子供の高熱が続くけど大丈夫?こんな症状の場合は受診しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
寝込む女の子

子供の高熱が3日以上続く場合には、速やかに病院を受診した方が良いと言われています。子供は大人と比較すると体温が高いので、普通の風邪であっても38度以上の熱を出すことは多いのですが、高熱が長く続くと他の病気の場合もあります。今回は、子どもの高熱が続く原因と対処法について、ご紹介します。

Sponsored Links

子どもの高熱が続く原因と対処法

突発性発疹

子供が生まれて初めて突然40度近い高熱を出したときに考えられるのが突発性発疹です。

突発性発疹の特徴として、3~4日程度で高熱は下がりますが、その後に体中に赤いプツプツとした発疹が出ることが挙げられます。

高熱が3日以上続かなくても、熱が下がると同時に体に発疹が出てきたら突発性発疹の可能性が高いでしょう。

発疹は2~3日ぐらいは出ていますが、だんだん薄くなってそのうち消えてしまいます。

ときに痒がる場合もありますが、ほとんどの場合はかゆみはありません。

熱が下がったあとに機嫌が悪くなる赤ちゃんもいますが、高熱が出る割には機嫌がよいことが多いのであまり心配しなくても大丈夫です。

ただ、初めての高熱だからと言っても突発性発疹とわかるのは熱が下がって発疹が出てからです。

子供の様子を見て高熱が何日も続いて熱が下がらない場合や、機嫌が悪い、食欲がないようなときには一度病院に行った方がよいでしょう。

2ヶ月未満の赤ちゃんが高熱を出したときにも受診したほうがよいですね。

> 突発性発疹で機嫌が悪い時はどうしたらいい?高熱の時は?

Sponsored Links

水疱瘡やヘルパンギーナ

3~4日熱が下がらない病気としては水疱瘡やヘルパンギーナという病気の可能性も考えられます。

高熱が出たら着替えのときに水ぶくれができていないか全身をよく見てあげるようにしましょう。

水疱瘡もヘルパンギーナも、高熱は自然と治まるのですが、強い痒みを伴い、感染しやすい病気です。

とても痒くなるので水ぶくれになっているところを搔きむしってしまうと他の部分にもうつったり、膿んで化膿してしまうこともあるので、掻きむしらないように対処してあげましょう。

受診してかゆみ止めを処方してもらったほうがよいこともあります。ヘルパンギーナの場合には口の中に発疹ができ喉も炎症を起こします。

水疱瘡もヘルパンギーナも熱が下がると発疹もひいてきます。

ヘルパンギーナも水疱瘡も治療としては対症療法になります。

水疱瘡の場合には水ぶくれを掻きむしらないようにかゆみや炎症をおさえます。

いずれも高熱で脱水症状を起こしやすいので水分をしっかりとらせるようにしてください。

また、ヘルパンギーナと似ている病気の一つに手足口病があります。

手足口病は、熱は出てもヘルパンギーナほどの高熱にはなりませんが、口に水疱ができるだけでなく手や足にも発疹が出ます。

手足口病は一週間ほどで症状はおさまるので、水分補給に気をつけながら安静にするようにしましょう。

> ヘルパンギーナと手足口病の違いって?感染した時の対処法

>水疱瘡の感染期間はどれくらい?3つの感染経路と予防法

>ヘルパンギーナと手足口病の違いって?感染した時の対処法

Sponsored Links

5日以上続くときは危険信号

子どもの熱が数日でおさまらず、5日以上も続くときには注意が必要です。

高熱が5日以上続く原因の一つとしては川崎病が考えられます。

川崎病は未だに原因が不明とされています。

川崎病は高熱が出るだけでなく全身に赤い発疹が出たり、首のリンパ節が腫れたり、両方の目が充血し、舌には赤いぶつぶつができてイチゴのようになります。

最初は風邪症状なのですが、その後前述のような症状が出てきたら川崎病の可能性があるので小児科を受診しましょう。

また、高い熱が続く病気の一つとして肺炎も考えられます。

最近では、肺炎で亡くなる方は少なくなりましたが、とても悪化しやすい病気です。

肺炎の主な症状として、熱が続く、咳がよく出る、呼吸回数が増えるなどが挙げられます。

何日も熱が続き、肺炎の疑いがある場合は早めに病院を受診するようにしましょう。

高熱の原因として代表的なのが、インフルエンザです。

1週間近く高熱が続くことも多く、子供から大人まで感染しやすい病気です。インフルエンザについては以下のページに詳しくまとめているのでご参考ください。

> インフルエンザで熱が下がらない原因と対処法|子供の場合は?

高熱が出ても元気な場合は?

高熱が続いても子供は意外と平気だったりもします。子供は熱に強いのですね。

そうはいっても、体は熱を下げようと頑張っています。

平気そうに遊んでいてもなるべく安静にさせるたほうがいいでしょう。

遊びたくて長時間横になっていることができない場合には、寝ながら本を読んであげたり、お話をしてあげたりして、なるべく体を休ませるようにしましょう。

また、高熱が出る場合には体が水分を普段をよりも必要としているので水分補給をしっかりとするようにしましょう。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。