新生児の頭のへこみは大丈夫?病気の可能性がある場合とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
赤ちゃんの髪の毛

新生児の頭を何気なく触ったときにへこみが気になることはありませんか。赤ちゃんの頭にへこみがあるのに気づいて心配になって病院に直行するおかあさんもいますが、よほどのことがない限り多少へこみがあっても心配ないでしょう。ちょっと気になる新生児の頭のへこみについてまとめてみました。

Sponsored Links

新生児の頭のへこみはどうしてできるの?

頭の骨は前頭骨、頭頂骨、後頭骨などのいくつかの骨が組み合わさっているのですが、大人の場合はこれらの骨はしっかりとつながっています。

ところが、赤ちゃんの頭の骨はまだしかりとつながっておらず、骨と骨の間の結合組織の部分があるのです。

狭い産道を通って生まれてくるときに少しでも頭を小さくしようと頭の骨が重なりあうのですね。

生まれてから数日かけてこの重なりはなくなっていきます。

大泉門と小泉門

頭のてっぺんよりやや前の部分にある大泉門は頭のへこみで一番大きなものと言えるでしょう。ちょと触ってみるとブヨブヨしているのがわかると思います。

全然骨がないわけではないのですが、完成した骨でおおわれていないのでブヨブヨしています。やさしく触れるくらいならいいのですが、強く押したりはしないでくださいね。

後頭部の少し上の部分には小泉門といわれるところがあります。ちょとペコペコしますが、骨と骨が重なって小さなくぼみを作っているのですね。

小泉門は生後1ヵ月ほどで大泉門はそれよりもずいぶん遅く1歳半から2歳ぐらいまでにゆっくりと閉じてきます。

生まれたばかりの赤ちゃんの脳の重さは350gほどなのですが、1年もたつと赤ちゃんの脳はいっきに大きくなり1kgほどになります。

このような赤ちゃんの脳の急激な成長を妨げないように赤ちゃんの骨は完全に閉じていないのです。

Sponsored Links

新生児の頭のへこみが気になるとき

大泉門ははっきりとわかるへこみですが、赤ちゃんの頭はまだきちんと結合していないので頭の骨は柔らかくいつも同じ部分を圧迫しているとそこにへこみができてしまいます。

赤ちゃんによっては向き癖というものがあって同じ方向ばかり向きたがる場合があります。

同じ方向ばかり向いていると骨が柔らかいのでその部分にへこみができることがあります。

赤ちゃんの頭のへこみが気になるときは同じ方向を向けて寝かせないようにしましょう。

新生児のころは寝ているだけですが、そのうち寝返りを打ち、ハイハイをし、お座りができ、立っちをするようにと成長していく中で頭の骨もだんだん固くなっていきますし、多少へこみがあっていびつだった赤ちゃんの頭の形もだんだん気にならなくなっていきます。

赤ちゃんの頭の骨に隙間があるといっても脳自体は丈夫な筋膜でおおわれているので多少触ったぐらいでは傷つかないので心配はいりません。

それでもやさしく触れるようにしましょうね。

シャンプーをするときはあまり強くゴシゴシしないようにし、ブラッシングもやさしくしてあげましょう。

> 赤ちゃんの頭皮がカサカサになる主な2つの原因と対処法

Sponsored Links

こんなときには受診すること

大泉門が膨らんで嘔吐や発熱などの症状がある場合には髄膜炎かもしれません。

大泉門が腫れる病気としては他にも水頭症、脳しゅよう、また、肺炎をひきこしていることもあります。

髄膜炎でなくても大泉門は熱があると膨らむことがありすが、もし大きく膨張して来たら念のために受診しましょう。

> 赤ちゃんがよく頭をぶつけるけど大丈夫?病院に行く判断基準

逆にいつもよりも大泉門がへこんでいて激しい嘔吐や下痢があるときには脱水症状を起こしている可能性もあります。

大泉門が腫れたりへこんだりしてなおかつ他の症状も現れているときには小児科を受診しましょう。

大抵の場合には心配のない赤ちゃんの頭のへこみですが、他の症状があったりして気になることがあればひとりでクヨクヨ心配していないで信頼できる小児科のお医者さんに話して赤ちゃんを診てもらうと安心できますね。

> 赤ちゃんの頭が大きいけど大丈夫?病気かどうかの判断基準とは

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。