2ヶ月の赤ちゃんと外出する時の3つの注意点と持ち物リスト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
笑顔の母子

赤ちゃんが産まれてしばらくは家にいることが多くなるので、早く一緒にお出かけしたくなりますよね。産まれてから最初のお出かけは、いつ頃が適しているのでしょうか。赤ちゃんと一緒に上手に楽しくお出かけするポイントをまとめてみました。

Sponsored Links

最初の外出はいつ頃がいい?

最初の外出は「1ヵ月健診」という人が多いのではないでしょうか。できれば1ヶ月健診までは、不要の外出は控えたほうがいいですね。

家のベランダや庭があれば庭などで外気に触れる練習をして、少しずつお出かけをする練習を進めていきます。

1ヵ月健診で問題がなければ、外出を始めても大丈夫です。

母親の免疫で守られているとはいえ、産まれたばかりの赤ちゃんはやはり抵抗力がないので、無理に外出はしないほうがいいでしょう。

生後2ヵ月くらいまでは家の近くを散歩する程度にしておいたほうがよいですね。

2ヵ月の赤ちゃんと外出する時はココに注意

生後2ヵ月といっても、まだ首はすわっていません。また、生まれ月によっては、生後2ヵ月めが真夏や真冬にあたる場合もあります。

あまりに暑かったり寒すぎたりすると赤ちゃんには過酷です。そんなときの外出の際は十分な注意が必要です。

外出時に避けるべき場所とは?

本格的に「お出かけ」と呼べるような外出は、生後2ヵ月を過ぎてからにしましょう。

まずは近くの公園へのお散歩程度にします。

少し慣れたらお店などにも連れて行ってもいいのですが、混雑している休日のショッピングセンターなどの人混みは避けて、できるだけすいている時間帯を選んで行きましょう。

まずは短い時間から

最初から何時間も歩き続けず、まずは長くても1時間程度の外出から練習してみるといいですね。

家の近くを散歩するだけでも、お母さんにはうれしい気分転換になります。

家族とも協力しながら、少しずつ長い距離のお出かけに挑戦してみましょう。

Sponsored Links

真夏や真冬の外出は大丈夫?

日差しがまだ強くない午前中にしましょう。赤ちゃんは体温が高いので抱っこ紐は密着度が高くとても暑くなってしまいます。

ベビーカーの場合には日よけカバーは必須です。

また、道路からの放射熱で車高の低いベビーカーは想像以上の暑さになるので要注意です。

外で汗をかいてクーラーのきいた屋内に入ると冷えてしまいます。

外にいるときは背中にガーゼを1枚入れておいて汗をかいたらとるというふうに工夫をしたり、クーラーのきいている屋内に入ったらタオルなどで調整してあげたりしましょう。

真冬に外出する時は、感染症が流行する時期なので、できれば人混みへ行くのは避けたほうがいいですね。

外は寒いので厚着をしてお出かけをして、そのまま屋内に入ると今度は暑すぎてしまうこともあります。

一番上に着せるものは調整しやすいように脱ぎ着がしやすいものにしましょう。

赤ちゃん中心に考える

赤ちゃんはとても弱いものです。大人の勝手で頻繁に外出するのはやめましょう。

赤ちゃんが過ごしやすい時間帯、散歩に適した環境を選んで、上手に外出を楽しみましょう。

子育てについての考え方は国によってもかなり異なります。

アメリカで子育てをしている人の話だと生後2~3週間ぐらいから公園に行って30分~1時間ぐらい散歩をしたりするのは普通のようです。

親子で閉じこもっているのは母親にとって精神的にあまりよくないのでできるだけ外出したほうがいいという考え方のようです。

ただし、もちろん人混みは避けて赤ちゃんの体調を見ながら母子ともに無理のない範囲でということなので、そういった点は万国共通かもしれませんね。

Sponsored Links

3ヵ月を過ぎたら

赤ちゃんも生後3ヵ月を過ぎると、抵抗力もずいぶんついてくるのでバスや電車などの公共交通機関もOKです。そうするとお出かけの幅もグンと広がりますね。

遠くへ出かけるときには、移動中や目的地に赤ちゃん用のおむつ換えスペースや休憩所があるのかなど、事前に施設や設備の確認をしていくといいですね。

最近では赤ちゃん連れでお出かけのときに便利なように、どこに授乳室やオムツ替え台があるかなどが示されているマップや案内などもあるのでそういったものも利用するといいでしょう。

赤ちゃんと外出する時の持ち物リスト

いざというときに困らないように、持ち物や準備はしっかりとして出かけましょう。

近くに散歩に行くぐらいであれば必要最低限のものでいいですが、ちょっと遠くにお出かけするときには下記のものを持っていくと安心です。

  • 紙オムツやおしりふき、
  • ガーゼやタオル
  • 着替え
  • ごみ袋になるビニール袋
  • 好きなおもちゃ
  • 母子手帳、健康保険証
  • 抱っこ紐
  • バスタオルやおくるみ

赤ちゃんは体温調節がうまくできません。調節しやすい服装にしてあげるといいのですが、他にも気温の変化に対応できるようにバスタオルやおくるみは忘れないようにしましょう。

また、ぐずりだしたときに抱っこ紐であやすと落ち着くことが多いのであると便利です。

半年を過ぎれば完全に首もすわり、新幹線や飛行機も可能になってきます。

赤ちゃんの体調をよく確認しながらお出かけの計画を立て、すてきな思い出をつくっていきましょう。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。