帯状疱疹の初期症状でヒリヒリ痛む!休養と早めの受診を!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
心配する女性

悪化すると痛みが続いたり、跡が残ってしまう帯状疱疹。帯状疱疹の原因や初期症状、ヒリヒリする痛みを軽減する方法、重症化させない方法などについてまとめました。

Sponsored Links

免疫力低下で帯状疱疹

子どものときに水疱瘡に罹ったことはありますか。

実は水疱瘡に罹って治っても水痘・帯状疱疹ウイルスは神経節に潜伏し続けます。

年齢を重ねたり、疲れやストレスがたまって免疫力が低下すると潜伏していた水痘・帯状疱疹ウイルスが活性化して帯状疱疹を引き起こすことがあるのです。

50歳以上になると体の抵抗力が弱まり、免疫力が下がるので帯状疱疹を発症しやすくなります。

水痘・帯状疱疹ウィルスが神経節に潜伏しているために神経に沿って皮膚に帯状に赤い斑点のような発疹が出るので帯状疱疹といわれるのですね。

加齢や過労、ストレスなどによって免疫力が低下しているときに帯状疱疹は発症しやすくなります。

ですから、日ごろから疲れがたまったと思ったときにはゆっくり休養をとり、ストレスはため込まないようにし、栄養バランスを考えて食事をし、適度な運動、良質な睡眠をとるようにしてくださいね。

帯状疱疹の初期症状はヒリヒリする痛み

初期症状としては身体のどちらか一方の神経に沿ってヒリヒリ・ピリピリ・チクチクする強い痛みがあります。

帯状疱疹は身体の片側に症状が出るのが特徴です。

痛みの感じ方は人によって異なりますが、針で刺すような痛み、締め付けられるような痛み、電気が走るような痛みだったりします。

また、時間がたつにつれて痛みが変化したり、いろいろな痛みが混在したりすることもあります。

痛みが数日から1週間ほど続いた後に水泡が出ると帯状疱疹だと診断しやすいのですが、痛みだけのときには他の病気と区別がつきにくいこともあります。

Sponsored Links

帯状疱疹の治療法は?

帯状疱疹は比較的高齢者に多いのですが、若い人もなることがあり、若いから軽いというものではなく、その人の抵抗力によっては若くても重症化することもあります。

帯状疱疹は発疹が出て3日以内に抗ウィルス薬を服用すればきれいに治ると言われています。

薬を服用しなくても3週間もすれば自然治癒しますが、抗ウィルス薬を服用することで重症化を防ぐことができます。

症状に気づいたらすぐ皮膚科を受診しましょう。

帯状疱疹は初期に軽症であっても無理をするとすぐに重症化してしまいます。

ストレスや疲れがたまっていたり、寝不足が続いて免疫力が落ちているときに発症します。

痛みや発疹があるときにはできれば仕事を休んでまずはしっかり休養を取ることです。

ヒリヒリする痛みを軽減させるには

ヒリヒリする痛みを軽減させるには患部を温めるとよいでしょう。

入浴時にからだを温めてあげるとよいのですが、湯船につかってもよいかどうかは医師に相談してからにしてくださいね。

また、痛みを感じるときにはアルコール類は控えたほうがよいでしょう。

Sponsored Links

帯状疱疹後神経痛とは

帯状疱疹は多くの場合は痛みの後に発疹が出て、その後水ぶくれや膿疱になりかさぶたができて治るという経過をたどりますが、中には発疹がよくなった後も痛みが続く場合があります。

発疹がよくなったあとにも3ヶ月以上疼痛が続く場合のことを帯状疱疹後神経痛といいます。

帯状疱疹後神経痛は60歳以上の高齢者に多く見られますが、発生率は3%と言われています。

帯状疱疹後神経痛は完全に取り除くのは難しいと言われており、長期にわたる治療が必要となります。

初期の段階に抗ウィルス薬を服用し、十分に休養を取ることで帯状疱疹後神経痛の予防が可能なので重症化しないように初期段階で適切な対処をするようにしましょう。

帯状疱疹後神経痛の痛みの改善のために

帯状疱疹後神経痛になると完全に痛みを取り除くのは難しくなります。生活習慣を工夫して痛みと上手に付き合っていきましょう。

身体を冷やさないようにして入浴時には体をよく温めます。

ストレスや疲労がたまらないように十分休養し良質な睡眠をとります。

好きなことをして痛み以外のことに注意を向けるようにしましょう。

衣服などがこすれて患部を刺激しないように患部を覆うようにします。

帯状疱疹に罹った場合には帯状疱疹後神経痛に移行しないように初期の段階で早めに対処することです。

帯状疱疹だと気づいたときにはすぐに皮膚科を受診し、しっかりと休養をとって重症化しないようにしてくださいね。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。