小学校の入学時にかかる費用はどれくらい?出費を抑えるコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
小学生の女の子

子供が小学校に入学するのはとてもうれしいですが、入学に当たっては公立の小学校でも学校指定品などがあって思ったより費用がかかるものです。どのくらいになるか気になる、小学校の入学の際にかかる費用の内訳や額などをまとめました。

Sponsored Links

公立の小学校でもかかる入学費用

小学校は公立に通わせるのであれば義務教育なので入学の際にもお金はかからないと思いがちです。

公立の小学校の場合、授業料や教科書代などは無料ですが、入学時にはそれ以外の費用が色々とかかります。ここではどういった費用がかかるのかをみていきましょう。

学校指定の学用品と最低必需品

小学校入学に際して最低限必要なものとして、学校指定の学用品やランドセル、文房具類などがあります。この学校指定の学用品にかかる費用が大きいのですが、地域や学校によって指定品の内容や金額は異なります。

学校指定品について

学校指定品は地域や学校によって異なりますが、一般的な指定品の内容と価格についてあげてみましょう。

  • 体操着
  • 体操ズボン
  • 紅白帽
  • 上履き
  • 鍵盤ハーモニカ
  • 算数セット
  • 道具箱
  • 生活科バッグ
  • レッスンバッグ
  • 給食着

などがあります。制服のある学校の場合は制服や通学帽なども必要になりますね。

体操着や体操ズボンは着替えがいるので2組は必要でしょう。制服のあるなしで費用はずいぶん変わってきますが、大体5万円位から8万円位が目安となります。

あくまでも目安なので、実際の学校指定品や価格については入学される学校に問い合わせてくださいね。

Sponsored Links

おさがりを上手に活用

小学校入学で必要なもののうち、学校指定の学用品は自分で選ぶことができず、予め金額が決まっているので提示された額になります。

きょうだいが使っていたものが残っていたり、近所の子のものを譲ってもらえば、一部購入しなくても済む場合があるので、学校へ問い合わせてみましょう。

おさがりを上手に活用できれば少しでも費用削減になりますね。

学校によっては登校してすぐ体操着に着替える学校もありますし、小さいうちはよく汚すので着替えは必ずいります

一組は新しいものを揃えるにしても、着替えとして、きれいなうちにサイズアウトして着られなくなったものを回してもらえればずいぶん助かりますね。

学校指定品以外に必要なもの

学校指定品はどうしても同じものを購入しなければなりませんが、文房具類やランドセルなどはそれぞれで準備すればよいので上手に購入しましょう。

ランドセルの価格

ランドセルは色々なメーカから販売されていて、価格帯も1万円位から高価なものだと10万円前後するものもあります。

ランドセルは価格帯が広いのでどれにするか迷うかもしれませんが、毎日使うものなので、普通に使っていても結構ダメージがあります。

ランドセルは、機能面や耐久性を重視して、6年間使用できる品質のものを選ぶとよいでしょう。

6年間保証がついていれば壊れたとしても安心ですよね。一般的には、5万円前後のものを購入する人が多いようです。

ただ、新しいデザインのものが出ると旧デザインのものは価格落ちするのでデザインが少し変わるだけで使い勝手はほとんど同じなのにかなりお買い得になります。

Sponsored Links

入学式に着る服は?

制服がある学校では制服を着るので問題ありません。頭を悩ませるのは制服がない学校でしょう。

入学式=フォーマルということで、新しく買うとなると子供用でも1万円前後かかってしまいます。いくらよいものを購入しても小学校の卒業式のころになるとサイズアウトしてしまいます。

フォーマルな子供服はあまり着る機会のないものなので、入学式のためだけに購入するのはもったい気もします。

リサイクルショップやネットオークションなどで綺麗な状態のものが見つかりやすいので、まずはそういったところで探してみるとよいでしょう。

その他の費用

ひと昔前までは小学校入学には学習机を購入する家庭が多かったようですが、最近では入学時に購入する家庭はいくぶん減ってきているようです。

せっかく購入しても机で勉強するよりもリビングや食卓で勉強する子も多いので、入学と同時に用意する必要はあまりないかもしれませんが、学習机を買う場合は5~8万円位します。

その他にも文房具として、鉛筆や筆箱、給食袋などが必要で、大体5000円から7000円前後で揃うでしょう。

Sponsored Links

入学準備費用の総額

こうしてみると、一体総額いくら費用がかかるのかと心配になりますよね。

入学にかかる費用を必要最低限に抑える場合は、学校指定用品は5万円前後として、ランドセルが約5万円、文房具は5000円、フォーマル用の服や机は購入しないとしても、11万円弱位は費用がかかる計算となります。

ランドセルは使い勝手はほとんど同じでもっと安価なものがあるので上手に購入すれば費用はもっと抑えることもできるでしょう。

 アイテム  金額
 学校指定用品 50000円〜80000円
 ランドセル 30000円〜50000円
 文房具  5000円〜7000円
 制服  20000円〜40000円
 フォーマル用の服  5000円〜10000円
 学習机  50000円〜80000円

就学援助を活用する

義務教育である小学校なのに、公立であっても入学準備にはかなりの費用が掛かってきます。ほとんどの自治体ではいくつかの要件を満たしていれば、就学援助として入学準備金を支給しているようです。

ただし、自治体によって支給に関する要件は異なるので、小学校入学準備にかかる費用を準備しにくいご家庭があればお住まいの自治体に問い合わせてみられるといいでしょう。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。