子供の野菜嫌いは当たり前!上手に付き合う5つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ヘルシーな緑黄色野菜

野菜が嫌いという子どもは多いですね。子どもが野菜が嫌いなので何とかしたいと思っていろいろ工夫しているのにちっともうまくいかないと悩むおかあさんも多いでしょう。子どもの野菜嫌いについて、理由や対処法をまとめてみました。

Sponsored Links

子どもは野菜が嫌い?

いろいろな団体が子どもの野菜の好き嫌いについて調査をしています。

調査のしかたによって結果は微妙に異なりますが、いろいろな調査で子どもが好きな野菜としてあげているのは、とうもろこし、枝豆、じゃがいも、さつまいも、きゅうりなどです。

また、嫌いな野菜としてよくあげられるのが、なす、ピーマン、ねぎ、しいたけ、水菜、オクラなどです。

おもしろいことに好きな野菜にも嫌いな野菜にもよくあがってくるのがトマトなんですね。調理法によって好きだったり嫌いだったりするようです。

子どもが野菜が嫌いで困っているという場合、おかあさんが食べてほしいと思っている野菜を食べてくれないということもあるようです。

中にはご飯しか食べない、野菜をいっさい食べないという強者もいるようですが、幼児食の時期の子どもに多いようです。

子どもはどうして野菜が嫌いか?

