子供が咳き込んで嘔吐したけど大丈夫?主な2つの原因と対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
泣いている男の子

子供は咳き込むと吐いてしまうことが多々ありますが、胃腸系に何かあって吐き戻すのか、咳き込んで吐いてしまうかで対処法も変わってきます。今回は、子供が咳き込みすぎて嘔吐する原因と対処法についてまとめてみました。

Sponsored Links

子供が咳で嘔吐する原因と対処法

子供が保育園や幼稚園に通うようになると、風邪などの感染しやすい病気をもらう機会も増えてきます。咳や鼻水といった症状が出ることも多くなりますが、いつもとは違う体調の変化には注意するようにしましょう。

たとえば咳はよくある症状の1つですが、もしも咳込み過ぎて嘔吐してしまったらどのように対処したらいいのでしょうか。

多少の咳は日常的にあるとしても、咳込み過ぎて吐いてしまう場合は注意が必要です。

赤ちゃんもよく咳き込んで吐いてしまうことが多いのですが、赤ちゃんが咳き込んで吐くときの対処法についてはこちらをご覧ください。

> 赤ちゃんが咳込んで吐く主な原因と家庭で出来る対処法

痰を外に出そうとして吐いてしまう

子どもはよく痰が喉に絡むのですが、喉に引っかかった痰を上手に出すことができません。そのため、痰を外に出そうとして咳をするときに飲み込んだ食べ物などと一緒に嘔吐することがあります。

「とくに体調は悪くないのに急に嘔吐した」「吐いた後はスッキリしたようでとても元気」といった様子が見られる場合は、このケースであることがほとんどです。このような場合は嘔吐があったとしても心配する必要はありません。

Sponsored Links

何らかの病気がある可能性も

ウイルス性の風邪や胃腸炎などで吐いてしまったということも考えられます。その場合、咳込んで吐いてしまう場合もあれば、具合が悪くて嘔吐してしまう場合もあります。

風邪や胃腸炎などで吐いたとしても、咳き込んで吐いてしまう場合には具合が悪いからというよりも咳き込みすぎて吐いてしまった場合には吐いた後も案外すっきりしているものです。

ところが、どこか調子が悪くて吐いてしまった場合には吐いた後もグッタリとしていたり、お腹を痛がったりすることがあります。そんなときは何らかの病気が疑われます。早めに医療機関を受診するようにしましょう。

子どもが吐いたときはどうすればいい?

子どもが急に吐いてしまったら、お父さんやお母さんはかなりあわててしまいますね。

痰が絡んだための咳であればほとんど心配はないのですが、たとえばノロウィルスといった感染が疑われる場合は、すぐに対処しなければ二次感染の被害が拡大してしまうこともあります。

咳き込んで吐いてしまった場合にも嘔吐物の処理には気をつけましょう。嘔吐物の処理には使い捨てのマスクや手袋を使い、嘔吐物を新聞紙やボロ布にくるんでポリ袋に入れて密封して捨てるようにします。

嘔吐物で汚れた衣服も脱がせてからだが汚れていれば拭いてあげましょう。

大人があわてていると子どもはそれだけで不安になってしまいます。まず大切なのは、子供を安心させることでしょう。いま起きていることを冷静に判断して、できるだけ落ち着いて対処するようにしましょう。

胃腸炎の場合には何度も繰り返し吐く場合もあります。次に吐いても大丈夫なように手製のエチケット袋やボロ布などを用意しておくといいですね。

> 子供が嘔吐したときの食事は?消化のよい5つのメニュー

Sponsored Links

水分をとらせたほうがいい?

吐いたばかりの子どもにはどのような対処が適切なのでしょうか。嘔吐した場合は脱水症状になりやすいのですぐにでも水分を取らせたくなるかもしれません。

胃腸炎などで吐いた後は特にすぐは水は飲ませないほうがいいのです。もちろん食べ物もやめておきましょう。

ただし、吐いた後しばらくしてからの水分補給は大事なので、吐いた後1時間ぐらいして胃腸が落ち着いてから飲ませるようにしましょう。

初めは大さじ1杯ぐらい飲ませて様子を見てみます。20~30分ぐらいしても吐き戻しがなければもう少し多めに飲ませるようにします。そして少しずつ量を増やしていくといいでしょう。

冷たい飲み物はNG

吐き気がおさまってきたら、少しずつ水分を補給しますが、その際、冷たい飲み物は胃を刺激してしまいます。

水分補給として飲ませるためには常温かまたは温かい飲み物のほうがいいでしょう。温かい飲み物でも一度にたくさん飲ませると吐き気が付く場合があるので、上記に書いたように様子を見ながら少しずつ飲ませるようにします。

吐いても元気であれば心配いりませんが、明らかに具合が悪そうな場合は、できるだけ早めにかかりつけのお医者さんに診てもらいましょう。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。