1歳児が発熱した時のお風呂は?3つの判断基準でチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
振り向く赤ちゃん

昔から、「熱があるときはお風呂に入らないほうがいい」と言われてきました。しかし最近では、「熱があっても、場合によってはお風呂に入れても大丈夫」という説のほうが有力になっています。1歳のあかちゃんが熱を出しているときはお風呂に入れても大丈夫なのでしょうか。今回は、1歳児の熱とお風呂についてまとめてみました。

Sponsored Links

1歳の子が熱を出した時はお風呂は入れるべき?入れなべき?

赤ちゃんや子どもはよく熱を出します。1歳の赤ちゃんが熱を出してしまった場合、入浴させていいものかどうか迷ってしまうかもしれません。1歳の赤ちゃんが熱を出したときの入浴については一定の条件をクリアしていれば基本的にはOKです。

お風呂に入れてもいい条件は以下の3つになります。

  1. 高熱ではない(目安は38度以下)
  2. 熱はあるが元気で機嫌がいい
  3. 下痢や嘔吐といった症状がない

昔は家にお風呂がない家も多く、銭湯に連れて行ってお風呂上りに湯冷めするようなこともあったので、風邪をひいて熱があるときにはお風呂はだめと言われていました。

しかし、最近では家にお風呂のある家庭がほとんどですし、冬でも室内温度にさほど差がないので湯冷めの心配もありません。

ですから、「多少の熱はあっても、元気で他の風邪症状が見られない」という場合は、お風呂に入れても問題ないと言われるようになりました。

ただし、長風呂は体力を消耗させてしまうのでやめておいたほうがいいですね。熱があってお風呂に入れるときには短い時間にしましょう。

Sponsored Links

お風呂に入れるメリット

子どもは新陳代謝が激しいのでお風呂に入って1日の汚れや汗を流したほうが衛生面でもいいですし、気分もさっぱりします。

皮膚が清潔になると発刊作用が高まりますし、血行もよくなります。また、ウィルスや細菌は熱に弱いのでお風呂に入ることでからだが温まるので免疫力も高まります。

また、お風呂に入って体温が上がるとからだが熱を逃がそうとするので熱をゆるやかに下げる働きにもなります。

風邪で鼻詰まりになっていたり、痰が絡んでいるときはお風呂に入ることで適度な湿り気が与えられるので症状が和らぎます。

ですから、38度以下で元気そうであればさっと素早く入れてあげるといいですね。

熱があるときにお風呂にいれるときの基準

そもそも赤ちゃんが熱があるというのは何度ぐらいをいうのでしょうか。赤ちゃんの平熱は大人よりも高いので37度では熱があるうちには入りません。

37.5度以上になると熱があるということになります。赤ちゃんの場合には37.5~38度は微熱といえるでしょう。

赤ちゃんは比較的熱に対して鈍感なのです。

日ごろ元気なときに赤ちゃんの平熱をはかっておくといいでしょう。

Sponsored Links

熱の高さよりも機嫌がいいかどうか

1歳ぐらいの赤ちゃんは37.5~38度の熱があっても元気なことがあります。

38度以下であれば元気で、食欲があり、嘔吐・下痢などの風邪症状がなければ、そんなときはお風呂に入れても大丈夫です。

ただし、38度以下でも元気がなくぐったりしているときにはお風呂はやめておきましょう。

1歳くらい赤ちゃんは、自分の具合の悪さを言葉で説明することができません。熱だけでなく顔色や機嫌の悪さ、全身症状などをみて親がきちんと判断してあげましょう。

「熱は低いけれど、いつもの風邪と様子が違う」「機嫌が悪く泣いてばかりいる」といった様子が見られるときは、お風呂には入らずに経過をみたほうがいいかもしれません。心配な場合はかかりつけ医などに相談してみましょう。

熱がある赤ちゃんをお風呂に入れる時はココに注意しよう!

体力の消耗に注意

お風呂に入るのは結構体力を使います。風邪をひいているときには体力が弱っていることが多いので、長時間のお風呂はさらに体力を消耗してしまいます。

熱があってお風呂に入れる場合にはぬるめのお湯にして短時間で済ませるようにしましょう。

Sponsored Links

湯冷めに注意

冬場にお風呂に入れるときには脱衣場を暖めてからお風呂に入れましょう。

寒い脱衣場だと湯冷めしやすくなります。また、髪も濡れたままにしておかないでいつも以上にしっかり乾かしてあげてください。

風邪を引いているときには特にお風呂からあがると湯冷めさせないようにとすぐ布団に入れたくなるかもしれません。お風呂上りでからだが温まっているときにすぐ布団に入れると汗をかくので返ってからだを冷やしてしまいます。

暖かい部屋で少しほてりを落ち着かせてからお布団に入れるようにします。

布団に入れる前に汗ばんでいたら着替えさせてください。また、お風呂上りには水分補給も忘れないようにしましょう。

赤ちゃんの様子を要チェック

風邪のときにお風呂に入れる場合は、入浴時間やタイミングを含めて、子どもの様子をよくチェックしながらにします。長時間のお風呂は避けて短時間で切り上げるなど、子どもの体調に十分配慮してあげてくださいね。

「入浴しても大丈夫なのか判断できない」「自分で決めるのは不安だ」というときは、無理にお風呂に入れないでからだを拭いてあげるだけでもいいでしょう。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。