インフルエンザ予防接種を妊娠前に受けたけど胎児への影響は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
お腹に手を当てる妊婦

インフルエンザは発症すると数日間高熱が続きますが、妊娠中にかかると重症化しやすいと言われています。妊娠前にインフルエンザの予防接種を受けた後に妊娠が分かると予防接種の胎児へ影響が心配になるかもしれません。今回はインフルエンザ予防接種の効果や副作用、リスクについてまとめてみました。

Sponsored Links

妊娠前にインフルエンザの予防接種を受けるべき?

毎年、秋から春にかけて流行するインフルエンザ。発症すると、数日間高熱や倦怠感などの重い症状に悩まされます。

特に、妊娠中は免疫力が弱まっていることに加え、初期はつわりのよる体力の低下、中後期は胎児へより多くの酸素を送りこむため、母体の心肺機能が低下します。

そのため、妊婦さんはインフルエンザにかかると、重症化しやすいのです。

もし重症化すると、母体のみならず、胎児へも影響が及ぶ可能性もあるため、妊婦さんはインフルエンザの予防接種を受けるといいと言われています。

予防接種というと、インフルエンザウイルスを注射で体内に入れて、免疫を作るというイメージがあるので、妊娠前に受けても大丈夫なのか心配だという人もいるでしょう。

予防接種には2つのタイプがあります。活性タイプのワクチンと不活性タイプのワクチンです。

活性タイプのワクチンは生ワクチンと言われ、活性タイプのワクチンに関しては妊娠中には接種してはいけません。

生ワクチンには麻疹・風疹混合ワクチン、おたふくかぜワクチン、ロタウイルスワクチンなどがあります。

不活性タイプのワクチンは毒性を一度ゼロに戻す処理がされているのですが、インフルエンザの予防接種はこの不活性タイプのワクチンです。

インフルエンザワクチンは、ウイルスを無毒化にした不活性タイプを使用しているので、ワクチンを打っても体へ重篤な影響はありません。

妊娠中のどの期間であっても医師の診断を受けてから予防接種を受けることができます。

インフルエンザワクチンは、基本的には妊娠を妨げる作用や胎児への影響もないため、妊娠前に予防接種を受けても問題ありません。

インフルエンザの予防接種は本当に効果があるの?

インフルエンザにはいろいろな型があることはご存知でしょう。ですからインフルエンザの予防接種を受けてもその型以外のインフルエンザにかかる可能性はあるのです。

ただ、予防接種をしておけば似た型のインフルエンザであればかかったとしても軽症ですむようです。

ただし、インフルエンザの予防接種を受けたからといって必ずインフルエンザにかからないわけではありません。

予防接種による副作用は?

ただ、気になるのが予防接種時に起こり得る副作用です。妊娠しているいないにかかわらず次のような副作用がある場合もあります。

10人に1~2人の割合で接種部位が赤くなったり、かゆみや腫れが生じ、痛むことがあります。

また、発熱や頭痛、だるさなどの症状は10人の1人の割合で起こります。また、非常にまれですが、じんましんなどのアナフィラキシーショックが起こることもあります。

こういった副作用は妊娠に関係なく起こります。ただし、アナフィラキシーショックの確率は妊娠しているいないに関わらずかなり低いと言えます。

妊娠前に予防接種を受けたことが原因で、妊娠後に流産や胎児の先天性異常が引き起こされるリスクも極めて低いとされています。

Sponsored Links

妊娠中でも予防接種は受けられる

最近ではWHO(世界保健機関)でも、インフルエンザの予防接種は妊婦さんを優先して行うべきだと推奨しています。実際に、妊婦さんにインフルエンザの予防接種を受けるよう勧める産婦人科も増えています。

成人の場合は、1回予防接種を受ければ接種後、2週間くらいで抗体ができて、だいたい5ヶ月位は効果が持続します。

インフルエンザの流行期間前もしくは流行中に、妊娠が判明することがあっても大丈夫なように、妊娠前に予防接種を受けておくとよいかもしれません。

次のような場合には必ず医師に相談を

妊娠中いずれの期間であっても受けられるとされているインフルエンザの予防接種ですが、流産の可能性の高い妊娠初期には医師によっては接種を勧めないこともあるようです。

医師によっていろいろな見解があるようなので妊娠初期で接種希望であればかかりつけの医師に相談してみるといいでしょう。

また、副作用を起こす可能性が高いので、食物アレルギーの重い方も接種前には必ず医師に相談しましょう。

インフルエンザ予防接種の賛否両論

妊娠に関わらず、一般的に見てもインフルエンザの予防接種については、実は賛否両論があります。インフルエンザワクチンの安全についてはかなり高いと言えるとはいえ、100%安全とは言えないからです。

また、たとえインフルエンザの予防接種を受けても型のちがうインフルエンザにはかかることもあるからなのです。そして、予防効果についてもかなり個人差があります。

ただ、妊娠前にインフルエンザの予防接種を受けたあとで妊娠に気づいた場合、予防接種を受けたこと自体は妊娠には何の影響もないので心配することはありません。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。