突発性発疹で保育園への登園許可証は必要?いつから登園できる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

赤ちゃんが突然40度近い熱を出したらあわててしまいますよね。生まれて初めての病気が突発性発疹だったということもあります。今回は突発性発疹について、保育園に登園させるのはいつになるのか、登園許可証は必要なのかなどについてまとめてみました。

Sponsored Links

突発性発疹はどんな病気?

突発性発疹は「ヒトヘルペスウイルス6型」や「ヒトヘルペスウイルス7型」の感染によって突然高熱が出て、解熱前後から発疹があらわれる感染症のことをいいます。

生後6ヶ月から1歳頃までに発症することが多く、2歳ぐらいまでにはほとんどの子供が感染しています。

妊娠中に母親からもらった免疫が低下するのが生後6ヶ月ぐらいからで、その頃からかかりやすくなっています。

またなかには感染しても症状が出ないため、感染に気づかない場合もあります。

突発性発疹は季節に関係なく発症しますが、麻疹や水疱瘡ほどの感染力はありません。

一度感染すると免疫ができますが、原因となるウィルスが2種類あるのでそれぞれで発症することがあります。

突発性発疹の症状は?

ウィルスに感染してから発症するまでの潜伏期間は10日~14日ぐらいです。そして突然38度以上の高熱が出て、3~4日続きます

しかし赤ちゃんは高熱のわりには機嫌よく、食欲も落ちずに元気にしていることが多いです。

熱が下がると、赤い発疹がお腹や胸から出てきて全身に広がっていきますが、発疹は顔や手足には少ないようです。

発疹による痒みはあまりなく、2~4日ぐらいでしだいに薄くなってやがて消えていき、跡も残りません。

ただ赤ちゃんによっては、発疹が出ているあいだ下痢をしたり食欲が落ちたり、少し機嫌が悪くなることがあります。

また高熱のため熱性けいれんがおきることがありますが、ほとんどの場合数分でおさまり、後遺症も残らないので心配はありません。

しかしまれにけいれんが長く続いたり、けいれんが何度も繰り返す場合があります。この場合は病院での診断が必要になります。

Sponsored Links

突発性発疹はうつるの?

突発性発疹は感染力は弱いですが、人から人へうつる病気です。

感染経路は食事などで感染者の唾液が口から入る経口感染や、咳やくしゃみなどから呼吸器を通して入る飛沫感染が主なものです。

赤ちゃんはすでに抗体を持っている親や兄弟から感染する家庭内感染が多いといわれています。

発熱がおさまり発疹が出る頃には、ウィルスはかなり減っているので感染力は弱まっています。

したがって解熱して1日ぐらいたつとうつる心配はほとんどありません。

突発性発疹で保育園は休まなくちゃならないか

突発性発疹は感染力が弱いため、インフルエンザなどのように保育園で感染が広がるということはほとんどありません。

ただ、弱いとはいえ感染する病気である以上発症した場合は保育園を休ませることになります。

また保育園で熱が出ると急なお迎えになるという場合も出てきます。

熱が出ている間は感染の可能性もあるので、家でゆっくり休ませて、友達と遊ぶことも我慢させましょう。

保育園によっては、熱が何度以上になるとお迎えを依頼したり、登園を禁止したりしている場合があるので確認をしておきましょう。

突発性発疹で機嫌が悪い時はどうしたらいい?高熱の時は?

Sponsored Links

いつから登園が可能?

厚生省の「保育所における感染症対策ガイドライン」によると、突発性発疹になった場合、登園可能の目安は「解熱後1日以上経過し、全身状態が良いこと」となっています。

熱が下がると発疹が出ていても感染の可能性が低くなるので、食欲があって体調も良いことなど様子を見て登園を判断しましょう。

ただ熱が下がったからといってすぐは免疫力が落ちているので、1日程度赤ちゃんの体調を見てからにしましょう。

感染力が弱いので登園できない期間は短くてすみますが、体力の回復状態などを見て、赤ちゃんに無理をさせないことが大切です。

突発性発疹後の登園には登園許可証がいる?

学校保健法では、突発性発疹は登園許可の証明が必要な病気には指定されていません。

しかし熱が下がっていれば登園可能な保育園や、医師の診断証明が必要な保育園などさまざまです。

登園許可証がいるかどうか、それぞれの保育園に確認しましょう。

Sponsored Links

あわてずに経過を見守りましょう

突発性発疹に対する特別な治療法や特効薬はありません。

ワクチンや予防接種などで予防をするということもありません。

突発性発疹は自然に治る病気のため、家庭療法が基本になります。

熱が出た段階ではまだはっきりと突発性発疹と診断することはできません。

3、4日で熱が下がり、発疹が出てから突発性発疹だと診断されることになります。

したがって熱が出た段階では、元気で機嫌よくしていれば、あわてずに安静にして様子を見るようにします。

もし熱が長く続くようなら病院で受診すると安心できますね。

突発性発疹で気をつけること

特に気をつけたいこととして、熱による脱水症状を起こさないように水分補給を心がけることです。

そして、安静と十分な睡眠ををとることで、免疫力の低下を防ぎましょう。

小さな赤ちゃんが高熱を出すとあわててしまいますが、突発性発疹であればすぐに命に関わることはありません。

安静と水分補給に注意して、落ち着いて経過を見守りましょう。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。