妊娠の高温期はいつまで?基礎体温から分かる8つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
お腹に手を当てる妊婦さん

基礎体温を測り記録することで生理の周期をつかんで排卵日を予測できるようになります。妊活中の方は毎日基礎体温を測って記録しているのではないでしょうか。ここでは、高温期の高温とは何度なのか、高温期と妊娠の関係などについてまとめてみました。

Sponsored Links

妊娠したときの高温期はいつまで?

妊娠すると基礎体温は高温期が続きます。なぜ、妊娠すると高温期が続くのか、高温期は出産まで続くのか、見ていきましょう。

基礎体温でわかる妊娠

ホルモンバランスがよければ基礎体温は高温期と低温期にきれいに分かれます。

高温期は排卵日から次に月経があるまで続き、月経を境に低温期に入ります。

排卵後には黄体ホルモンが増えるので高温期が続き、月経が始まるとエストロゲンの量が増えて低温期に入るのです。黄体ホルモンには体温をあげる作用があるのですね。

妊娠すると、妊娠を維持しやすい環境を維持するための黄体ホルモンが分泌し続けます。

妊娠すると高温期が続くのは、妊娠を維持するための環境づくりのために黄体ホルモンの分泌量が増えるためなのです。

Sponsored Links

妊娠するとずっと高温期?

つまり、月経予定日を過ぎても高温期が続いていれば妊娠している可能性があります。

ただし、妊娠中ずっと高温期が続くわけではありません。通常、胎盤ができあがる12~15週ぐらいまでは高温期が続くといわれています。

胎盤ができあがるとその後基礎体温は少しずつ下がり始めます。黄体ホルモンが変化するからなのです。

妊娠すると卵巣から黄体ホルモンが分泌されるのですが、胎盤ができがあると胎盤由来の黄体ホルモンに役割チェンジをします。

胎盤由来の黄体ホルモンは体温をあげる作用がないので胎盤が完成するころには低温期に入るのですね。

ですから、20週ごろには低温期の体温に戻って落ち着く場合が多いのですが、個人差が大きく安定期を過ぎても高温期が続く場合もあります。

高温期の基礎体温はどのくらい?

低温期と高温期の体温の境目は36.7度と言われています。36.7度より高ければ高温期、低ければ低温期ということになりますが、最近は体温が低い女性が多いので高温期でも36.7度に届かない方も多いですね。

毎日基礎体温を測ってグラフをつけていれば自分のリズムがわかります。高温期と低温期の温度差は0.3度以上と言われているので、自分の基礎体温のグラフを見れば一目瞭然ですね。

Sponsored Links

一時的に下がることも

妊娠初期には高温期が続くのですが、卵子が着床するときにインプランテーションディップといって、一時的に下がる場合もあります。

排卵後7~10日ごろ、つまり高温期の途中で1~2日ほど基礎体温が下がればインプランテーションディップといえるでしょう。

ただし、インプランテーションディップがあったからといって必ずしも妊娠していたとは限らない場合も少なくありません。実は基礎体温を正しく測られていなかった場合もあるからです。

妊娠初期の段階で誰でも必ずインプランテーションディップが起こるわけではありません。また、高温期のあとに低温期が3日間以上続く場合にはインプランテーションディップではなく低温期に入ったといえます。

インプランテーションディップは医学的に証明されているものではないのでインプランテーションディップの有無で一喜一憂しないでくださいね。

毎日正確に基礎体温を測ってグラフ化して自分のからだのリズムを知っておくことが大切です。そのためにも基礎体温は正しく測りましょう。

Sponsored Links

基礎体温の正しい測り方

朝目が覚めて体を動かす前の安静時に測る体温が基礎体温です。毎日同じ時間帯に測るのですが、寝たままの状態で舌の下に挟み込んで測ります。

普通の体温計ではなく基礎体温計、いわゆる婦人体温計と言われてる体温計を使います。婦人体温計は通常の体温計よりもメモリが細かくなっているのでより微細な温度の変化をとらえることができるのです。

婦人体温計にも水銀体温計と電子体温計の2種類あって、水銀体温計の場合には5分程度、電子体温計の場合には1~2分程度時間がかかります。

測ったらグラフのその日のところに点をつけて前の日の分と線で結びます。

最近の基礎体温計の中にはパソコンやスマホなどと連動させて自動的にグラフ化してくれるすぐれものもあります。

基礎体温はグラフ化することに意味があるので、自分でグラフ化するのが面倒という人にとってはありがたいですね。

基礎体温でわかること

基礎体温を測って記録をつけていると自分のからだのリズムが見えてきます。女性ホルモンの動きが確認できるからなのです。基礎体温を測って記録をつけていると次のようなことがわかります。

  • 妊娠
  • 流産の可能性
  • 無排卵
  • 不規則な生活や体力の低下
  • 卵子の発育が悪い
  • 子宮内膜症
  • 黄体機能不全
  • 更年期障害

ただし、妊娠していなくても高温期が続く場合もあります。高温期のまま次の月経がきて低温期が極端に短く、高温期が長く続くという周期を繰り返す場合には子宮に何らかの異常があることもあります。
妊娠の可能性は低いのに高温期が続くときは産婦人科を受診して相談してみてくださいね。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。