ハロウィン に似た行事は日本にもある!七夕や亥の子との共通点を知ってる??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
豆まきの鬼

日本でも最近ではハロウィンが定着し、仮装や装飾、様々な行事が広く行われるようになってきました。幼稚園や保育園ではかわいい妖精などの衣装を着て楽しい行事を行ったりしています。子供だけでなく大人も仮装パーティなどの催しを楽しむようになってきました。今回はハロウィンについてやハロウィンに似た行事についてまとめてみました。

Sponsored Links

ハロウィンとは

もともとは古代ケルト人が毎年10月31日に行っていた祭りが起源といわれています。

それは秋の収穫を祝い、悪霊を追い払う宗教的な意味合いのある行事でした。

この日はこの世とあの世の間の門が開き、両方の世界の行き来ができると信じられていました。

死者の霊が家族を訪ねてくる日でありましたが、同時に邪悪な精霊や魔女も出てくると信じられていました。

そのため人々は身を守るために、仮面を被り魔除けの火を焚いていました。

しかし現代では宗教的な意味合いはほとんどなく、アメリカを中心とした民間行事となっています。

中身をくりぬいたかぼちゃに怖い顔を刻んだジャック・オー・ランタンを写真などでご覧になったことがあるでしょう。

また、子供たちが魔女やお化けに仮装して、「トリック・オア・トリート」と唱えながら家々を廻り、お菓子をもたったりする行事になっています。

Sponsored Links

日本にもハロウィンに似た行事がある

季節の変わり目にはこの世とあの世の間の門が開き、先祖や福をもたらすものがやってくると同時に悪霊や鬼もやってくると言われています。

先祖が家族のもとに帰ってくるという意味では、日本のお盆と似ていますね。

また日本でも季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられ、それを追い払うための悪霊祓いの行事が行われました。

節分に柊の枝に焼いた鰯の頭を飾るのは、鬼の侵入を防ぐためといわれていますし、豆をまいて鬼を追い払ったりします。

ハロウィンでジャック・オー・ランタンを飾って悪霊を追い払うこととよく似ていますね。

仮装して悪霊や鬼を化かす

仮装をするということでは、「節分お化け」という風習があります。

節分の夜に行われる厄除けの儀式で、普段とは違う服装で寺社に参拝をするのです。

ハロウィンが夏が終わり冬が始まる時期に行われるのと同じように、節分お化けは暗い季節から明るい季節への変わり目に行われます。

このような時期にあの世から危害を加える鬼がやってくると信じられていました。

その鬼をやり過ごすために、普段とは違う服装(大人が子供の格好をしたり、子供が大人の格好をする)や、違う性別の格好(女性が男装をしたり、男性が女装をする)をして寺社にお参りをするのです。

通常とは違う姿に扮して鬼やばけものを化かし、厄払いをして福を呼び込むのです。

現在では祇園や大阪北新地などで行われています。

Sponsored Links

子供たちが近所の家々をまわってお菓子をもらう

北海道では「ローソクもらい」や「ローソク出せ」と呼ばれる行事が各地で行われています。

七夕(7月7日)や月遅れの七夕(8月7日)の夕暮れから夜にかけて、浴衣を着て提灯を持った子供たちが歌を歌いながら家々を廻りお菓子をもらう行事です。

地域により歌詞に多少の違いはありますが、「ローソク出せ出せよ 出さないとかっちゃくぞ おまけに噛み付くぞ」などの歌詞で、ローソクやお菓子をもらって廻るのです。

ハロウィンで子供たちが「トリック・オア・トリート(お菓子をくれないといたずらしちゃうぞ)」と唱えながら家々を廻り、お菓子をもらうのとよく似ていますね。

この原形といわれるのが、青森ねぶたや弘前ねぶたのときに行われていた風習です。

津軽地方では戦前まで、ねぶたの照明にローソクを使っていました。

そのため、ねぶたをリヤカーに乗せて「ローソク出さねばがっちゃくぞ」と言いながら、家々を廻ってローソクをもらって歩く習慣がありました。

これが北海道の「ローソクもらい」の原型のひとつだといわれています。

子供たちがお菓子をもらって廻る風習に「お月見泥棒」「亥の子」という行事もあります。

「お月見泥棒」では、子供たちは月からの使者だと考えられ、中秋の名月に飾られているお供え物をこの日に限って盗んでいいことになっていました。

お供えする側も、子供たちが盗みやすい縁側などにお供えしていました。

現在では、子供たちが「お月見くださーい」「お月見どろぼうでーす」などといいながら家々を廻って、お菓子やお団子をもらって歩く風習が愛知県の一部でみられます。

「亥の子」は「玄猪」「亥の子の祝い」「亥の子祭り」ともいわれ、主に西日本でみられるものです。

旧暦10月の亥の日に子供たちが亥の子石(平たい石に縄がついている)を持って家々を廻り、石を上下させて地面をついて廻ります。

子供たちは石をついた家から、餅やお菓子、小遣いなどをもらって歩く行事です。

このように見てくると、日本の寺社では秋の収穫を感謝する祭りが行われていたり、あの世とこの世の関わりを信じてきた日本では、ハロウィンに似た行事があっても不思議ではありませんね。

日本でのハロウィンイベントも場所によっては年々派手になってきているようですが、今年のハロウィンは元々の意味をたどってみてはいかがでしょう。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。