子供の頬が赤いけどりんご病?主な症状と家庭で出来る対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
泣いてほっぺが赤くなった赤ちゃん

子供の頬が異様に赤い状態になるとりんご病かな?と心配になりますよね。りんご病という病名は知っていても実際にどんな症状になるのか、どう対処すればいいのかを知っている方は少ないようです。そこで今回はりんご病についてまとめてみました。

Sponsored Links

子供の頬が赤いのはりんご病?

りんご病は正式には「伝染性紅斑」と言います。「伝染性紅斑」はヒトパルボウイルスB19というウイルスによる飛沫感染と接触感染により発病します。

5~9歳の子どもが感染しやすいのですが、感染力自体は弱いのでインフルエンザのように毎年同じような時期に大流行するわけではありません。

症状のひとつとして頬がりんごのように赤くなることからりんご病と言われるのですが、一度かかれば免疫ができるので再度発症することはないと言われています。

大人になって感染発症すると症状が重くなってしまう場合が多いので、症状の軽い小さいうちに罹っておくと免疫力がつくのでよいかもという考え方もあるでしょう。

どうやって感染するの?

感染経路としては飛沫感染と接触感染があります。

つまり、咳やくしゃみなどで空気中に拡散したウイルスを吸い込むなどして感染する場合とそうしたウイルスがついたものに触って感染する場合があるということですね。

どちらも感染力は弱いのですが、幼稚園や保育園、学校などで集団感染しやすく、乳幼児や5~9歳ぐらいまでの子は免疫がないので感染しやすいのです。

Sponsored Links

りんご病の症状

主に発熱、咳、鼻水など風邪と同じ症状なので初めは風邪かと思っても不思議ではありません。

そのうち両頬に赤い湿疹が出て、手足にレース模様の赤みが出てくるのがりんご病の特徴です。頬の両方に出ることもあれば片方だけしか出ないこともあります。

大人が感染すると

大人が感染し発症した場合には頬が赤くならないこともあり、発疹は手足にだけという場合もあります。

大人の場合には関節炎や重い貧血などの合併症が引き起こす場合もあります。

また、妊婦が感染すると胎児が重い貧血を起こし、死亡するリスクも高まってしまうこともあります。免疫力をつけて感染予防もしっかりしておきましょう。

りんご病を予防するには

インフルエンザなどの感染症は効果的なワクチンがありますが、りんご病には有効的なワクチンはありません。

そのためりんご病が流行しやすい夏でも、マスクをして飛沫感染を防いだり、帰宅時はうがいや手洗いをしっかり行いましょう。

また、できるだけ家族間でもタオルは一人ずつ別のものを使うようにし、食器も共有するのはやめましょう。

りんご病はウイルスにダイレクトに効く薬もなく、初期の段階では軽い風邪だと思われるケースがほとんどなので、病院を受診する人も少ないかもしれません。

しかし、感染拡大を防ぐためにも、りんご病が周りで流行し始めている時などは小児科を受診して検査をしてもらうと安心です。

りんご病に限らず感染症を予防するには日ごろから免疫力を高めておくことです。

免疫力を高めるために必要なのことは栄養バランスのとれた食事、質のよい睡眠、適度な運動、そしてよく笑うことなどです。これは大人も子どもも同じです。

Sponsored Links

家で出来る対処法

家庭でできる対処法としては、基本的には体が辛くなければほぼ普段通りの生活でかまいません。

ただし、顔に赤い湿疹ができてきたら、入浴や運動により血の巡りがよくなって患部の赤みが増したり、痛かゆさが強くなる場合もあります。

痒みが強い場合には、長風呂にならないようにお風呂も短時間ですませ、運動も控えて、できるだけ安静にして過ごしましょう。

日光に当たったり逆に寒い場所にいると頬のかゆみが増すこともあるので気をつけましょう。

食事も基本的にはいつも通りでいいのですが、食欲がないときには消化がよくて食べやすいものにしてあげます。

子供の頬がかゆい場合は?

子どもの場合頬のかゆみに耐えられずにどうしても掻いてしまう場合があります。

頬に引っかき傷ができたり、熱を持って腫れがひどくなるようなら皮膚科や小児科を受診すると、かゆみ止めや炎症を抑える薬を処方してもらえます。

薬を使えば、頬の症状は大分楽になり、通常は数日で頬のかゆみなどは治まってきます。

りんご病になると子どもの頬が突然赤くなって、びっくりしてすぐに病院に連れていくママもいるようですが、重い合併症を引き起こすことは稀なので必要以上に不安にならなくても大丈夫です。

ただし、次のようなときには病院に連れて行ったほうがいいでしょう。

  • 発疹をあまりに痒がるとき
  • 紅斑が広い範囲にわたるとき
  • 熱が高いとき
  • 元気がなくぐったりしているとき

症状は子どもによって異なります。子どもの様子をよく見ていつもと違う場合には受診するようにしましょう。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。