子供の口の周りに湿疹ができる原因とすぐに実践すべき対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
赤ちゃんの顔の湿疹

赤ちゃんや子どもはよく口のまわりに湿疹ができてしまいます。ひどくなると痛くなったり痒くなったりしてかわいそうですね。口のまわりに湿疹ができる原因とひどくならないための対処法についてまとめました。

Sponsored Links

子どもの口の周りにできる湿疹はアレルギー?

肌が弱い子どもの場合、口の周りに湿疹ができてしまうことがあります。

この口の周りにできる湿疹のことを接触性皮膚炎と呼ぶのですが、口の周りだけに湿疹が出る場合にはアレルギーの心配はありません。

アレルギーが原因の場合は口だけでなく体の全体に湿疹ができるので見分けがつきます。

なぜ口の周りに湿疹ができてしまうのでしょうか。唇をなめたところに食べ物や唾液がついてかぶれてしまい皮膚炎を起こしてしまうと考えられます。

皮膚炎が起これば今度は痛みや痒みが生じるのでどうしても手でこすったり掻いたりしてしまいますね。

それが刺激となってさらに痛みや痒みが増してしまうという悪循環に陥ってしまいます。

ですから、口のまわりは清潔にして口の周りはなめないで手で触るのもやめておいた方がいいのですが、子どもの場合はそうはいきませんね。

湿疹の症状を改善するには?

特に赤ちゃんの場合にはよだれや食べかすなどがついてどうしても口のまわりは汚れてしまいがちです。

小さい子は皮膚のバリア機能が弱いのでちょっとした刺激でもかぶれてしまうのです。

特に食事の後などは口の周りを清潔に保ってあげることが大切です。口のまわりにかぶれができた時はこまめに拭いてあげると症状は改善されます。

ゴシゴシこすらずに濡らしたガーゼでこまめにやさしくぬぐってあげるようにするといいでしょう。乾いたタオルは赤ちゃんの敏感な肌には少し刺激が強すぎますね。

Sponsored Links

ひどくなってしまったら受診を

ひどくならないようにこまめに見てあげるといいのですが、注意していたにも関わらずひどくなってしまった場合には小児科か皮膚科を受診してみてもらうのもよいかもしれません。

小児科や皮膚科ではステロイドの外用剤を処方してくれます。

ステロイドは副作用の心配があるので、あまり使用したくないと思われるかもしれません。

ステロイドにもいろいろあって口のまわりに使うステロイドは安心して使用できる、弱めなものなので、子どもの口に使用しても大丈夫です。

 

リップクリームで乾燥を抑えるべき?

一度、炎症を抑えることが大切なので医師の処方通りに塗布します。

薬を塗布して完治した後、再度唇をなめて炎症が起こらないようにするには子ども用のリップクリームを塗るのもよいでしょう。リップクリームで唇の乾燥が抑えられるので、朝と夜の2回だけでも塗るのが効果的です。

Sponsored Links

ひどくなる前に原因を除去しよう

口の周りにだけ湿疹ができる場合はアレルギーによるものではないので、原因を除去するようにしましょう。

よだれや食べかすなどがついてかぶれて湿疹ができる場合には口の周りを清潔にします。また冬場に乾燥して赤く湿疹のようになる場合には乾燥しないようにしてあげます。

大きい子には根気よく注意

どうしても子どもは唇をなめてしまいがちですが、5~6歳程度になれば親が言うことも少しずつ理解できるようになります。

唇をなめてしまうと、また痛くなったり、痒くなってしまうということをよく言い聞かせて、できるだけ唇をなめないように根気よく注意することが大切です。

小さい子はこまめにみてあげる

もう少し小さい子どもの場合は、よだれや食べかすなどがついて口の周りがかぶれてしまったり、夏場にはあせもになって口の周りが赤くなってしまうこともあります。

そんなときはこまめに拭いたり洗ったりしてあげるといいですね。ひどくなる前に親ができることをしてあげましょう。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。