妊婦が風邪を引いた時は病院に行く?受診すべき目安とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
臨月

妊婦さんはどうしても免疫力が低下するので風邪を引きやすくなるのですが、妊娠中に風邪を引いた時は病院に行った方がよいのでしょうか?行くとしたら何科を受診するといいのでしょう。今回は、妊娠中に風邪をひきやすくなる原因や対処法についてまとめました。

Sponsored Links

妊婦は風邪を引きやすい

妊娠するとホルモンバランス崩れたり、自律神経が乱れたりする上に、お腹の赤ちゃんに栄養分が優先的に運ばれるので、妊婦さんの免疫力が低下してしまいます。

ですから、妊娠中は風邪を引きやすく、一度かかるとなかなか治りにくいのですね。

風邪の引きはじめに少し喉が痛いとか、鼻水や咳が出る軽度であっても、妊娠中はどうしても悪化するケースが多いようです。

以下のような風邪の予防としてよく言われることを妊娠中は特に気をつけて予防しましょう。

  • 手洗い&うがいする
  • マスクをする
  • 人混みに行かない
  • 十分な加湿
  • 体を温める
  • バランスのよい食事
  • 規則正しい生活

妊娠中はできるだけ人混みは避けることです。お腹が大きくなると湯船につかるのがおっくうになってシャワーで済ませてしまいがちですが、ゆっくり湯船につかってからだを温めましょう。

十分睡眠時間をとってつわり時期を越えたら栄養バランスのよい食事をとり規則正しい生活を送るようにしましょう。乾燥する冬場は部屋の加湿にも気を配ってくださいね。

妊婦が風邪を引いたら病院へ行ったほうがいい?

軽い風邪程度だとなるべく病院には行かないほうがよいでしょう。

病院にはいろいろな患者さんが来ているので軽い風邪で行っていたはずがインフルエンザ流行時期に感染してしまうこともよくあります。

風邪を治そうと思って病院に行ったのに、風邪よりもひどい感染症にかかってしまったら意味がないですよね。

風邪薬というのは症状を抑えるものであって風邪自体を根本的に治す薬ではありません。

風邪にかかった場合一番よいのは、妊娠中であってもなくても自然に経過させることです。睡眠時間を十分にとって水分補給をし、ゆっくり休むのが一番なのです。

食欲がないときは栄養をとらなければと無理に食べる必要はありません。食べられるもの、食べたいものを食べればいいのです。

野菜や果物でビタミン補給をし、からだを温めるものを食べるようにしましょう。

整体師が教える風邪の治し方

妊婦が風邪で病院に行った方がいい時とは?

微熱の場合には病院に行かなくてもゆっくり休んでいればいいのですが、38度以上の熱が何日も続いたり、症状が悪化したときには受診しましょう。

40度以上の高熱が3日以上続くと母体の熱が胎児を包む羊水の温度を上げて胎児の心拍数も急激に上昇することもあります。また、羊水に菌が入り込んで、感染症を起こす危険があることもあります。

また、咳がひどいからといって市販の咳止め薬を勝手に飲んではいけません。

咳がひどくてつらいときには悪化する前に受診しましょう。妊婦でも服用できる薬を処方してくれます。

Sponsored Links

内科よりも産婦人科へ

内科でも妊婦さんが服用しても大丈夫なように、体に優しく緩やかな効き目のある漢方などを処方してもらえるので薬の心配はありません。

ただ、妊娠前の一人の体ではないので、胎児の状態なども把握しているかかりつけの産婦人科のほうがより適切な処置がしてもらえます。

受診前に電話で連絡を

高熱が出たり、体がだるくて関節が痛むなどの症状があればインフルエンザを発症している可能性もあります。

他の妊婦さん感染させないためにも、いきなり受診するのではなく、産婦人科には必ず事前に電話で連絡しておきましょう。

受診の際はマスクを着用して、内科を受診する場合には母子手帳を持参して妊娠の状況がわかるようにします。

安静にしてゆっくり過ごす

病院を受診したら、処方された薬を飲んでゆっくり休養し、風邪が悪化しないように安静にして過ごしましょう。

また、自分が気を付けていても、家族にうつされる場合もあるので、特に冬の時期は家でもできるだけマスクをつけて、帰宅後は手洗いうがいを忘れないようにしましょうね。

濡れマスクの作り方

濡れマスクは市販品もありますが、使い捨ての不織布マスク2枚とガーゼで自分でも簡単に作れます。

ガーゼを湿らせて不織布マスクではさむだけです。ただし、この場合には使い捨てになります。

ガーゼマスクであれば洗って何度でも使えますね。ガーゼマスクの場合にはマスクの上部1/3の部分を湿らせて外側に折って口だけを覆うようにします。

咳き込むとお腹に圧力がかかるので要注意

熱はそれほどではなくても咳がひどい場合もありますね。激しくせき込むとお腹に圧力がかかり、お腹が頻繁に張ることがあります。

部屋は適度に加湿して温かい飲み物をゆっくり飲むようにして咳を和らげましょう。

咳がひどい時は喉の症状に効く大根はちみつや生姜湯などを飲むとよいですね。

寝るときに首にタオルなどを巻いて温めると咳が出にくくなることもあります。

冷えたり乾燥したりするのがよくないので部屋や体を温めて、部屋を加湿して濡れマスクをして寝るようにするのもいいでしょう。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。