コリン性蕁麻疹とあせもの違い|チクチク、ピリピリ痛みを伴うのは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
体に湿疹ができた赤ちゃん

汗をかくとあせもができたり、コリン性蕁麻疹になったりします。汗による蕁麻疹をコリン性蕁麻疹と言いますが、子どもは汗をかきやすいのであせもになりやすく、コリン性蕁麻疹も出やすいですね。ここではコリン性蕁麻疹とあせもの違い、子どもに多い蕁麻疹についてまとめました。

Sponsored Links

コリン性蕁麻疹とあせもの違い

あせもとは

あせもは大量に汗をかいたときに、汗に含まれる塩分やほこりなどで汗の通る管が詰まり、汗が皮膚の外に出ないで皮膚の中で漏れ、皮膚の中が膨らんで小さな水疱などが出る現象です。

ほとんどの場合かゆみははありませんが、時折強い痒みが出ることがあります。

かゆいからといってかきむしると悪化してとびひとなってしまい、皮膚科の治療が必要になってきます。

体の部分的に出ることが多く全身に出ることはほとんどありません。

放置しておいても自然に治る場合が多いです。

子どもは小さな面積に大人と同じ数の汗の出る穴があり、大人の2、3倍の汗をかくことになるためあせもができやすいのです。

また今までは乳幼児や子ども、皮膚の弱い人に多いとされてきましたが、近年は猛暑や酷暑の影響で成人でもあせもが出やすくなっています。

Sponsored Links

蕁麻疹とは

蕁麻疹は膨疹(皮膚が赤く盛り上がる)ができて、かゆみを伴います。

ほとんどの場合、あせもよりも早く消え、数分から数時間で消えてしまいます。

蕁麻疹はアレルギー性のものや物理的な刺激による非アレルギー性のもの、遺伝性のものなどがあります。

食べものや薬剤などによるアレルギー性の場合は全身に蕁麻疹がおこる場合があります。

アレルギー性のものは原因となる特定の物質を摂取しなければ症状はおきません。

非アレルギー性の蕁麻疹は、物による摩擦や圧迫、振動、熱さ、寒さ、日光などが原因でおこります。

また運動や入浴、ストレスなどでの発汗が原因でおこることもあります。

さらに同じものを食べても、その日の体調や食べ方、量、吸収のされかたなどによって症状が出たり出なかったりすることもあります。

大人はストレスによって蕁麻疹が出ることがありますが、子どもも保育園や幼稚園、学校などの環境によるストレスが影響することがあります。

コリン性蕁麻疹とは

コリン性蕁麻疹は運動や入浴、精神的ストレスや緊張などで体温が上昇し、汗をかくときに出やすい蕁麻疹です。

汗をかくとアセチルコリンが分泌されて膨疹ができるのでコリン性と言われています。

コリン性蕁麻疹は、一つ一つの膨疹が1ミリ~4ミリ程度と小さく、かゆみというよりもチクチクとした刺激やピリピリとした痛みを伴うことが多くあります。

アナフィラキシーショックとまではいかなくとも人によっては息が苦しくなることもあります。

ほとんどの場合は発汗をするとともに膨疹が出ますが、30分から1時間、長くても数時間から1日で消えてしまいます。

Sponsored Links

子どもに多いコリン性蕁麻疹

コリン性蕁麻疹は小児から若い成人(10代~20代)に多いのですが、子どもの場合は数ヶ月から数年で自然に治ることが多いとされています。

コリン性蕁麻疹には遺伝性はありません。

原因がわからない

コリン性蕁麻疹の原因については以下のようにいろいろな説が考えられていますが、はっきりとした原因は明らかになっていません。

  • 自分の汗に対してアレルギー反応をおこす
  • 汗の管が詰まり、汗が皮膚の中に漏れることによって汗アレルギーをおこす
  • 何かの異状で汗が出なくなることによる

などです。

Sponsored Links

コリン性蕁麻疹ができたときの対処法

コリン性蕁麻疹が出た時の治療法は一般的な蕁麻疹と同じで、抗ヒスタミン薬の投与です。

しかしなかなか効かないこともあります。

その場合は薬の量を増やしたり、薬の種類を変えたりして調節します。

最近では眠気などの副作用をおさえた新しい抗ヒスタミン薬も出ています。

抗ヒスタミン剤を大量に使っても効果が出にくい場合もあるようで、そういった場合には抗コリン剤が使われることもあります。

塗り薬については他の蕁麻疹同様、効果はほとんどありません。

ハーディング療法と言って適度な入浴や軽い運動をし、汗を出すことに慣れていくことで症状を改善させる治療法もあります。

こうした療法は薬物療法と合わせて行っていきます。

そして、質の良い睡眠をとることも大切です。どんなに忙しくてもゆっくりと休む時間、しっかり眠る時間をとるようにしましょう。

勝手に判断しない

蕁麻疹やコリン性蕁麻疹が出たときは、たとえすぐに消えたとしても完全に治ったかどうかわかりません。

一度病院を受診し検査を受け医師に診てもらったほうがいいでしょう。

投薬している場合は発疹が出なくなったからといって自己判断で勝手に薬をやめずに薬をやめたいときにはまず医師に相談です。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。