産後の生理再開はいつから?どんな兆候があるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
赤ちゃんとおかあさん

産後の生理再開については気になるおかあさんが多いでしょう。早く次の子が欲しいので早めに再開してほしいと思う人もいれば、子育てに忙しいから生理はしばらく来ないで欲しいと思うおかあさんもいますね。今回は、気になる産後の生理再開の時期や兆候、産後の生理についてまとめてみました。

Sponsored Links

産後の生理再開の時期や兆候

産後の生理再開がいつになるかは個人差がありますが、およそ7割~8割の人が産後8ヶ月ほどで生理が再開しているようです。

産後8ヶ月ごろに生理が再開するというのはあくまで割合的に多いだけで、実際には産後1~2ヶ月ぐらいで再開する人もいれば、反対に1年半を過ぎてもまだ来ないという人もいます。

生理が始まる兆候は特にない場合が多いのですが、生理が来ないことになれていると、排卵時の痛みなどを敏感に感じ取るためにちょっとした異変を感じて「次は生理がくるかな?」と何となく感じる人もいるようです。

実際に「ピリッとした排卵の痛みがあって、生理の始まる兆候かな?と思ったら来た」というおかあさんも多いですね。

また、何の兆候もないままある日突然再開したという人もいますが、一方でおりものが増えてきてそのうち茶色っぽい血が混じったようなおりものが出てきたと思ったらしばらくして再開したという人もいます。

生理再開の時期も始まり方もかなりの個人差がありますね。

Sponsored Links

授乳中のママは生理再開が遅くなる?

人によって生理再開の時期が大きく異なっているのは、もともとの体質に関係しているということもありますが、授乳中であるかどうかも大きく影響します。

例えば、授乳中のおかあさんは生理が始まりにくいようです。生理が再開する要因はいろいろありますが、授乳しているかどうかは大きく関係しているといわれています。

赤ちゃんに母乳を与えると、「プロラクチン」というホルモンが分泌され、排卵を抑制します。

その為、授乳回数が多いうちはこのホルモンによって排卵されにくくなるので生理も来ないのです。

一方で、ミルクを与えていて、ほとんど授乳しないおかあさんは、このホルモンの分泌が少なくなるために早めに生理が再開する傾向にあるようです。

普通分娩か帝王切開で生理がくる時期が変わる?

帝王切開では子宮の回復に時間がかかるので生理が遅れるということをよく聞きますが、普通分娩か帝王切開だったかによって生理再開の時期に差が出ることは特にありません。

帝王切開の場合、子宮が回復するのに普通分娩より時間はかかりますが、生理が再開するころには、普通分娩の人と同じ程度に回復しているので、帝王切開だからといって生理再開が遅くなることはないと言われています。

また、生理が再開するかどうかの兆候についても、普通分娩と帝王切開でどちらがわかりやすいかなどということはありません。

Sponsored Links

産後すぐに生理がきても大丈夫

早い人では産後1~2ヶ月で生理が再開することもありますが、生理の再開が早すぎても特に問題はありません。

出産して次の月には生理が来たという場合であっても何の問題もありません。最近は栄養に恵まれているためなのか、産後の生理の再開が昔よりも早い傾向にあると言われています。

遅すぎると心配?

生理再開が早すぎても問題はないのですが、逆に遅すぎる場合、例えば卒乳してしばらくしても生理が再開しない場合には心配であれば婦人科を受診してみましょう。

ホルモンバランスが崩れていたり、子宮や卵巣に何かしら問題がある場合もあります。きちんと受診して特に問題がなければ安心ですね。しばらく様子を見てみましょう。

生理再開が遅いのは「今妊娠するとからだがきついのでからだの方で調整しているからだ」という話もよく聞きます。

育児や家事でからだが疲れてはいませんか。生理はメンタルな部分にも大いに関係しています。初めての育児でストレスは溜まっていませんか。

家族にも協力してもらって疲れていると思ったらゆっくり休んでストレスもため込まないようにしましょう。

早く再開したのに次が来ない

授乳中にも関わらず割と早く生理が再開したのに次がなかなか来ないということもあります。

産後の生理不順もよくきく話です。授乳することでプロラクチンが分泌されていることや育児の疲れやストレスなどが原因で不順になることはよくあることです。

早く生理が再開したのになかなか周期が安定しないと心配になるかもしれませんが、産後の生理不順はよくあることなのであまり神経質にならないでくださいね。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。