グレリン分泌を促進する食品や六君子湯を調査!老化防止ホルモンとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
笑顔で食事をする年配の夫婦

最近注目のグレリンを知っていますか。グレリンは老化をストップさせるホルモンですが、毎日の生活中であることをするだけで増やすことができるのです。グレリン分泌を促進させる食品や六君子湯などについてまとめました。

Sponsored Links

グレリン分泌促進する食品や六君子湯とは

週末などのプチ断食をすると胃腸を休ませることができるだけでなく、アンチエイジングのグレリン分泌も増加していいかもしれませんね。

グレリンは長寿遺伝子と知られている「サーチュイン1」も活性化する働きがあるという研究結果も出ています。

マウス実験ですが、グレリンが「サーチュイン1」を活性化させマウスの寿命が伸びることを確認したとのことです。

アンチエイジングのみならず、健康長寿にはグレリンですね。

お酒を飲むなら黒糖焼酎でグレリン分泌促進

実は研究によって黒糖焼酎に含まれる成分がグレリンの分泌を促進させ、健康寿命を延ばす可能性が高いということがわかったようです。

黒糖焼酎に含まれるどの成分がグレリンの分泌を活性化させているのかはまだ特定できていないようですが、黒糖焼酎には血栓を防ぐウロキナーゼも含まれているので健康長寿が期待されますね。

黒糖焼酎は米麹とサトウキビからとれた純黒砂糖を原料にして醸造されています。

主に奄美群島で生産されていて地元以外ではなかなかお目にかかれないようですが、ネット通販などを利用すると手に入れることも可能ですね。

六君子湯でグレリン分泌促進

漢方薬の六君子湯にもグレリンの分泌を活性化する働きがあります。

六君子湯にはショウガや甘草、陳皮、ニンジンなど8種類の生薬が配合されていて消化吸収機能を正常化し食欲不振や吐き気、冷え性などを改善する働きがあります。

ただし、成分が合わない人もいるので服用する際には注意が必要です。

Sponsored Links

生涯にわたって必要な成長ホルモン

人間の体内には100種以上のホルモンがありますが、中でも成長ホルモンは子どもだけでなくあらゆる年齢にとって必要なホルモンです。

骨や筋肉、皮膚などを新しく作っていく成長ホルモンは生涯にわたって下垂体から分泌されます。

実はこの成長ホルモンは年齢ととともに分泌が低下していくのです。

思春期前期の分泌量を100%とすると思春期後期では200%、その後減少していき、30~40歳代では50%、60歳代では30%位になってしまいます。

成長ホルモンは思春期には身長を伸ばす役割が注目されますね。

成長ホルモンは大人になっても重要な役割があり、大人になると美肌、疲労回復、アンチエイジングのために大きな働きをするのです。

成長ホルモンが少なくなると

成長ホルモンが少なくなると筋肉量が減少し筋力も低下します。

また、骨が弱くなって骨が折れやすくなったり骨粗しょう症になりやすくなります。

成長ホルモンは骨の健康維持にも大きな働きをしているのですね。

成長ホルモンは汗の調節にも関与しており、成長ホルモンが少なくなると皮膚が乾燥して薄くなってしまいます。

成長ホルモンが少なくなると肌が老化するだけでなく、見ための老化にも大きく影響してくるのです。

また、成長ホルモンが少なくなるとやる気が失せて持続力もなくなり、疲れやすくなります。

肌や見た目の老化を進行させないようにし、いつも生き生きとしているには成長ホルモンの分泌を促進させればよいわけです。

成長ホルモンはアンチエイジングには欠かせないのですね。

Sponsored Links

成長ホルモンの分泌を促進するグレリン

空腹ホルモンともいわれているグレリンというホルモンがあります。

このグレリンは脳下垂体に働いて成長ホルモンの分泌を促進させる働きがあるのです。

成長ホルモンの分泌を促すグレリンの分泌を促すことがアンチエイジングにつながるのですね。

グレリンは胃の粘膜の表面の細胞から分泌されるのですが、胃の中が空っぽの状態で食べ物が入ってくるとより多く分泌されます。

つまり、いつもお腹が満たされているという状態ではなく、お腹がすいてグーッとなるような状態になってから食事をするといいというわけなのですね。

グレリンをより多く分泌させるには空腹状態を作り出すことがポイントというわけです。

お腹がすいていなくても時間がきたから食べるというのではなく、お腹を空かせて30分~1時間ぐらいしてから食事をするとグレリンがしっかり分泌されます。

グーッとなるぐらいしっかりお腹を空かせてから食事をすることですね。

また、よく噛んで食べることでグレリンの分泌が促進されるという研究データもあります。

時間がないからと急いでそそくさと食事をするのではなく、お腹をすかせてゆっくりとよく噛んで食べることがアンチエイジングにもつながるというわけです。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。