子供がご飯を食べない!よくある理由と3つの対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ご飯を食べない子供

子供によってよく食べる子もいればあまり食べない子もいます。食べ過ぎる子供も肥満にならないかと気になりますが、子供がご飯を食べないとちゃんと栄養が足りているのかと心配になります。ご飯を食べない子供はその子なりの理由があって食べないことがようです。ちょっとした工夫で食べるようになることもあるので、ここで紹介する方法を試してみましょう。

Sponsored Links

子供がご飯を食べない理由

子供がご飯を食べないときの大きな理由のひとつにお腹がすいていないからということがあるでしょう。

大人は朝、昼、夕と時間が来ればそれほどお腹がすいていなくても食事をとりますが、子供の場合には時間が来てもお腹がすいていなければ食べようという気にはならないものです。

お腹がすかない原因のひとつに間食の食べ過ぎがあります。途中でお腹がすくのでついおやつを食べすぎてしまうことはありませんか。

途中でお腹がすくとお菓子やジュースをあげてお腹がいっぱいになってしまうと肝心の食事の時間にはお腹がすいていないので食べる気がしないなんてことはよくあります。

また、もともと食が細い子もいます。一回の食事でたくさんの量が食べられない子供もいます。

中にはおかあさんの味つけとは違う味の好みの子供もいてそういった子供の場合はおかあさんの作ったものはあまり食べないということもあるようです。

Sponsored Links

子供がご飯を食べないときにはどうする?

一回の量を減らす

一回の量が多くて食べられない場合には一回の量を減らしてあげましょう。ところがそのときはお腹がいっぱいになったと思ってもすぐに「おなかすいた」という場合もあります。

食事のとき以外でお腹がすいたと言ったときにはお菓子やジュースをあげるのではなく、小さいおにぎりやパンケーキ、ちょっとしたサンドイッチ、焼き芋や大学芋、ミニうどんなどをおやつにあげましょう。

かわいい盛り付けにする

子供がご飯を食べないときには盛り付けのしかたを工夫してみると、子供が興味をもってよく食べることがあります。

ちょっと手間はかかるけれど一口サイズにしたり食べにくいものは刻んだり、野菜を型抜きしてみたり、ご飯とおかずをワンプレートにかわいく盛って、ちょとしたお子さまランチ風にしてみたりするのもいいかもしれませんよ。

一手間かけることで、喜んでくれるかな、どんな顔して食べるかなと楽しんで調理できるのであればいいのですが、手間がかかって面倒と思うのであれば止めておきましょう

面倒と思っているのに続けようとすると、逆におかあさんのストレスになってしまいます。

Sponsored Links

いっしょに料理をしてみる

週末の時間の余裕があるときにいっしょに料理をしてみてはいかがでしょうか。

ご飯を作る楽しさを味あわせてあげるとご飯への興味も増すでしょう。ただ子供といっしょに料理をすると時間も手間もかかってしまいます。

時間の余裕を持って簡単なことから手伝ってもらい、少しづつやることを増やしていくといいですね。

自治体などでは親子の料理教室などを開いてる場合もあるのでそうしたものにいっしょに参加してみるのもいいですね。

いつもと違う料理を他の子たちといっしょに作る体験は子供を大きく成長させることでしょう。

子供は食べたいものしか食べない

もちろん子供によって個人差はありますが、10歳ぐらいまでは自分が食べたいものだけを食べるという傾向があるようです。

特に幼児期には偏食があって当たり前ぐらいに思っていた方がいいでしょう。だからといって食べたがるものだけを作って食卓に載せればいいというわけではありません。

わざわざ子供用に特別に作らなくても親たちが食べるものを作ってそれを盛り付けや量などを工夫して子供用にすればいいのです。そしてそれを全部食べても食べなくても子供の食事として食卓に載せるだけです。

野菜嫌いの子供が多いようですが、生では食べなくても火を通すと食べるということもあります。

友人の子供は生のニンジンやセロリは食べないけれどスープにすると喜んで食べていました。

小さいころは食べない野菜も大きくなって食べるようになる場合もありますし、その野菜を食べなくても他の野菜で同じ栄養素がとれればいいとトータルで考えてみてはいかがでしょう。

子供は食べたいものしか食べないといっても食べたいものだけを食べることがいいというわけでもありません。

甘いお菓子やジュースしか食べたがらないからと言ってそれだけでいいわけはありません。

その点は注意しながら普通に食事の用意をしてそこにちょっとした工夫をしてその中で食べたいものだけ食べていれば大丈夫です。

> 子供が偏食する4つの理由|原因ごとに異なる対処法とは

Sponsored Links

子供がご飯を食べないことがどうしても心配なときは

子供によっては食べむらがありよく食べるときもあればあまり食べたがらない時期が続く場合もあります。

食べるものもあるときは同じものばかり食べたがったりすることもあります。食が細くても元気であれば心配いりません。毎回の食事の量にこだわらずに長いサイクルでトータルで見ると案外食べていることもあります。

食べないことを心配するあまりに暗い食卓にならないようにしましょう。そうはいってもあまりに少食だと心配になってしまいますね。

もしかしたら何か理由があって食べられないということもあるかもしれません。どうしても心配なときは小児科のお医者さんや保健師さんに相談してみるのもいいですね。

> 子供の偏食と障害の関係は?感覚過敏による場合の対処法

楽しいはずの食事の時間に「もっと食べなさい」「どうして食べないの」と言い続けるのは子供にとっても言うほうの親にとってもあまりいいとはいえません。ひとりで悩み続けないでくださいね。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。