみは発表会ではないでしょうか。バレエは通う教室によって月謝やプログラムが様々ですが、発表会に掛かる費用も大きいと言われています。ここでは、発表会に掛かるお金事情を中心に見ていきましょう。

Sponsored Links

子どものバレエの発表会はどれくらいの費用が掛かる?

バレエを習う場合には、入会金や月謝、バレエ用品の代金などが掛かります。

しかし、一番お金が掛かるのは発表会だと言われています。一体いくらくらい掛かるのでしょうか。

一般的には10万円以上、または15万円以上などと言われていますが、どのような内訳になっているのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

まずは教室の種類を知ろう

バレエ教室には、バレエ団のスクール、個人の教室、カルチャースクール、スポーツクラブなど、色々な種類があります。通うスクールによって学べる内容や掛かる費用は異なります。

カルチャースクールやスポーツクラブが運営するバレエ教室の場合には一般的には発表会は行いません。通常のレッスンが中心となります。

一方、バレエ団のスクールや個人の教室では発表会が一大イベントとなるので掛かる費用も大きくなります。

Sponsored Links

発表会に掛かるお金の内訳は?

バレエの発表会に掛かる費用は平均で15万円~20万円前後と言われています。その内訳を見てみましょう。

バレエの発表会にかかる費用としては申込み代金、衣装代、会場代、撮影費用、ゲストダンサーの費用、パンフレット代など多岐にわたります。

チケットや先生へのお礼

個人の教室の場合はそれほどの金額にはなりませんが、大きなバレエ団の場合はより本格的な舞台となるのでどうしても費用は大きく掛かってしまいます。

まとまった枚数のチケットをさばかなくてはいけないという教室もあります。

また、先生へのお礼も必要です。発表会に向けて特別にレッスンを増やしてもらうこともあります。その場合は、きちんとお礼を渡すようにします。

衣装はオーダー?レンタル?

たとえば、舞台衣装の代金はどのくらい掛かるのでしょうか。

何曲も踊る場合やソロパートがある場合はそれぞれに衣装が必要になります。

衣装はオーダーの場合もあればレンタルの場合もあります。どちらにするかで個人個人で掛かる代金は大きく違ってきます。レンタルの場合であれば多少は安く済むでしょう。

指導の費用もかかる?

発表会用の振付費用のほかに、特別に指導が必要な場合にも振付費・指導料などがかかってきます。

ゲストダンサーの費用は?

また、ゲストダンサーの費用も様々です。特にゲストダンサーと一緒に踊る場合、その子どもの親が費用を負担するケースが多いようです。

さらにはソロパートをもらった場合にも別途に費用が掛かってきます。

Sponsored Links

発表会の費用は?

結局、子どものバレエの発表会の費用というのはどのくらいかかるのでしょう。

1回の発表会に10~15万円くらいかかるのは普通のようです。

まず、基本参加費用というのがあってそれは発表会に参加する子どもは全員が払います。

基本参加費用の金額に関してはおそらく発表会に参加するかどうかの確認書のようなものといっしょに渡されるでしょう。

その後、ひとりひとり異なる費用があるので発表会間際になって請求される場合が多いようです。

実際にいろいろと進んでいかなければどのくらいかかるのかが明確にはわからないことが多いからです。

ひとりひとり異なる費用の内訳としては上記にも示したように衣装代、指導費、ゲストダンサーの費用などがあります。

これらの費用は発表会間際にならないとわからないことが多いので、これまで同じ年代で参加した子どものおかあさんにどのくらいかかったかを事前にお聞きしておくといいでしょう。

まるっきり同じということはなくあくまでも目安にしかすぎませんが、後日請求される費用がどのくらいか心づもりをしておくことができますね。

バレエの世界にはバレエの世界での「当たり前」のことがあります。発表会にかかる費用の内訳などが明確になっていない教室も多いようです。

発表会に参加するのに実際にはどういった内訳でどのくらいかかるのかについては、前からその教室に通っている子どものおかあさんにいろいろと話を聞いて発表会前に情報収集をしておきましょう。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。