子供の手足が冷たい!低体温が増えている原因と3つの対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
幼稚園児

赤ちゃんの手足が冷たくても体が温かければ心配ありません。幼児期の子供の場合はどうなのでしょう。子供の手足が冷たい場合も心配ないのでしょうか。子供の手足が冷たいことで考えられること、対処法についてまとめました。

Sponsored Links

子供の手足が冷たい!

小さい子供の小さい手足が冷たいと心配になりますね。子供の手足が冷たい理由と冷たいときに確認すべきことをみていきましょう。

寝ている赤ちゃんの手足が冷たい

赤ちゃんは体温調整が苦手です。寒いときには手足の末端の毛細血管をキュッと閉めて体温を逃がさないようにしていると言われています。

寝ている赤ちゃんがよくバンザイをして手を布団から出して冷たくなっていると心配になりますが、からだが温かければ心配いりません。

真冬でも心配になるぐらい冷たくなっていて夜中に添い乳で授乳するとき赤ちゃんの手がおかあさんのからだにあたっておかあさんが悲鳴をあげるぐらい冷たいこともあるようです。それでも赤ちゃんのからだは温かいのですね。

赤ちゃんの手足が冷たいからといって寝るときに靴下を履かせたり手袋をさせることはありません。

乳幼児突然死症候群(SIDS)という病気をご存知でしょうか。主に1歳に満たない赤ちゃんが何の兆候もないのに突然亡くなってしまうという痛ましい病気です。

原因ははっきりしていないのですが、この乳幼児突然死症候群(SIDS)の予防法がいくつか提唱されていてその中のひとつに温めすぎないという項目があります。

手足が冷たいからといって温めすぎないようにしましょう。

> 赤ちゃんの冬の布団はどうする?着せすぎやかけすぎに要注意

> 赤ちゃんが寝るときの服装は?月齢で変わる最適なパジャマ

Sponsored Links

熱が出ている赤ちゃんの手足が冷たい

頭やおでこを触ってみると熱いのに手足が冷たいということもあります。

熱を測ってみると40度近くあるのに手足が冷たいととても心配になりますね。

熱があるのに手足が冷たいときはまだ熱が上がりきっていないことが多いのでタオルケットのようなものを1枚肩までかけてあげてください。

そのまま眠っているようであれば手足が温まるまでそのまま眠らせてあげて、かけたものを蹴とばすようであれば蹴とばしたものはそのままにして眠らせてあげましょう。

ひと昔前までは熱を出すために厚着をさせたり厚い布団をかけたりしていましたが、熱がこもってしまうのでやめましょう。

熱があって手足が冷たいときにかけてあげるのは薄いもので十分です。

手足が温かくなって汗をかき出したら熱が下がる時期に来ています。

> 子供が40度の高熱に!間違った対処をしていませんか?

Sponsored Links

幼児期の子供の手足が冷たい

子供の平熱は大人よりも高いと言われています。ところが最近は平熱が低い子供が増えているとも言われています。

子供の平熱を知っていますか。子供の手足が冷たい場合には平熱自体が低いことがあります。

一度平熱をきちんと測ってみましょう。

平熱の測り方

体温は一日のうちでも測る時間帯によって1度以内ぐらいの差があります。午前4時ごろが一番低く、午後から夕方にかけて高くなります。

ですから、平熱を測る場合には起きたとき、午前、午後、夜と4回測ってその時間帯での平熱を記録しておくといいでしょう。

食後すぐは体温があがるので避けたほうがいいですね。何日かごとに測ってみるといいようです。

平熱が低い子供は手足が冷たい場合が多いようです。この場合、手足を温めるだけでは平熱が高くなることはありません。

Sponsored Links

低体温の子供が増えている

いわゆる低体温(平熱が35度台)で冷え性の子供が増えてきているようなのです。

生活習慣の変化や睡眠のリズムがうまくいっていないなどから起きてきているようです。

最近の子供たちの中には早寝早起きではなく夜は遅い時間まで起きていて朝はぎりぎりまで寝ているという子もいます。

また、テレビやゲームなどに熱中してからだを動かさない、運動をしない子も増えています。

生まれてから子供に良かれと思ってやってきたことが実は低体温の原因のひとつかもしれないということもあります。

日本の夏は高温多湿です。ただでさえ赤ちゃんは暑がりなのに真夏ともなるとよく汗をかいてあせももできやすくなってしまいます。

あせも対策のために、赤ちゃんが快適に過ごせるようにと真夏は冷房をきかせた部屋で過ごしていませんでしたか。

体温調整のために汗をかくのはとても大事なのですが、快適な部屋で過ごしていると汗をかく必要がなくなって汗腺も発達しません。

汗腺が発達していないと基礎代謝を低くして熱が出ないようにするのですが、それが低体温につながるのですね。

低体温は手足が冷たくなってしまう冷え性だけでなく免疫力も低下してしまいます。

低体温が改善されれば手足が冷たくなる冷え性も改善されるでしょう。

また、親が低体温だと子供も低体温になりやすいようです。

Sponsored Links

子供の低体温を改善するには

乳児期のことを振り返って嘆いていてもしかたがありません。低体温を改善するために今からできることをやっていきましょう。ぜひ、次の3つのことに取り組んでください。

  • よく寝る
  • よく食べる
  • よく動く

よく寝る

よく寝るためには夜遅くいつまでも起きていないで早く寝ることです。良質な睡眠をとれるようにしてあげましょう。

昔から言われている早寝早起き健康の素であるというのは理にかなっていることです。

夜いつまでも人工の灯りのもとで起きていないで早めに寝て朝は太陽の光をあびましょう。

よく食べる

特に朝食はきちんととるようにしましょう。

夜ぐっすり寝て起きたときには体温は下がっています。朝食を摂ることでからだも目覚め体温も上がりやすくなります。

夜遅くまで起きていて間食をするのではなく、早く寝て朝は早めに起きてきちんと食べるようにするといいでしょう。

よく動く

外遊びの時間をしっかりとることです。

できれば体温が上がっていく午前中お昼ごはんの前、一番体温が高くなる夕方に外で遊ぶと基礎代謝も高まります。

よく動くとお腹もすきますし、良質な睡眠にもつながりますね。

親子で対策を!

低体温が改善されると手足が冷たい冷え性が改善されるだけでなく、免疫力が高まるので病気にもかかりにくくなります。

低体温で冷え性というおかあさんは多いようですが、男性にも冷え性の方が多くなっているのでおとうさんの中にも低体温で冷え性という方がいるかもしれませんね。

親子で低体温対策のために生活のリズム、睡眠のリズムを整えて笑顔で元気な毎日を送ってくださいね。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。