バターとマーガリンの違いとは|トランス脂肪酸は危険な油?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
トーストの上のバター

あなたはトーストに何を塗って食べますか?バター?マーガリン?似たような食品ですが、成分も違えば、味や風味、使いやすさも違うバターとマーガリン。知っているようで知らないバターとマーガリンのことをまとめてみました。

Sponsored Links

バターとマーガリンの違いは原料?

トーストを食べるときに塗るバターやマーガリン。同じような食品ですが、実は原料が全く違うことをご存知ですか?

バターの原料

バターの原料は牛乳です。200gのバターを作るのにどれぐらいの牛乳が使われているか知っていますか?実に約4.4リットルもの牛乳が使われているのです。

バターの乳脂肪分は80.0%以上、水分は17.0%以下となっています。また、バターにはビタミンA、B、Dが含まれています。

マーガリンの原料

一方、マーガリンの主成分は植物性油脂で、菜種油、コーン油、大豆油、パーム油などが使われています。

メーカーによって乳製品なども加えて作られているので動物性油脂も含まれていることになります。

最近、ファットスプレッドという言葉を聞きますね。ファットスプレッドもマーガリンの一種です。

油脂含有率が80%以上のものをマーガリン、ファットスプレッドは調整マーガリンで油脂含有率が80%未満となっています。

異なる製造法

バターとマーガリンでは原材料が異なるので、当然、製造法も違ってきます。

バターの製造法

バターは牛乳からクリームを分離して作ります。分離したクリームを撹拌して、乳脂肪をくっつけて練り上げていきます。昔から乳脂肪をくっつけて固まらせるという製造方法はかわっていません。

昔はいろいろを工夫して手作業で行ってきたことを今では機械が行っているので大量生産も可能になっているのですね。

バターの主成分は乳脂肪なので、バターは香り、風味がよく、コクがあります。バターがちょうどよい柔らかさを保っているのは13~18℃なので冷蔵庫から出してすぐは塗りにくいですね。

マーガリンの製造法

一方、マーガリンは植物性油脂を混ぜ合わせ、練り合わせて作ります。

原料となる植物油脂は上記のようにいろいろな種類がありますが、その特性によって使い分けたり、混ぜ合わせたりして作られています。

マーガリンがちょうどよい柔らかさを保つ温度は10~30℃に設定されているので冷蔵庫から出してもすぐに塗りやすくなっています。

Sponsored Links

気になる成分

原材料も製造法も異なるバターとマーガリンなので成分も違いますね。それぞれの成分と気になる点について見てみましょう。

バターの成分

バターには現代人に不足しがちなビタミンAやビタミンDが豊富に含まれています。また、カリウム、カルシウム、リン、マグネシウム、鉄分などの各種ミネラルも多く含まれています。

それぞれの成分は、美肌効果、アンチエイジング、目の健康などに有効に働いてくれます。

バターというとコレステロールが気になるところですが、日ごろトーストに塗って食べるぐらいではそう心配する必要はないようです。

バター100gに含まれているコレステロールは約210mgです。トースト1枚に塗るバターは8g程度なので、コレステロール摂取は17mg程度ですね。

ただ、料理などで多量に使った場合には、体に有効な成分を取り入れられるというメリットもありますが、コレステロールの摂取量も当然増えるので、そのあたりは調整して使うようにしましょう。

マーガリンの成分

マーガリンは大豆油、コーン油などの食部性油脂を原料にして作られているので、必須脂肪酸であるリノール酸やα‐リノレン酸が含まれています。

必須脂肪酸は体内合成ができないので食物から摂らなければいけないのですね。

ただ、マーガリンには、その原材料や製造方法からトランス脂肪酸も含まれています。

このトランス脂肪酸は大量に摂取するとからだに有害なのですが、トーストに塗る程度であればそれほどからだへの影響はありません。

ただ、アメリカの食品医薬品局がトランス脂肪酸の規制を行ったこともあって、日本でもトランス脂肪酸に関して関心が高まっています。

最近ではトランス脂肪酸の含有率を抑えたマーガリンも出てきているので、マーガリンを多めに使う方はそうした製品に切り替えられるとよいかもしれません。

管理栄養士が教えるマーガリンに入っている危険なトランス脂肪酸

バターは家でも作ることができる!

実はバターは家庭でも作ることできます。乳化剤を使っていない純乳脂肪の生クリームと食塩が少々あれば家でも作れますよ。お子さんといっしょにトライされてはいかがでしょう。

手作りバターの作り方

  • 1000ml程度の広口の容器に生クリーム(脂肪率40%以上のものを200ml)を入れて冷蔵庫で十分冷やしておきます。
  • ふたをきっちり閉めて10~20分間、しっかり振り続けます。このとき、容器が体温で温まらないように保冷剤をタオルでくるんで振るといいでしょう。
  • 固まりと水に分離してきたら固まりを別の容器に開けます。
  • 固まりは脂肪の塊でこれがバターです。塩を入れて練り上げるとできあがりです。

200mlの生クリームからできるバターは80g程度です。塩を入れなければ無塩バターですね。

手作りバターはなるべく早めに食べるようにしましょう。また、水分(バターミルク)の方にも栄養がたっぷり含まれているので捨てずに料理に使ったり飲んだりしましょう。

バターとマーガリン、どっちを選ぶ?

これまで見てきたようにバターとマーガリンでは原材料、製造法、成分などに大きな違いがあることがお分かりいただけたと思います。

そして、それぞれ一長一短がありますが、どちらも一度に大量摂取をしない限りは体への影響はさほど大きくないようです。

トランス脂肪酸に関しても製品によって含有率がかなり違うので、そうしたあたりも踏まえてご自分の好みにあったものを選ばれるといいでしょう。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。