インフルエンザは潜伏期間にもうつる?免疫力を高める方法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
寝込む女の子

毎年冬になると流行するインフルエンザ。特に小さい子がいると心配ですね。潜伏期間はどれぐらい?いつうつるの?うつったら必ず発症する?知ってるようで知らないインフルエンザについてまとめてみました。


Sponsored Links

インフルエンザの潜伏期間でもうつるって本当?

インフルエンザはウイルスによって感染します。感染者のくしゃみや咳はウイルスだらけです。

咳やくしゃみによって空気中に飛び散ったウイルスをそのまま吸い込んだり、空気中に飛び散ったウイルスがついたドアノブやスイッチなどを触った手で自分の口や鼻を触ったりすると感染します。

感染してから発症するまでの潜伏期間は1~3日間、平均2日間と言われていますが、長いときは1週間ということもあります。

いずれにしてもインフルエンザは潜伏期間が短く、人から人へと感染する速度がとても速いんですね。

発症して熱が出て3日目が一番感染力が高いのですが、実は発熱前の潜伏期間中にも感染します。ただし発症前の潜伏期間中の感染力はそれほど高くありません。

ですからインフルエンザにかかって熱が出ているときは感染力が高いのでインフルエンザで高熱の人には近づかないほうがいいのです。

だからといって家族でインフルエンザに罹った人がいても隔離するわけにはいかないですし、まったく接触を断つということも難しいですね。でも発症を防ぐ方法はあるんですよ。

Sponsored Links

インフルエンザの感染期間は?

発症する1日前から発症して3日目が感染のピークです。インフルエンザの感染期間には潜伏期間中も含まれます。つまり熱が出ていなくても感染源になる可能性があるということなんです。

要するに熱が出たりなどのインフルエンザの症状が出ていない人からもうつるのです。

人が大勢いるところにはもしかしたらそんな人がいっぱいいるかもしれません。だからといって不特定多数がいる場所では誰がインフルエンザ予備軍かなんてわかりませんね。

ですから、インフルエンザ流行期間中はできるだけ人ごみの中にはいかないほうがいいと言われているのですね。

いたるところにウイルスがあるので小さい子を連れての外出は避けた方がいいのです。とはいっても自分が人ごみの中にいけば自分自身が家庭内の感染源になってしまう可能性もあります。

感染しても発症しないことってある?

頭痛
ところが、インフルエンザウイルスに感染しても必ずしもみんなが発症するわけでもないのです。発症しない人もいますし、発症したとしても症状が重い人もいれば軽い人もいます。

免疫力が低下しているときに感染すると発症して急に高熱が出たり関節が痛くなったり筋肉痛、頭痛などの症状が出ます。

つまりインフルエンザに罹ったという状態です。よく風邪やインフルエンザをうつされたとかうつったとかいいますが、感染しているだけではいいません。

感染しているかどうかは検査しなければわからないのですから、うつったというのは熱が出たり咳が出たり発症した状態のことをいいますね。

Sponsored Links

免疫力が低いから発症してしまう

実は発症するかしないかは本人次第といえるのです。感染しても発症しない場合もあれば発症しても軽くすむこともあるのです。

発症したとしても軽くすませるためには免疫力を高めておくことです。

ところが最近ではいろいろなことが重なって免疫力が低下している人が多いのです。

それは大人だけではなく子供も同じです。免疫力が低いときに発症すると重くなってしまうことが多いのですね。

どうして免疫力が低くなってしまっているのでしょうか。実は現代社会は免疫力を低下させる要因がいたるところにころがっているのです。

野菜不足になってしまいがちな上に食生活が乱れていたり、なかなか規則正しい生活ができない上にストレスフルな毎日。もしかしたら大人も子どもも同じかもしれません。

Sponsored Links

免疫力を高めると発症しない

免疫力が低くなると発症するのですから、発症させないためには免疫力を高めればいいのです。

どうすれば免疫力を高めることができるのでしょうか。規則正しい生活といってもなかなか難しいのが現代社会。規則正しい生活が難しければせめて質の良い睡眠をとるようにしましょう。

無理のない程度に適度な運動をするのもいいですね。もちろん十分な休養をとることも大事ですが、休みの日に疲れたからといってゴロゴロばかりしていないことです。

しっかり休養してストレスをためないこと。それから笑うこと。

笑うと免疫力がアップすることは医学的にも実証されつつあります。作り笑いでも効果があるようです。

眉間にしわを寄せてストレスフルな毎日を送っている現代人はどうしても免疫力は低下気味なのですね。

ですから意識して免疫力を高める生活をすることが大事なのです。子どもの生活は大人が守ってあげなくてはいけません。親子ともどもおなかの底から大いに笑って免疫力を高めましょう。

インフルエンザ対策!免疫力を高めるポイント

ヘルシーな緑黄色野菜
インフルエンザを予防する、つまり感染しても発症しないように免疫力を高めるポイントをまとめてみました。いきなり全部をやるのは難しくてもできることから始めて免疫力を高めていきましょう!

  1. バランスのよい食事をとること。
  2. しっかり質の良い睡眠をとること。
  3. 正しい手洗いをすること。
  4. 適切な温度と湿度を保つこと。
  5. 人が大勢いるところには極力行かないこと。

インフルエンザに感染しても発症しなければ全然問題ないのですから、家族全員で免疫力を高めましょう!

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。