帝王切開後の二人目までの期間は?医師に確認すべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
出産後のママと赤ちゃん

一人目が帝王切開で出産して二人目も欲しいときにはどのくらいの期間をあけるとよいのでしょうか。一人目が帝王切開だった場合には二人目も帝王切開による出産になるのでしょうか。帝王切開による出産に関してまとめてみました。

Sponsored Links

帝王切開のお産の後の二人目妊娠までの期間は

一人目を帝王切開でお産した場合に二人目の妊娠出産までの期間はどのくらいあけるといいのでしょう。

帝王切開のお産では開腹手術をするのでおかあさんのからだに負担がかかっています。子宮の切開した部分が薄く弱くなっていることもあります。

通常は帝王切開後すれば傷も回復します。傷口が十分回復してからの妊娠出産であれば大丈夫なのですが、傷口がしっかり回復する前に妊娠してしまうと子宮が持ちこたえられなくなってしまうことがあるのです。

子宮の傷は生理のとき血液が充満することで修復されていくと言われています。術後の生理の回数が多いほど傷が治っていくようです。

1年間はあけたほうがいい?

一般的には帝王切開後の1年間は避妊するように指導されるはずです。子宮の傷口が完全に治るのに1年ぐらいかかってしまうからなのですね。

もし、傷口が十分に修復していないうちに二人目を妊娠した場合、お腹が大きくなったときに子宮が破裂するリスクが高くなってしまうのです。

ただし、帝王切開で一人目を出産後に二人目までどのくらいの期間を開けるとよいのかは医師によって見解が違うこともあります。

一人目を帝王切開後、1年以内に二人目を妊娠し、帝王切開で無事に出産している人も何人もいます。

一般的には二人目の妊娠は1年以上あけるとよいと言われていますが、一人目の帝王切開のときの様子や子宮の状態などによってあけたほうがいい間隔は異なってきます。

もし二人目を1年以内に妊娠した場合には一人目出産のときの医師に相談するといいでしょう。

Sponsored Links

帝王切開のときの切開方法

帝王切開はお腹を切って赤ちゃんを取り出す手術です。お腹を切るときの皮膚の切開の方法は下腹部を横に切開する方法とおへその下部分から縦に切開する方法があります。

東日本は横切開、西日本は縦切開が主流だそうです。

お腹の傷口が目立たないのは横切開ですが、縦に切開するよりも時間がかかり術後の痛みも長引くようです。

ダメージが少ない子宮の切開方法

ただしお腹の皮膚を横切開しようと縦切開しようと子宮を切開するときには子宮下部を横に切開します。

子宮を横に切開するのは子宮へのダメージが少なくて次の妊娠のときに安全であるという理由からなのですが、ときに赤ちゃんへのダメージを避けるために子宮も縦切開する場合があります。また、横切開の途中で縦切開になる場合もあります。

子宮を切開するときに横切開以外の方法の場合には次の妊娠のときに子宮破裂する可能性が高くなってしまいます。

Sponsored Links

一人目の帝王切開の方法を医師に確認しておく

帝王切開で一人目を出産した方はどういう子宮切開の方法だったかを必ず担当の医師に確認しておきましょう。

一人目を帝王切開で出産した場合には二人目も帝王切開の方が安全と言われています。それは子宮破裂を心配するからなのですね。

二人目も帝王切開での出産を予定していても稀に陣痛が先に始まってしまうこともあります。

このときにすぐに子宮破裂を起こしてしまうのか、数時間たってからか、また、破裂したとしてもゆっくり進むのか、急に進むのか、前の帝王切開のときの状態である程度予測ができるようです。

できれば二人目のときも同じ医師に担当してもらうようにするとよいというのは前回の様子を踏まえて二人目の妊娠の経過を見てもらえるので安心だからなのですね。

一人目を帝王切開で出産後の二人目の妊娠、出産に関してわからないこと、心配なことがあればきちんと医師や助産師に確認して不安を解消をしておきましょう。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。