ホルモンバランスの乱れにはルビーナがいい?更年期の症状を緩和できる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
悩む女性

50歳前後になるとホルモンバランスが大きく変動するのでいろいろな症状が出てくることがあります。いわゆる更年期障害ですね。こうした症状の緩和に漢方が処方されることがありますが、そのうちのひとつルビーナについてまとめてみました。

Sponsored Links

ホルモンバランスの乱れによる不調とは

年齢と共に女性には4つのステージがあります。だいたい50歳前後で閉経を迎えますが、この時期をはさんで45~55歳を第3のステージである更年期といいます。

ただし、閉経年齢には個人差があるので更年期は早い人では40歳前後で始まる場合もあります。

40代になって生理の間隔や日数が短くなったり、出血量が変化したりしきたら更年期に入ったサインととらえましょう。

その後、間隔が長くなったり出血量も増えたり減ったりいろいろな不順が起こります。

生理が停止して1年経つと閉経と言います。

閉経にともなって卵巣の働きが衰えてきます。すると、卵巣から分泌されるエストロゲンという女性ホルモンが急激に減少し、ホルモンバランスが崩れて心身に不調があらわれてくるのです。

エストロゲンによってからだのいろいろな機能が調節されていたのですが、エストロゲンが減ることによってそれがうまくいかなくなってしまうのですね。

このようなホルモンバランスの乱れによる不調で日常生活にまで支障がきたすような場合を更年期障害といいます。

Sponsored Links

ホルモンバランスの乱れによる症状

更年期に入ると女性はいろいろな不調を経験するようになります。

  • ホットフラッシュ(のぼせ・ほてり・発汗など)
  • 手足の冷え
  • 頭痛・めまい・立ち眩み
  • 動悸・息切れ
  • 不眠・寝つきが悪い・眠りが浅い
  • 肩こり・腰痛
  • 不安・憂鬱
  • 怒りやすくなる・イライラする
  • 倦怠感・疲れやすい

こうした症状は女性であれば更年期になると誰にでも出てくるものですが、人によって症状の度合いは異なります。

不調を感じるもののセルフケアすることで日常生活にさほど影響を及ぼさない人もいれば、仕事や家事に影響を及ぼしてしまうほどきつい症状が出てしまう人もいます。

更年期特有の症状が日常生活にまで支障をきたしてしまう障害となってしまうのには、ホルモンバランスの乱れだけでなく、性格などによる心理的なもの、仕事や家庭などの環境的なものなども関係してくるようです。

Sponsored Links

更年期のセルフケア

女性の第3のライフステージである更年期は仕事の面でも家族関係の面でも大きな変化があるのでストレスを受けやすい時期でもあります。

この時期は子どもの受験や就職のみならず、子育てが終わったり、親の介護の問題が出てきたり、仕事上でも転換期にあったります。

また、自分の生き方や老後のことなど人生に関するストレスが多いといえるかもしれません。

これからいかに生きるか、自分の人生を考えるよいきっかけになるとも言えます。

とはいえ、大きな要因はやはり歳を重ねたことによる身体的な変化と言えるでしょう。

そうした時期にはセルフケアも重要になってきます。

生活習慣を見直す

睡眠不足や過労、運動不足などの生活習慣の乱れも大きな影響を及ぼすので生活習慣を見直すことがセルフケアとなります。

ストレスが続くと呼吸が浅くなって血液循環も悪くなります。

意識して深呼吸をし、血液循環を促すウォーキングやスイミングなどの有酸素運動を取り入れましょう。

食生活を見直す

食生活を見直すこともセルフケアになります。

この時期に減少するエストロゲンと同じ働きをするといわれるイソフラボンは大豆に多く含まれます。

イソフラボンはコレストロール値の上昇を抑え、骨量を増やす働きもあるのでこの時期には大いに摂取するといいですね。

意識して豆腐や納豆などの大豆製品を摂取するようにしましょう。

ホルモンバランスの乱れにはルビーナが効く?

ルビーナというのは血行を良くし、自律神経の働き整え、更年期の諸症状を改善する漢方薬です。

ルビーナは四物湯といって血液循環を良くし体を温める働きと苓桂朮甘湯といって自律神経の働きを整える2つの漢方処方を組み合わせた連珠飲に基づいています。

似たような名前の漢方薬に「ルビーナめぐり」があります。

上記のように「ルビーナ」は連珠飲に基づくものです。

一方「ルビーナめぐり」は当帰芍薬加人参湯に基づくもので体力虚弱で胃腸が弱い人や冷え症で貧血の傾向があって疲労しやすい人に適したものです。

ルビーナは更年期の諸症状に効果があるようですが、副作用もあるので実際に服用する際には薬剤師さんに相談してからにしたほうがいいでしょう。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。