子供も野菜不足で便秘になる?実は原因は別にあった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
泣いている男の子

野菜が苦手という子供は多いですが、野菜不足になると子供も便秘になるのでしょうか。実は子供の便秘と大人の便秘では原因が異なります。子供が便秘にならないための対処法についてまとめました。

Sponsored Links

子供の野菜不足は便秘につながる?

離乳食から幼児食へ移行するするころになると野菜が苦手で食べさせようとしてもなかなか食べなかったり、無理に食べさせようとすると吐き気をもよおしてしまう場合もあります。

便秘になるのは食物繊維が不足しているからだと言われます。子供の場合もそうなのでしょうか。

子供も食物繊維が不足している場合は便秘になりやすいのですが、子供の便秘の原因はそれだけではありません。

だいたい食物繊維は野菜だけに含まれているわけではないので、必ずしも野菜不足=便秘とはいえない場合もあります。

水分が足りなくて便が固くなっていることもあります。

離乳食初期のころは母乳やミルクで水分補給ができていましたが、母乳やミルクから卒業するとその分の水分を他の形でとる必要があります。

でも、野菜が嫌いだと便秘になりやすいのでは?

食物繊維には2種類あるのをご存知ですか。

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維です。

水溶性食物繊維というのは文字通り水に溶ける食物繊維で腸内環境を整える働きがあります。

オクラ、山芋、キャベツや大根、ごぼうなどの野菜類に多く含まれていますが、野菜以外にも海藻類、きのこ類、豆類、麦類にも多く含まれています。

不溶性食物繊維は腸の蠕動運動を活発化させ、便の量を増やして排便を促す働きがあります。

野菜類だけでなく穀類や豆類などに多く含まれています。

野菜が苦手で食べない時期があっても穀類や豆類をとっていれば便秘にはなりにくいのです。

子供によっては野菜が嫌いだといって食べない時期があることもありますが、便秘になったら困るからと無理に食べさせるようなことはやめましょう。

無理強いしているとほんとうに野菜嫌いになってしまいます。

便秘について心配であれば穀類や豆類をしっかりとれるようにし、水分は味噌汁やスープなどで十分とれるようにしてあげましょう。

Sponsored Links

無理なトイレットトレーニングをしない

トイレットトレーニング中に失敗して叱られたことがあると、叱られたくなくてウンチをするのをがまんすることもあります。

また固いウンチで肛門が痛かったことがあると痛い思いはしたくないからとウンチが出たくなっても我慢してしまう子供もいます。

2~3歳ぐらいになっていると一度固いウンチをして痛い思いをすると、両足をクロスしてウンチが出るのを我慢したり、肛門の筋肉を締めながら力むようになることもあります。

ウンチは我慢すると出たくなくなるのでお腹の中でたまったままになり、どんどん水分が吸収されて固くなってしまいます。

ウンチが固くなるとますます出にくくなってもっと痛い思いをすることになり悪循環になってしまいますね。

腸にウンチがある状態が普通になってしまう

便秘症でなければ直腸にウンチが溜まると出したくなるのが普通なのです。

ところが直腸にいつもウンチがあるのが普通になってしまうと腸も鈍くなって便意自体を感じなくなってしまうのですね。

すると便はどんどん溜まっていき水分は吸収されて固くなって・・・とまたまた悪循環になってしまうのです。

上手にトイレットトレーニングを

トイレで嫌な思いをさせないようにしましょう。

トイレに行くこと自体が嫌になってしまうとトイレでウンチができなくなってしまいます。出るから行くと言ったのに出なかったとしても、失敗しても叱るのはやめましょう。

毎日ウンチを習慣づけるために親子ともにゆとりのある時間帯に毎日トイレに行くようにするといいでしょう。

もちろんウンチがしたくなったときにはトイレに行くことです。

もしウンチが出たら「あ、よかったねぇ」「お腹がすっきりしたね」「気持ちよくなったね」といっしょに喜んであげましょう。

子供の便秘を防ぐには

子供の便秘を防ぐには毎日の生活が大切です。

  • 早寝早起きをして規則正しい生活習慣を身につける
  • バランスのとれた食事に気をつけおやつの時間以外に間食はしない
  • 外遊びなどをしてからだを動かす

規則正しい生活習慣を身につける

毎日決まった時間にトイレに行くようにするといいでしょう。

早寝早起きをして生活のリズムを整えることは大人にとっても大事ですね。

バランスのとれた食事に気をつけおやつの時間以外は間食はしない

バランスのとれた食事をさせようと躍起になって無理強いだけはしないでください。

1回の食事ではなく、数日間、1週間といった長い目で見てバランスが取れていればいいのです。

いろいろな野菜が食べられるほうがいいとはいえ、これがだめでもこっちが食べられるというふうにトータルで考えましょう。

食事のときにお腹がいっぱいになっていないと間食をしたがり、甘いおやつを欲しがりますが、一度にたくさん食べられない場合にはおやつも食事の一環と考えておやつの内容を考えましょう。

外遊びなどをしてからだを動かす

からだを動かすと腸の運動も活発なるので必然的に便通もよくなります。

日中からだを動かすと早寝早起きにもつながりますし、食事の量も増えていろいろなものを食べられるようになるでしょう。

子供の便秘は野菜不足からとは限りません。

野菜不足・野菜嫌い=便秘とは限らないので、野菜を無理に食べさせる必要はありません。

いろいろな野菜を食べられるようになることはもちろん大切なことです。野菜を食べないからと無理強いせずに、おいしく食べられるようにいろいろな調理方法を試してみたり、いっしょに料理をするなどの工夫をして長い目で見てあげましょう。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。