子供が40度の高熱に!間違った対処をしていませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
熱を出した子ども

子供はよく熱を出すものですが、40度の高熱を出して、しかもなかなか下がらないととても心配になりますね。今回は子供が高熱を出す原因とその症状、及び高熱が続いたときの対処法についてまとめました。

Sponsored Links

鼻水や咳の症状があれば風邪

子供は産まれてからしばらくは、お母さんのお腹にいた時にもらった免疫があります。生後6ヶ月くらいで免疫は切れるのでその後はよく熱を出すことがあります。

子供の平熱は37度台でもともと大人に比べると高いので、40度の熱が出ることもよくあります。

子供が熱を出す原因のほとんどの場合は風邪です。熱だけでなく鼻水や咳の症状があれば風邪と言えるでしょう。からだに侵入した病原菌をやっつけるために熱が出るのです。

熱が出ていることは必ずしも悪いこととは言えないので、すぐに下げようとしなくてもいいのです。

感染症の可能性は?

40度という高熱であれば体内にウイルスや菌が侵入したことにより、何らかの感染症にかかっている可能性も考えられます。風邪と同じような症状ですが、

例えば流行期であればインフルエンザ、喉の痛みや赤い発疹などがあれば溶連菌感染症の可能性もあります。

> インフルエンザで熱が下がらない原因と対処法|子供の場合は?

尿路感染症は大人だけでなく赤ちゃんもかかります。38.5度以上の高熱が続き、機嫌が悪くなり、尿の色が赤っぽいようであれば尿路感染症の疑いがあります。子供であれば背中が痛いという場合もあるようです。

また、1歳未満で熱以外に症状がなければ突発性発疹ということもありますね。

アデノウイルスやヘルパンギーナは夏風邪の一種ですが、アデノウイルスの場合には40度の高熱が5日以上、ヘルパンギーナの場合は38~40度の高熱が2~3日続きます。ぐったりして元気がなく喉の痛みがあります。

Sponsored Links

子供が高熱を出した時の対処法と注意点

免疫がまだあるといっても生後3ヶ月未満の赤ちゃんの場合でも高熱を出す場合もあります。

3ヶ月未満の赤ちゃんの場合には高熱に対する抵抗力も弱いので、容態が変わりやすく命に関わるケースもあるため、夜間であってもすぐに病院を受診するようにしましょう。

無理に下げないほうがいい

また、生後6ヶ月以降の赤ちゃんや子供の場合は、できれば無理に熱は下げないほうがいいでしょう。

病原体が侵入するとそれに対抗するために免疫反応が起こるのですが、免疫力を高めるために平熱よりも高温になるのです。

人には自然治癒力があります。免疫力を高めるために発熱するのもそのひとつです。ですから、熱が出ても無理に下げないでゆっくり休ませて、子供の回復力に任せることも大事なのです。

Sponsored Links

できれば解熱剤は使わない

高熱が続くとかわいそうになったり、脳がおかしくなるのではないかと解熱剤を使いたくなるかもしれません。1~2日ぐらいの高熱で脳がおかしくなることはありません。

解熱剤は薬の力で一時的に熱を下げるもので、風邪を治すわけではありません。基本的には睡眠がとれていれば、解熱剤は使わなくても大丈夫です。

ただ、どうしても体が辛くて夜眠れないようであれば、体を楽にしてあげるために上手に使うとよいのですが、そのときはなるべく市販薬ではなく一度小児科を受診して処方箋してもらった解熱剤を使うようにしましょう。

こまめに水分補給

高熱が続くと発熱により体内の水分が不足しがちになるので、イオン水などでこまめに水分補給をしてあげましょう。

食欲がない場合は、水分補給さえすれば無理に食事を食べさせなくても大丈夫です。ゼリーやおかゆなど消化が良く、子供が欲しがるものをあげて下さい。

Sponsored Links

高熱が3日以上続くときはすぐ受診

1~2日ぐらい高熱が続く場合には受診せず、ゆっくり休ませてあげて様子を見ましょう。

熱があっても風邪であれば子供は元気だったりします。多少ぐずっても、昼間はよく遊んで夜もよく眠れていれば大丈夫です。

ただ、3日以上高熱が続く場合は単なる風邪ではなく、感染症にかかっている可能性や合併症を引き起こしている可能性もあるので受診したほうがいいでしょう

子供が辛そうなら診療時間内に受診

3日以上高熱が続いていなくても、ぐったりしていたり、元気がないなど、いつもの様子とちがうときにもすぐ病院を受診したほうがいいですね。

高熱が出ていて、ぐったりしていたり辛そうな様子なら病院の診療時間内に受診しましょう。

風邪であっても、鼻水などの症状を和らげる薬が処方してもらえるので、だいぶ楽になります。

夜中や休日に高熱が出るとあわててしまい、すぐに病院に連れて行きたくなるかもしれませんが、夜間救急に連れて行くのはやめておいた方がいいでしょう。

どうしても心配であれば具体的な対処法について小児救急電話相談で相談してみましょう。電話番号は全国統一で#8000にかけると居住地の相談窓口に転送されます。

小児科医や看護師さんがていねいに対応してくれるので安心できるでしょう。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。