エルゴのインサートと足の位置|2パターンを使い分けよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
エルゴで抱っこ

エルゴのインファントインサートを使用した場合、かなりごわつくので、赤ちゃんの足の位置が正確な位置に来ていない場合があります。そこで今回はエルゴのインサートを使う場合に、赤ちゃんの足がどのような位置に来るとよいのか、正しい装着方法と共に順を追って詳しく解説していきます。

Sponsored Links

エルゴのインサートを使う場合の正しい足の位置は?

エルゴは使い慣れてくるとかなり便利ですが、使い慣れるまでが結構大変かもしれません。

インファントインサートを使う場合も慣れてしまえばすぐに装着できますが、誰かに教えてもらうほどでもないしとそのままなんとなく使ってしまっていることも多いようです。

日本語の説明書はありますが、ゆっくり丁寧に読んでいけばよくわかるようにはなっていても、さらっと読むだけでは結構わかりづらいですしね。

また、赤ちゃんを正しい位置に置くとあるので、そのようにやってみても「本当にここで大丈夫?」と不安に思ってしまうようです。

特に新生児の赤ちゃんの足の位置については不安になるおかあさんが多いですね。

エルゴのインサートを使っているけれど、新生児の足をどこに置くといいのかよいのかが分かりづらく、正しく使えているか心配というおかあさんの疑問を解決するために、ここでは対面抱きにする場合の正しい使い方を分かりやすく説明していきます。

> エルゴを新生児に使うのはいつから?判断基準は赤ちゃんの体重

1. エルゴの本体の腰部分を装着

まずエルゴの抱っこひもの本体のおかあさんの腰部分に装着する部分を付けます。

この時、あまり高い位置ではなく、ウエストポーチを付けるくらいの位置を意識して装着しましょう。

高い位置だと、自分のお腹を圧迫するような形になって苦しくなるので注意が必要です。

2. インサートに赤ちゃんを入れる

ではいよいよ赤ちゃんの装着です。まず、インファントインサートに赤ちゃんを入れます。

この時、面倒でも必ずパッドのベルトをはめるようにしましょう。

しっかり固定されないと、抱っこひもの中で赤ちゃんの体がどんどん変な姿勢になってしまいます。

また、きちんと固定することで、抱っこひもからの落下率も下がるので、ここは面倒がらずにきちんと装着しましょう。

Sponsored Links

3. 足の入れ方は2通り

インサートに固定する際、足は「ひざを曲げてお座りするような形でインサートの中に入れ込む」方法と、「広げてインサートの外に出し、抱っこひもの外に出す」方法があります。

月齢1~2ヶ月ぐらいのころ、また、月齢が大きくなっていてもからだが小さい赤ちゃんの場合は、手足を中に入れ込んだほうが、背骨がぐらつきにくくなります。カエルの足のように曲げて入れると安定します。

一方で、少し大きくなってくると、足が伸びてきますし、からだも大きくなってくるのでインサートの中で脚を曲げていると窮屈になってきます。

3~4ヶ月ぐらいになると手足を出したほうがよいでしょう。このように足の入れ方は2通りのあるので、月齢というよりは赤ちゃんの大きさによって赤ちゃんの体勢が安定する方を選びましょう。

4. 赤ちゃんを抱っこひもに入れて首の後ろのベルトを付ける

このときも足の位置に注意が必要です。赤ちゃんを抱っこひもに入れるときのコツは、赤ちゃんのお尻の位置がエルゴの底にきちんとはまり、体全体がまっすぐになるように入っているかどうかです。

お尻の位置を確かめた上で、足が出ている場合は外に出し、足が出ていない場合はおかあさんの体の曲線に沿うような感じではまるようにして、装着します。

> エルゴでおんぶはいつから?始める前にチェックする事とは?

Sponsored Links

おかあさんにも負担のかからない使い方を

おかあさんにとってもつけ心地がよいように肩ストラップの位置を調整しますが、このとき、片方ずつ調整して同じ長さにするようにしましょう。

肩ストラップを調整すると首の後ろのベルトの位置も下がります。

きちんと装着できたらインサートがベビーキャリアの真ん中に来るようにキャリアの両脇から手を入れて調整します。

赤ちゃんの位置を調整したら、ネッククッションを立ち上げたりするなどしてインサートも調整するといいでしょう。

> エルゴのインサートはいつまで使う?取り外す時の4つの条件

エルゴはきちんと使えば赤ちゃんだけでなくおかあさんにも負担のかからない設計になっています。

エルゴを使うときには赤ちゃんが快適であることはもちろんですが、おかあさんにも負担をかからない使い方ができるようになるといいですね。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。