パンパースの新生児用はいつまで?1ヵ月に必要な枚数は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
裸の赤ちゃん

オムツの代表格といえるパンパース。新生児のころはおかあさんも動けないのでまとめ買いをしておいたほうが便利です。体重によって使用サイズが異なりますが、新生児用パンパースはいつごろまで使えるのでしょうか。今回は赤ちゃんの体重増加の目安とサイズアップの時期についてまとめました。

Sponsored Links

パンパースの新生児用はいつまで使えるの?

赤ちゃんのオムツといえばパンパースが人気ですね。

産後はおかあさんの体もまだ回復していないし、新生児がいるとなかなか買い物の時間が取れませんね。

ドラッグストアなどのセールの時にパンパースの新生児サイズをまとめ買いしておくというおかあさんは多いようです。

ただ、新生児用をたっぷり購入しても使える期間は限られていて、赤ちゃんによっては割と早くサイズアップしてしまいます。

パッケージにある表記を見ると使用体重が5㎏までとなっているので、新生児用のパンパースは赤ちゃんの体重が5㎏になるまでは使えるということになりますね。

新生児が5㎏のなるのはいつごろ?

一般的に、赤ちゃんは2㎏から3㎏前後の体重で生まれます。

その後母乳やミルクを飲んで、どんどん体重が増え、5㎏になるのは大体生後1ヶ月から2ヶ月頃だとされています。

ですから、パンパースの新生児用が使えるのは生後1ヶ月から2ヶ月頃までとなるでしょう。

もちろん赤ちゃんの体重には個人差があるので、小さめに産まれた場合は体重が5㎏になるのに3ヶ月位かかることもあります。

また、逆に大きめに産まれた赤ちゃんの場合には生後1ヶ月にならないうちに5㎏になってしまうこともあります。

一概には言えないので、一般的な目安として参考にしましょう。

Sponsored Links

オムツサイズは体重だけが判断基準ではない?

オムツのサイズアップのタイミングは体重だけではなく、体型で判断するというお母さんもいます。

オムツの両サイドのテープをとめる時に、一番外側の目盛りにしかテープが届かなくなったら、赤ちゃんのお腹回りが太くなったサインです。

参考までにあるアンケートによると、パンパースの新生児用オムツをサイズアップしたのは、生後1ヶ月が最も多く、次いで生後2ヶ月です。

後は体重の増え方や体型の変化にはかなりの個人差があるため、サイズアップの時期は生後2週間から生後3ヶ月とかなり幅があります。

体重だけでなく体型によってもサイズアップの時期が異なるからなのですね。

5㎏未満でも新生児用が小さいことも

太ももにオムツの跡がつきはじめたらサイズアップの時期でしょう。

またオムツをしていてもお尻がはみ出そうになっていたり、うんちやおしっこが漏れて肌着を汚す回数が増えたら、新生児サイズが小さくなってきたと言えますね。

もし体重が5㎏未満であってもお尻や太もも、お腹回りが太く大きくなってきていたらサイズアップの時なので、オムツを当てたときにチェックしてみましょう。

また、メーカーによってもオムツの大きさは多少異なります。

グーンやGENKIの新生児用オムツなどは、少し大きめの作りになっているので体重5㎏を超えても、赤ちゃんの体型によってはもうしばらく使えるかもしれません。

新生児用は最初のうちだけにしてある程度体重が増えてきていれば早い時期からSサイズに変えるおかあさんもいるようです。

> 紙おむつのSサイズはいつまで使える?変えるときの4つポイント

Sponsored Links

1ヶ月で必要なオムツの枚数は?

生後1ヶ月でのサイズアップを目安とした場合には、1日大体8回から10回程度オムツ交換を行うので次のサイズまで大体240枚から300枚程度は新生児用オムツが必要という計算になります。

ただし、これは1ヶ月でサイズアップするときです。2ヶ月ぐらいまで使えるとしたらその倍の枚数は必要になりますね。

赤ちゃんが大きくなってしまいサイズがあわなくなるとそのサイズの紙オムツは使えなくなります。

ネットなどで箱でまとめ買いをするとかなりお得感がありますが、残ってしまうともったいないですね。

ある程度大きくなってしまえば同じサイズの紙オムツでも長い間使えますが、新生児用に関しては赤ちゃんの成長状況によって使える期間が前もってよくわからない場合が多いかもしれません。

新生児用を多く買い過ぎて残ってしまうともったいないので、特に箱でまとめ買いする時などは必要枚数を考えたほうがいいでしょう。

まとめて買って余らせてしまうよりはこまめに買い足すほうが安上がりになる場合もありますね。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。