紙おむつのSサイズはいつまで使える?変えるときの4つポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
オムツを履いた赤ちゃん

新生児用の紙おむつが合わなくなって来たら次はSサイズになりますね。Sサイズの紙おむつはいつからいつまで使えるのでしょう。お徳用パックを買い過ぎると使い終わらないうちにサイズアウトしてしまうこともあります。いつごろまで使えるのかを目安に購入するようにするといいですね。紙おむつのSサイズはいつまで使えるのかをまとめました。

Sponsored Links

紙おむつのSサイズはいつまで?

紙おむつのメーカーはいろいろありますが、同じSサイズでもメーカーによって多少大きさなどは違うようです。

Sサイズのおむつを使うころの赤ちゃんは、月齢でいうと1~3カ月ごろでしょうか。

ただ、紙おむつのサイズを選ぶ基準は月齢よりも体重で選ぶことが多く、一般的にはSサイズであれば4~8または9㎏となっています。

赤ちゃんは生まれたころはからだがまぁるくなっています。ねんねのころから歩き始めるようになってだんだんまっすぐになってきます

月齢でいうとSサイズは4~5ヶ月ぐらいまで使えるようですが、赤ちゃんによってかなり個人差があり、2ヶ月ぐらいまでしか使えなかったという場合もあれば1歳近くなってもSサイズを使っているということもあります。

Sサイズがいつまで使えるかは次の基準で考えるとよいでしょう。

  • 赤ちゃんの体重
  • 体型
  • おしっこの量
  • よく動くようになる
Sponsored Links

紙おむつのサイズはまず体重で

体重はSサイズにあてはまっても中には太ももむっちり、お腹ぽってりの赤ちゃんもいます。同じSサイズでも太もも部分がゆるめのメーカーもあればきつめのメーカーもあります。

お腹まわりはテープの貼り方で多少コントロールができてもあまりきつくてはかわいそうです。

サイズを選ぶときには体重を目安にしますが、赤ちゃんの成長とともに変化する体型に合わせて選べるといいですね。

体型にあったおむつを選ぶ

赤ちゃんが大きくなってきてサイズが合わなくなってくると太ももの部分やお腹の部分に赤く跡が残ってしまいます

体重がSサイズの範囲内であってもきつくなってきているのですね。

テープを貼るタイプのオムツの場合はテープを貼る目盛りがついているので跡がつくようになったら貼る部分をずらしてみましょう。

それでも跡がつくようであればサイズアップをしたほうがいいかもしれません。

おしっこの量が多くなる

成長とともうんちやおしっこの量も増えてきます。長い時間つけたままにしておいたわけでもないのにおしっこやうんちが漏れてくるときにはまずおむつの付け方を工夫してみましょう。

付け方によって漏れてしまう場合があります。それでも漏れる場合にはサイズがあわなくなってきているのかもしれません。

Sponsored Links

よく動くようになってくる

3ヶ月ぐらいになると手足をバタバタさせたり、早い子では寝返りを打とうとからだをそらせたりしてよく動くようになります。

動くようになるとお腹の部分や太ももの部分から漏れてくることもあるので付け方に注意してください。

サイズが合わないと隙間ができて漏れてしまうこともあります。サイズを大きくするほどではない場合にはメーカーを替えてみるとよいでしょう。

メーカー別のSサイズ紙おむつの特徴

最近の紙おむつはどのメーカーも品質向上の努めており、どれも通気性がよく吸収性も高く赤ちゃんのデリケートな肌にやさしいシートが使われているようです。

グーンとメリーズは割と大きめに作られており、パンパースは小さめのようです。

マミーポコは1枚当たりの価格は安いのですが、Mサイズからしかありません。Sサイズは同じメーカーからムーニーが出ています。

ムーニーは太ももまわりが大きめに作られているので太ももムチムチ赤ちゃんにはよいかもしれません。お腹や太ももがよくフィットし背中部分が長く深く覆われるので背中からの漏れも少ないようです。

Sponsored Links

メーカーを変えてみる

同じ体重であっても体型によって選ぶサイズは違ってきますが、同じサイズでもメーカーによって特徴があるのでひとつ上のサイズにする前に違うメーカーの同じサイズのものを試してみて体型にあったものが選べるといいですね。

ときどきドラッグストアに試供品が置いてあったり、メーカーのサイトなどで試供品のプレゼント企画などがあるので、試供品で試してみることができるといいのですが、どれが一番いいのかは数回試したぐらいではよくわからないかもしれません。

少量パックで試してみる

サイズが合わなくなってきたと思ったら、枚数が多いお徳用パックを買う前に多少高くついても少量パックでどれが一番フィットするのか試してみるといいでしょう。

最近の紙おむつは高品質のものが多いですが、赤ちゃんによってはこのメーカーのはよいけれど、このメーカーのものはかぶれやすいということもあるようです。

パンツ型のSサイズも

最近はSサイズでもパンツ型のものが出てきています。

赤ちゃんによってはからだは小さくてもよく動き回っておむつ替えのときにじっとしていなかったり、動いてテープが外れやすくなってしまうような場合にはパンツ型にすると楽かもしれません。

ただ、パンツ型はコスト高なので、夜寝るときはテープ型にするなどして両方を上手に使い分けるといいですね。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。