34週での出産はnicuのある病院へ転院しなくちゃいけない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
臨月

34週で出産になると早産ということもあり、赤ちゃんの状態によってはnicuに入ることもあります。出産予定の病院にnicuがなければ転院しなければならない場合も出てきます。34週のおなかの赤ちゃんの様子、34週で出産した場合、nicuについてなどまとめました。

Sponsored Links

34週のおなかの赤ちゃん

このころになるとおなかの中の赤ちゃんはしわも伸びて外見的には新生児とほとんど同じように見えます

髪の毛は長くなり、爪も伸びて皮下脂肪もついてふっくらしてきて体重も2000g前後ぐらいになります。成長の早い赤ちゃんは2500gになっていることもあります。

内臓もほぼ完成し、肺の機能も成熟してきていますが、体温調整機能など未熟な部分も残っています。

顔の筋肉も細かく動くようになっているので外からの刺激に対していろいろな表情を見せるようになるので、エコー写真で赤ちゃんの表情がわかることもありますよ。

34週で出産になると

妊娠22週から37週未満で出産することを早産といいます。

ちなみに妊娠22週未満の場合には流産、妊娠37~41週未満の場合には正期産、妊娠42週以降の場合を過期産といいます。

早産の原因はいろいろありますが、早産で生まれた場合には低出生体重児の場合が多く肺も十分成熟しないままに生まれることが多いので呼吸器系の病気になりやすいといわれます。

早産になるとどうしてもいろいろなリスクが伴ってしまうのですね。

ただ34週ぐらいになると肺機能も十分といえないまでもかなり発達してきているので肺呼吸ができるようになっています。

34週を過ぎて赤ちゃんの体重も2500g前後になっていればおかあさんのおなかの外でも耐えられる状態になっていることが多いのですが、呼吸機能が十分に発達していない場合には呼吸障害が起こる可能性があります。

最善を尽くすためにnicuもあるわけで、最近ではnicuなどの設備や医療が発達しているので早産で生まれても元気に育つことが多いようです。

34週での出産は早産になりますが、体の機能が発達していて体重も十分であれば特別な処置が必要ない場合もあります。

そうはいっても少しでも長くおなかのなかにいたほうがよいので、切迫早産の兆候があるときにはできるだけ安静にしましょう。

Sponsored Links

切迫早産とは

切迫早産というのは早産になりかかっている状態のことをいいます。

34週での出産はそれ以前の妊娠週での出産に比べていろいろなリスクが少なくなっているとはいえ、次のような兆候がある場合にはすぐに診察を受けましょう。

  • 切迫早産の特徴
  • お腹が張り続ける
  • お腹が頻繁に張ってくる
  • 痛みが強くなる
  • 安静にしていても痛みがおさまらない
  • 不正出血がある
  • 破水

破水してしまうと羊水が足りなくなってとても危険が状態になります。

切迫流産の対処法は安静が一番です。自宅で安静するたけでなく入院して様子をみることになる場合もあります。

Sponsored Links

nicuとは

nicuはNeonatal Intensive Care Unitの略で、生まれたばかりの赤ちゃん、つまり新生児専用のICU(集中治療室)のことです。

細菌感染などを防ぐためにしっかりと管理されており、赤ちゃんは保育器の中で酸素や栄養を補給されながら24時間体制のもと、集中的に治療を受けます。

34週での出産の場合は早産になりますが、出生後必ずしもnicuに入らなければならないわけではありません。

生まれたときの赤ちゃんを診断して医師がnicuでのケアが必要と判断した場合にはnicuに入院となります。

赤ちゃんがnicuに入院しても面会したりお世話をしたりできる場合もあります。

赤ちゃんがnicuに入院してもおかあさんは自分を責める必要はありません。医師や看護師のアドバイスを受けておかあさんとしてできることをしてあげてくださいね。

おかあさん自身も出産という大仕事を終えたあとなのでご自分のからだの回復も大切です。

34週での出産はnicuのある病院へ転院?

上記にも書いたように34週で出産になったからといって必ずしもnicuに入院しなくてはならないというわけではありません。

一般的には34週であればほぼ呼吸機能は成熟していますが、完全とはいえないので生まれてきた赤ちゃんの状態によってはnicu入院になることもあるでしょう。

ただ、nicuのある病院は限られていますし、nicuがあっても満床の場合には他の病院に転院しなければならない場合もあります。

いずれにしても医師は赤ちゃんにとっての最善を考えて判断してくれるのであれこれ悩まず落ち着いて医師の判断に従いましょう。

Sponsored Links

早産や切迫流産を防ぐには

おかあさんのおなかの中は赤ちゃんにとって最良の保育器です。できるだけ臨月までおなかの中で育ててあげましょう。

切迫早産の兆候がある場合には次のことに留意してくださいね。

  • からだを冷やさないようにする
  • 立ちっぱなしにならないようにする
  • お腹に力を入れない
  • 栄養バランスを考えた食事
  • 良質な睡眠をとる
  • ストレスをためない
  • 安静にしておく

おなかが張ってくるときは安静にしていたほうがいいのですが、ずっと横になっていなければならない絶対安静なのか、簡単な家事や散歩程度はよいほどほどの安静がよいのか、勝手な判断をせずに医師の話をよく聞きましょう。

最近は医療が発達していることもあって34週で出産してもほとんどの場合、赤ちゃんは元気に育つことが多いようです。

余計な心配をしてストレスをためないように、気になることがあれば早めに医師や助産師に相談してくださいね。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。