子どもが嫌いという野菜について、なぜ嫌いなのか、自分で表現できる子どもたちにその理由を尋ねたところ、次のような点があがってきたようです。

  • 苦味・酸味などの味
  • 食感・舌ざわり
  • におい
  • 色などの見た目

苦味・酸味などの味

味には、甘味、塩味、苦味、酸味、うま味の5種類あって舌や軟口蓋(上あご部分)にそういった味を感じる味蕾という小さな器官があります。

味覚はだんだん衰えていくのですが、乳幼児期は一番発達しているのですね。

そして、子どもが苦味・酸味を嫌うには理由があるのです。

苦味や酸味は毒の入っているものや腐っているもの、十分に成熟していないものに多いので、子どもは本能的にそういった味を嫌うのです

子どもが嫌いな野菜としてあげるものには苦味や酸味がきついものが多いのです。

食感・舌ざわり

野菜によっては独特の食感や舌ざわりのものがありますね。

子どもによってその食感が好きな子もいれば嫌いな子もいます。これは大人でも同じかもしれません。

におい

ねぎやにらセロリなどはにおいが強く独特の香りがあります。大人でも人によってかなり好みに差がありますね。

子どもは本能的に香りがきついものは避ける傾向があるのです。ですから、においがあまりないきゅうりなどは好きな野菜に入っているのですね。

色などの見た目

1歳を過ぎると視覚、嗅覚、触覚も発達してくるので味だけではなく、においや食感、見た目の色などによって好き嫌いが出てきます。

緑の濃いものは自然界ではまだ熟していないものが多いですね。緑色の間は食べられないように苦かったり毒を持っていたりすることが多いのです。

そういったことを子どもは本能的に知っているのですね。ただ、緑色のきゅうりはきついにおいがないので大丈夫なのです。

このように子どもは五感のすべてを働かせて本能的に取り入れてよいものかどうか判断しているのですね。

Sponsored Links

子どもの野菜嫌いとの付き合い方

子どもが欲しがるものをあげればいい

子どもが欲しがるものだけをあげていればいいと言われます。確かにそうなのですが、子どもは甘いものや味の濃いもの、油っこいものなどを好む傾向があります。

食事をちゃんと食べないからとおやつに菓子パンや甘いジュースなどをあげてしまうとその味を覚えてそれしか食べなくなってしまいます。

子どもが欲しがるものをあげればいいというのはお菓子など食事の代用になるようなもののことではありません。

食事のときに食べるもののことで、ご飯しか食べない、ご飯と味噌汁しか食べないというのであればそれで大丈夫ということなのですね。

いつまでもご飯しか食べないわけではないので長い目で見て今はそういう時期と割り切って見守ってあげましょう。

> 子供が偏食する4つの理由|原因ごとに異なる対処法とは

味付けや調理の工夫

子どもの野菜嫌いをなおそうとあの手この手を使っても難しい場合が多いですね。何とか食べさせなくてはと食事の時間がおかあさんのストレスになっていませんか。

嫌いな野菜を何とか食べさせようといろいろな工夫をしているおかあさんは多いでしょう。味付けをかえたり刻んで混ぜ込むことが多いようです。

カレー味が好きな子や味噌汁に入れれば食べるという子も多いので、味付けの工夫は試してみるとよいかもしれません。

素材の味を生かしながらも少しだけ濃い味にしてみたり、味噌汁やスープを実だくさんにしてみるのもよいですね。

切り方や手間のかけ方ひとつで味が変わってくることもあります。

ピーマンは繊維に沿って切るのではなく繊維を分断するように切ると苦味がおさえられますし、ほうれん草もゆでてから調理するとえぐみが和らぎます。

刻み込んで混ぜてわからなくして食べさせるというのも多いようです。

ただ、大人でも刻み込んでおいしく食べられるものであればまだいいのですが、ただただ食べさせるために小さく切っていろいろなものを混ぜてもおいしくなかったら子どもだって食べないでしょう。

大人と同じ食事をいっしょに

わざわざ子ども用に別に作らず大人と同じ食事を出して食べるものだけを食べさせるのもよいでしょう。

無理強いせずとも大人がおいしそうに食べながら「ひと口食べてみる?」と聞いてみたり、あえて聞かずとも大人がいつもおいしそうに食べていると興味を示してくることもありますよ。

子どもが食べやすいようにと工夫して子ども用にわざわざ作ったものは食べないのに、大人用のものを取り分けたら食べるようになったという場合もあります。

いっしょに買い物に行ったり収穫したり料理をしたりする

いっしょに買い物に行って野菜を選ばせてみたり、家庭菜園で育てていっしょに収穫するという体験もよいですね。

野菜がどんなふうに育っていくのか、毎日水やりをしながら成長過程を見たり、できたものを自分で収穫することでその野菜への関心も出てきます。

家庭菜園が難しけれれば収穫祭などで収穫体験ができるイベントもあります。親子で楽しめます。

子どもといっしょに料理をするのは親としては手間がかかるのでなかなか大変かもしれませんが、洗ったり、皮をむいたり、切るのを手伝ってもらうのもよいですね。

早い子であれば2歳ぐらいから包丁も上手に使えます。

まず素材である野菜を手にとるところから始めてみましょう。

旬の新鮮でおいしい野菜を!

今ごろはトマトでもきゅうりでも一年中あるので季節感があまりありませんが、やはり旬の時期のものと他の時期のものでは味がかなり違います。

おいしい時期に新鮮なものを食べるとほんとうのおいしさを味わうことができるでしょう。

これは大人も同じです。

野菜嫌いは克服しなければならないか

そもそも子どもの野菜嫌いはなおさなくてはいけないものなのでしょうか。

親としては栄養バランスが気になったり、食べられれないものがあるとかわいそうと思っているようですが、ご自分はいかがですか。

ある調査ではおかあさんが小さいころから野菜の好き嫌いがある場合には子どもにも好き嫌いがあるという場合が多かったとのこと。また、おかあさんが子どものころから野菜の好き嫌いがなかった場合でも子どもに好き嫌いがないというのは6割ほどだったようです。

親に好き嫌いがあるとどうしても子どもにも影響するのは否めませんが、だからといって親に好き嫌いがなかったからといって必ずしも子どもにも好き嫌いがないかといえばそうとばかりはいえないようです。

自分が野菜嫌いで困ったので子どもには何でも食べられるようになってほしいというおかあさんもいるかもしれませんね。

そんな方はこの際お子さんといっしょにおいしい野菜の食べ方を探求してみてはいかがでしょう。

食べられるものが多ければその分食の楽しみも増えますね。調理のしかたや味付けによって野菜の味は変化します。調理する鍋によって野菜の味がかわってしまうこともあるようです。

一番大切なこと

食べることは生きていく上でとても大切なことです。無理強いしたり、脅したり叱ったりしていると、肝心の食べること自体が嫌になってしまいますね。

味覚は成長とともに変化するので今は食べないものでも成長過程に中で食べられるようになるものも出てきます。

子どものときには嫌いだった野菜も大人になってからおいしいと思えるようになるかもしれません。

だいたい、癖のあるニラやセロリやネギなどは子どものころに食べられなければいけないものでもありません。ただ、調理のしかたではとってもおいしくなるんですけどね。

もし食べられない野菜があってもそのかわりになる野菜で補うことができればいいのではないでしょうか。

栄養バランスが大事ということに縛られて何とか嫌いな野菜を食べさせようとするあまりに、親子で心のバランスが崩れてしまうなんてことにならないようにしてくださいね。

何でも食べられる子=いい子なのではありません。

子どもがほんとうに体に必要なものを自分で選びとっていける力を培っていけるといいですね。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。