赤ちゃんの名前の画数は気にする?異なる姓名判断の結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
出産後のママと赤ちゃん

赤ちゃんの名前をつけるときに画数を気にする人は多いのでしょうか。また、画数は気にする必要はあるのでしょうか。姓名判断によって異なる、名前の画数による吉凶。大切な赤ちゃんの名づけのとき、名前の画数についてどう考えたらよいかの参考にしてくださいね。

Sponsored Links

赤ちゃんが生まれると出生届を提出

赤ちゃんが生まれたら赤ちゃんが生まれたその日を含めて14日以内に出生届を提出しなければなりません。

どこの市町村役場でも1年中夜昼関係なく受け付けてくれますが、児童手当や医療補助などの申請手続きは親の住民票がある役所でなければできないので、住んでいるところの役所で手続きをするのが一番多いですね。

出生届には当然生まれた赤ちゃんの名前を書かなくてはならないので、赤ちゃんの名前もそれまでに決める必要がありますね。

最近では生まれる前に性別がわかっていることが多いので生まれる前に決めることも多いようですが、生まれて実際に赤ちゃんの顔を見てから決めるという場合もあるようです。

名前を決めるときの約束ごと

赤ちゃんの名前を決めるときには約束ごとがあります。子どもの名前に使える字も決まっていて次の通りになっています。

  • 人名漢字
  • 常用漢字
  • ひらがな
  • カタカナ

残念ながらというか、当然というか、アルファベットは使えません。

役所に提出したときに名前に使える漢字を使っているか、非常識な名前ではないかなどの審査があります。

実は名前に使える漢字は決まっているのですが、読み方に関する決まりごとはないので適用漢字を使っていればどう読んでもいいということになっています。

Sponsored Links

名前の画数は気にする?

日ごろは名前の画数になどほとんど気にしていない人でも赤ちゃんの名前をつけるとなると名前の画数を調べるという人は案外多いようです。いわゆる姓名判断ですね。

最近ではネット検索でもいろいろ調べることができますが、姓名判断にはいろいろな流派があります。

実はこちらの流派ではよい名前でもあちらの流派ではよくない名前だというようなこともあるようです。

姓名判断の起源

姓名判断の起源ははっきりしていないようですね。漢字というのはもともと古代中国で生まれた文字で4世紀後半に日本に伝わってきたと言われています。

古代中国で漢字を陰陽学や五行学に当てはめて吉凶を判断するようになり、それが日本に伝わってきたようです。

ただ、今のように姓名判断が一般的になってきたのは近年になってからのようです。雑誌の付録についていたのが始まりという説もあります。

姓名判断の基本的な考え方

姓名判断の基本的な考え方としては「姓名の画数から、総格、天格、地格、人格、外格を導き出してその数字から吉凶を占う」ものです。

総格、天格、地格、人格、外格とは

「総格」は姓名の全体の画数で晩年運に大きな影響を与えるようです。

「天格」は姓の総画数なので結婚で変わるなどしなければ一生そのままです。生まれもった運気や家系の力、祖先運を表すとされています。一般的に晩年になると影響力を強めるとも言われています。

「地格」は下の名前の総画数で幼年期の運勢を表すといわれています吉数であれば他人によい印象を与えるとも言われています。

「人格」は姓の最後の字と名前の最初の字の画数を足したもので五運の中核をなすとも言われています。性格など人物の内面を表し中年期の運勢に影響を与えるとされています。

「外格」は総格から人格の画数を引いたもので外因的要素や後天的要素を表します。この画数が吉数であればよい人間関係に恵まれると言われています。

基本的な考え方はどの姓名判断も同じようですが、流派によって漢字の画数の数え方や判断方法が異なるので当然結果も異なってしまうのでしょう。

例えば20画はほとんどの場合大凶とされていますが、これが21画になると大吉となります。1画違いで大きな違いです。画数をどう計算するかによってこれだけの違いも出てくるのですね。

画数だけではない姓名判断

占いという点から姓名判断をとらえていくと画数だけではなく、名前の「音」の持つ力からとらえる方法もあります。

ことばには言霊、音霊があって音の波動を重視していく、音の持つ力=言霊という考えです。ひらがなひとつひとつの音に意味があるという考え方から名前に使われている「音」から鑑定していくのですね。

赤ちゃんの名前をつけるとき

赤ちゃんの名前はおとうさんとおかあさんから赤ちゃんへのプレゼント。

誰もが赤ちゃんが健やかで幸せな人生を歩んでほしいという願いをもって名前をつけることでしょう。「吉」や「大吉」と言われている画数の名前をつけてあげたいと思うのも親心かもしれません。

ただし、画数での姓名判断や音による鑑定のどれも統計上の根拠はありません。

どうしても画数を気にするというのであれば、どれかひとつの流派に限定して徹底して調べるのがいいでしょう。

あちこち見ると全く異なる結果が出ていることもあるので返って迷ってしまうかもしれません。

流派によって判断が異なる姓名判断に頼るよりも、おとうさんとおかあさんが愛と思いを込めて名前をつけてあげるのがいいのではないでしょうか。

子どもが大きくなって自分の名前のことを尋ねられたときに、名前の由来やそのときの自分たち親の思いを話してあげれば自分は大切にされているんだということを実感できると思いますよ。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。