流産の原因は母体のせい?誰にでも起こりうるので自分を責めないで!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
悩む女性

誰にでも起こりうる流産ですが、流産の原因は母体にあるのでしょうか。流産について原因や予防法などについてまとめました。

Sponsored Links

流産って?

流産というのは妊娠したにも関わらず妊娠超初期、妊娠初期で赤ちゃんが死んでしまうことです。

妊娠22週以前に妊娠が終わってしまうことをすべて流産といいます。

流産全体の80%を占めているのが妊娠12週未満の早い時期での流産です。

実は妊娠しても15%前後が流産に至るという統計もあり、流産することはそう珍しいことではないのです。誰にでも起こる可能性があり、多くの女性が経験しています。

流産の種類

ひとくちに流産と言っても色々な形があります。

人工流産

いわゆる人工妊娠中絶のことです。母体保護のために母体保護法指定医によって行われる手術です。

自然流産

人工流産以外、自然に起こる流産すべてのことをいいます。この場合は手術をしたかどうかは関係ありません。

流産の症状による種類

稽留流産

胎児は死亡していても自覚症状がなく産婦人科の診察で初めて確認されるものです。

胎児の死亡が確認されると原則としては入院して子宮内容除去手術を行いますが、外来で経過を見て自然排出とする場合もあります。

進行流産

流産が進行しており、胎児を包んでいる膜やが流れ出てきたり、出血が始まって子宮内容物が出てきてしまうことです。

胎児を含む子宮内容物がすべて排出されてしまった場合を完全流産、一部が子宮内に残っている場合を不全流産と言います。

完全流産の場合には腹痛や出血はおさまってきますが、不全流産の場合には出血や腹痛が続いていることが多く、子宮内容除去手術を行うことが多くなります。

流産の回数によるもの

習慣流産

流産を3回以上繰り返した場合には習慣流産と言います。

流産というのは誰にでも起こりうるものなのですが、3回以上繰り返す習慣流産の場合には両親に何らかの疾患があることもあります。

原因特定のために精密検査を行うこともできますが、原因がはっきりしないことも多いのです。

妊娠超初期に起こる化学流産

尿検査による妊娠反応が出たにも関わらず超音波診断で妊娠が確認できる前に起きた流産のことを日本では化学流産と呼びます。

妊娠反応を行わなければ妊娠と気づいていなかった段階で起こるものなので、月経とみなされている場合が多いのですが、妊娠反応試薬が手軽に手に入るようになり確認されることが多くなってきました。

化学流産の兆候は白い塊?基礎体温が下がらないけど妊娠継続してる?

Sponsored Links

流産の原因は?

早い時期に流産が起こる場合、一番多い原因は染色体異常です。

精子か卵子、いずれかがたまたま異常であったときに受精卵が育つことができず、受精した段階で流産の可能性が高くなります。

正常な精子と卵子が受精しても受精卵の異常は誰にでも起こり得ます。

流産の原因が母体による場合

溶連菌やクラジミア感染、膣内の感染症によって流産となる場合もあります。

妊娠初期は感染症予防のために人混みは避けて外出後には手洗いやうがいを徹底しましょう。

子宮腺筋症や子宮頚管無力症など、子宮形態の異常で流産に至ることもあります。

また、内分泌異常、甲状腺機能異常、自己免疫異常などによることもあります。

ただ、子宮形態など母体側の原因による流産と言っても実際にははっきりとわからない部分が大きいのです。

子宮形態の異常があっても細菌感染の併発もなく、赤ちゃんの心拍が確認できれば流産の心配はありません。

Sponsored Links

妊娠初期に出血があるときには

妊娠初期の段階で軽い腹痛や少量の出血があることがありますが、これだけで流産に至るかどうかは判断できません。

また、もし少量の出血があったからと言ってすぐに受診しても流産の場合には対処法がないので、日本産婦人科学会では夜間や休日に少量の出血や軽い腹痛があっても救急外来を受診する必要はないと考えられているとしています。

ただし、お腹がひどく痛む場合には子宮外妊娠の可能性もあるので休日や夜間であってもすぐに受診するようにしましょう。

流産を予防するには

早期流産の原因はほとんどの場合、染色体異常など受精の段階にあります。

仕事や運動など母体側の影響で流産をすることはほとんどありません。

ですから、流産を予防する特別な方法はないのです。

出血や腹痛などの流産が兆候があってもお腹の中で赤ちゃんが元気な切迫流産の場合には安静することで妊娠継続の可能性はありますが、流産そのものを予防することはできません。

残念ながら流産は誰にでも起こりうるもので、母体側に原因があることはほとんどないので、流産したとしても自分を責めないでくださいね。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。